テニス徒然草 フィーリング 面白真面目 ブログ美術館 アート&スポーツ
テニス スキーフィーリング  スキーとテニスの上達法伝授
wowow オンライン  
テニス365 
Nifty テニス特集 塚越亘さんで面白い。
ロランギャロ速報始めます。6月花カレンダー、J.エナン、錦織圭、クルム伊達、記念写真館
6月7日 (土) 今日女子決勝。A.イワノビッチはランキング1位で望む。超強打のD.サフィーナ。
 R.フェデラー、G.モンフィルズに1セットダウン。R.ナダル、N.ジョコビッチの猛追を振り切る。強い
6月6日 セルビア対決 A.イワノビッチのフルセット。J.Jankovic粘りが凄い
 今日 N.ジョコビッチはR.ナダルと対決 D.フェラーにG.Monfilsが勝った。信じられない
男子シングルス準々決勝結果

R・フェデラー(スイス) (1) ○-× F・ゴンサレス(チリ) (24), 2-6, 6-2, 6-3, 6-4

G・モンフィス(フランス) ○-× D・フェレール(スペイン) (5), 6-3, 3-6, 6-3, 6-1
女子シングルス 準決勝
 A・イバノビッチ (2) ○-× J・ヤンコビッチ (3), 6-4, 3-6, 6-4
 D・サフィーナ (13) ○-× S・クズネツォワ (4), 6-3, 6-2
男子ダブルス 準決勝
 D・ネスター/N・ジモンイッチ (2) ○-×
 I・クニツィン/D・ツルスノフ, 4-6, 6-4, 6-4
 P・クエバス/L・オルナ ○-×
 Bruno Soares/D・ベミッチ, 6-4, 6-7 (6-8), 7-6 (8-6)
ミックスダブルス 準決勝
 K・シュレボトニック/N・ジモンイッチ (1) ○-×
 鄭潔/M・ブパティ, (不戦勝)
 V・アザレンカ/B・ブライアン (3) ○-×
 K・ペシュキ/P・ビズネル (2), 4-6, 6-3, 10-8



6月3日 R.ナダル、友達のアルマグロを一蹴。ストロークモンスター
 N.ジョコビッチも勝上がり。対決楽しみ。
男子シングルス Quaterfinals
R・ナダル (2) ○-× N・アルマグロ (19), 6-1, 6-1, 6-1
N・ジョコビッチ (3) ○-× E・ガルビス, 7-5, 7-6 (7-3), 7-5
女子シングルス 準々決勝
A・イバノビッチ (2) ○-× P・シュニーダー (10), 6-3, 6-2
J・ヤンコビッチ (3) ○-× C・スアレス・ナバロ, 6-3, 6-2
男子ダブルス 準々決勝
D・ネスター/N・ジモンイッチ (2) ○-×
S・ダルシス/O・ロクス, 6-1, 6-4
I・クニツィン/D・ツルスノフ ○-×
J・ティプサレビッチ/V・トロイキ, 6-3, 6-4
女子ダブルス 準々決勝
C・ブラック/L・フーバー (1) ○-×
N・ヤゴステラ=ビベス/MJ・マルチネス=サンチェス, 7-6 (8-6), 6-2
A・メディーナ=ガリゲス/V・ルアノ=パスクアル (10) ○-×
Y・チャン/C・チュアン (4), 6-7 (4-7), 7-5, 7-5
C・デラクア/F・スキアボーネ ○-×
V・アザレンカ/S・ペア (6), 7-6 (7-4), 7-5
A・ボンダレンコ/K・ボンダレンコ (7) ○-×
A・ハークルロード/G・ウォスコボエワ, 6-3, 6-3
ミックスダブルス 準々決勝
K・ペシュキ/P・ビズネル (2) ○-×
J・フサロバ/A・サー, 7-5, 6-4
鄭潔/M・ブパティ ○-×
V・ラッツァーノ/R・ワッセン, 6-2, 6-4
ミックスダブルス 第二回戦
K・シュレボトニック/N・ジモンイッチ (1) ○-×
D・チブルコワ/G・モンフィス, 6-2, 6-3


6月3日 M.シャラポワ敗れる セルビア旋風吹き荒れる
 杉山 K.スレボトニク組敗れる。
男子シングルス 第四回戦
R・フェデラー (1) ○-× J・ベネトー, 6-4, 7-5, 7-5
G・モンフィス ○-× I・リュビチッチ (28), 7-6 (7-1), 4-6, 6-3, 6-2
D・フェレール (5) ○-× R・シュティエパネック (21), 4-6, 6-2, 1-6, 6-3, 6-3
F・ゴンサレス (24) ○-× R・ジネプリ, 7-6 (7-4), 6-3, 6-1
女子シングルス 第四回戦
D・サフィーナ (13) ○-× M・シャラポワ (1), 6-7 (6-8), 7-6 (7-5), 6-2

E・デメンティエワ (7) ○-× V・ズヴォナレーワ (11), 6-4, 1-6, 6-2
S・クズネツォワ (4) ○-× V・アザレンカ (16), 6-2, 6-3
K・カネピ ○-× P・クヴィトバ, 6-3, 3-6, 6-1
男子ダブルス 準々決勝
P・クエバス/L・オルナ ○-×
B・ブライアン/M・ブライアン (1), 6-3, 5-7, 7-6 (7-1)
Bruno Soares/D・ベミッチ ○-×
J・ビョークマン/K・ウリエット (8), 7-5, 6-3
ミックスダブルス 第二回戦
鄭潔/M・ブパティ ○-×
C・ブラック/P・ハンリー (6), 7-6 (7-2), 6-1
男子ダブルス 第三回戦
J・ティプサレビッチ/V・トロイキ ○-×
S・アスペリン/J・ノウル (5), 7-6 (7-3), 6-7 (4-7), 7-5
I・クニツィン/D・ツルスノフ ○-×
S・ハス/R・ハッチンス, 6-4, 5-7, 7-5
女子ダブルス 第三回戦
C・デラクア/F・スキアボーネ ○-×
K・ペシュキ/R・スタブズ (3), 7-5, 3-6, 6-4
Y・チャン/C・チュアン (4) ○-×
N・グランディン/Raquel Kops-Jones, 6-3, 6-0
A・ボンダレンコ/K・ボンダレンコ (7) ○-×
D・サフィーナ/A・サバイ (9), 6-4, 0-6, 7-6 (7-5)
A・メディーナ=ガリゲス/V・ルアノ=パスクアル (10) ○-×
ヤン・ツー/鄭潔 (8), 6-4, 6-3

5月31日 大異変 S.ウィリアムスがまさかの敗退。M.シャラポワも苦戦している
 杉山 愛の相棒、K.スレボトニクがS.ウィリアムスを破る快挙。
 杉山 K.スレボトニク組、中村藍子、森上亜希子組 快調発進 ダブルス
男子シングルス 第三回戦
R・ナダル (2) ○-× J・ニエミネン (26), 6-1, 6-3, 6-1
N・ジョコビッチ (3) ○-× W・オディスニク, 7-5, 6-4, 6-2
N・アルマグロ (19) ○-× A・マレー (10), 6-3, 6-7 (3-7), 6-3, 7-5
F・ベルダスコ (22) ○-× M・ヨージニ (15), 7-6 (7-5), 5-7, 7-5, 6-1
P・H・マチュー (18) ○-× E・シュワンク, 6-2, 6-3, 3-6, 7-6 (11-9)
J・シャーディ ○-× D・ツルスノフ (30), 7-6 (7-1), 6-3, 6-4
E・ガルビス ○-× N・ラペンティ, 6-3, 7-5, 6-2
M・ロドラ ○-× S・ボレッリ, 7-6 (7-2), 6-4, 7-6 (7-5)
女子シングルス 第三回戦
A・イバノビッチ (2) ○-× C・ウォズニアキ (30), 6-4, 6-1
J・ヤンコビッチ (3) vs. D・チブルコワ (28), 7-5, 4-2, 中断
K・シュレボトニック (27) ○-× S・ウィリアムズ (5), 6-4, 6-4
F・ペネッタ ○-× V・ウィリアムズ (8), 7-5, 6-3
P・シュニーダー (10) ○-× E・ロワ, 7-6 (7-4), 5-7, 6-2
A・ラドワンスカ (14) ○-× A・コルネ (19), 6-4, 6-4
P・ツェトコフサ ○-× I・ベネソバ, 6-3, 6-3
C・スアレス・ナバロ ○-× C・デラクア, 6-3, 6-3
男子ダブルス 第二回戦
L・ドロウィー/L・パエス (9) ○-×
J・アカスーソ/S・プリエト, 6-4, 6-4
M・メルティナック/Jean-Claude Scherrer ○-×
M・フィルステンベルク/M・マトコウスキー (11), 6-4, 3-6, 6-4
男子ダブルス 第一回戦
S・アスペリン/J・ノウル (5) ○-×
Johan Brunstrom/R・ソデルリング, 7-5, 6-4
L・アルノルド・カー/J・I・チェラ ○-×
M・ダム/P・ビズネル (6), 7-5, 6-4
P・クエバス/L・オルナ ○-×
A・クレマン/M・ロドラ (7), 7-5, 6-4
J・コーツィー/W・ムーディ (10) ○-×
J・メルツァー/A・ペヤ, 7-5, 6-4
F・チェルマク/J・カー (13) vs.
J・シャーディ/David Guez, 延期
C・キャス/R・ワッセン (15) ○-×
J・イセリ/A・マンナリノ, 6-2, 6-1
J・ベネトー/N・マウー (16) vs.
S・グロージャン/G・クエルテン, 延期
S・リプスキー/D・マーティン ○-×
I・リュビチッチ/P・パラ, 7-5, 7-6 (7-3)
R・ラム/B・レイノルズ ○-×
A・カイエリ/N・ラペンティ, 6-7 (6-8), 6-2, 6-4
M・ダニエル/J・トマス ○-×
Y・アレグロ/K・フリーゲン, 2-6, 6-1, 6-4
M・グラノジェルス/S・ベントゥーラ ○-×
C・グシオネ /L・ヒューイット, 6-4, 7-5
D・フルバティ/イ・ヒュンタク ○-×
G・モンフィス/J・ウィアンナ, 6-3, 6-4
R・リンドステッド/J・ニエミネン ○-×
I・ミナール/J・バネック, 6-1, 6-2
N・デヴィルダー/O・パシャンス ○-×
M・ジケル/F・サントロ, 7-6 (7-2), 7-6 (9-7)
Bruno Soares/D・ベミッチ ○-×
C・ハガード/M・ズベレフ, 4-6, 7-6 (7-4), 6-3
A・モンタネス/S・ロイトマン ○-×
H・レビ/D・セラ, 6-4, 4-6, 6-2
S・ダルシス/O・ロクス ○-×
C・ベルロク/P・カプデビル, 6-2, 7-6 (7-5)
P・ハンリー/T・ペリー ○-×
T・アシオンヌ/F・セラ, 7-5, 6-3
I・クニツィン/D・ツルスノフ vs.
N・アルマグロ/O・エルナンデス, 延期
女子ダブルス 第一回戦
K・シュレボトニック/杉山愛 (2) ○-×
J・クレイバス/C・ウォズニアキ, 6-0, 6-1
K・ペシュキ/R・スタブズ (3) ○-×
P・ツェトコフサ/L・サファロバ, 4-6, 6-3, 6-0
Y・チャン/C・チュアン (4) ○-×
森上亜希子/中村藍子, 6-0, 6-1
S・エラーニ/B・マテック ○-×
A・モリック/M・サンタンジェロ (5), 6-4, 6-2
V・アザレンカ/S・ペア (6) ○-×
C・カスターノ/K・カネピ, 7-6 (7-4), 6-1
A・ボンダレンコ/K・ボンダレンコ (7) vs.
D・チブルコワ/E・ハーディノバ, 延期
ヤン・ツー/鄭潔 (8) ○-×
A・クドリャフツェワ/M・ミュラー, 6-1, 6-0
D・サフィーナ/A・サバイ (9) ○-×
S・フォレッツ/O・サウチュック, 6-4, 6-1
A・メディーナ=ガリゲス/V・ルアノ=パスクアル (10) vs.
A・ラドワンスカ/U・ラドワンスカ, 7-6 (7-3), 6-7 (6-8), 中断
L・レイモンド/S・ストザー (12) ○-×
A・アマンムラドワ/J・ヴェール, 6-3, 6-2
N・デシー/E・リホフツェーワ (14) ○-×
V・ラッツァーノ/Y・ウィックマイヤー, 6-2, 6-3
T・プーチェック/A・ロディオノワ (16) ○-×
Ekaterina Dzehalevich/O・ゴヴォルツォバ, 7-6 (7-4), 7-6 (7-5)
S・ブレモン/M・ヨハンソン ○-×
謝淑薇/V・キング, 7-5, 2-6, 6-4
A・ハークルロード/G・ウォスコボエワ ○-×
Y・フェドソバ/V・ピシェ, 4-6, 6-4, 6-1
L・フラデカ/R・ボラチョーバ ○-×
S・バンマー/S・リシキ, 6-3, 7-5
M・ドマホウスカ/A・ロソルスカ ○-×
吉春梅/孫勝男, 6-4, 6-2
Sorana-Mihaela Cirstea/A・レザイ ○-×
Y・シュウェドワ/T・タナスガーン, 4-6, 6-2, 6-2
R・デ=ロス=リオス/T・ピロンコバ ○-×
O・サンチェス/Laura Thorpe, 7-5, 1-6, 6-3
N・ヤゴステラ=ビベス/MJ・マルチネス=サンチェス ○-×
M・カメリン/G・ドゥルコ, 7-6 (7-3), 3-6, 7-5
E・ヴェスニナ/V・ズヴォナレーワ ○-×
S・アービッドソン/B・ザーロバ・ストリツォバ, 6-1, 6-3
E・ガロビッツ/M・ニクルスク ○-×
ME・サレルニ/S・スファール, 6-2, 6-1
A・クレイバノワ/E・マカロバ ○-×
V・ドゥシェヴィナ/T・ペレビニス, 7-5, 6-3
ミックスダブルス1回戦
C・パン/G・シモン ○-×
Y・チャン/E・バトラック, 6-3, 6-3
A・コルネ/M・メロ ○-×
スン・ティエンティエン/M・ミルニ, 6-3, 6-4
S・ポン/W・ムーディ ○-×
V・ラッツァーノ/R・ワッセン, 7-5, 6-4

5月30日 雨で、中断、順延、延長、メンタル.タフネスの戦いだ
 杉山 愛ダブルフォールトで敗れる、残念、ダブルスに専念を
 R.フェデラー1セット失うも、その後は安定性
 N.ダビデンコ超安定性、台風の目になる
男子シングルス 第二回戦
R・フェデラー (1) ○-× A・モンタネス, 6-7 (5-7), 6-1, 6-0, 6-4
R・ナダル (2) ○-× N・デヴィルダー, 6-4, 6-0, 6-1
N・ダビデンコ (4) ○-× M・サフィン, 7-6 (7-4), 6-2, 6-2
D・フェレール (5) ○-× F・サントロ, 6-0, 6-1, 6-0
J・シャーディ ○-× D・ナルバンディアン (6), 3-6, 4-6, 6-2, 6-1, 6-2
E・ガルビス ○-× J・ブレーク (7), 7-6 (7-2), 3-6, 7-5, 6-3
S・ワウリンカ (9) ○-× M・チリッチ, 7-6 (7-3), 7-6 (7-4), 6-1
T・ロブレド (12) ○-× M・ジケル, 6-7 (7-9), 6-4, 6-4, 6-4
M・ヨージニ (15) ○-× M・ゴンサレス, 6-3, 6-2, 6-2
R・シュティエパネック (21) ○-× J・バネック, 6-1, 6-0, 6-7 (7-9), 6-3
F・ベルダスコ (22) ○-× J・I・チェラ, 7-5, 4-6, 6-3, 7-5
F・ゴンサレス (24) ○-× P・アンジャー, 7-5, 6-0, 6-7 (4-7), 7-6 (7-3)
L・ヒューイット (25) ○-× M・フィッシュ, 6-4, 6-3, 6-2
J・ニエミネン (26) ○-× M・バッサロ=アルグエッロ, 7-5, 6-1, 3-6, 7-6 (7-2)
R・ジネプリ ○-× I・アンドレエフ (27), 4-6, 6-2, 7-6 (7-5), 6-2
I・リュビチッチ (28) ○-× D・ジャンケラ, 6-3, 6-4, 6-2
D・ツルスノフ (30) ○-× G・ガルシア=ロペス, 7-6 (7-4), 6-0, 6-0
N・ラペンティ ○-× B・レイノルズ, 7-5, 6-4, 5-7, 7-5
G・モンフィス ○-× L・オルナ, 7-6 (7-5), 6-4, 7-5
M・アンチッチ ○-× D・マレーロ, 4-6, 6-0, 6-3, 6-2
J・メルツァー ○-× M・ダニエル, 4-6, 6-3, 2-6, 6-3, 6-3
R・ソデルリング ○-× P・カプデビル, 6-3, 6-2, 6-4
J・ベネトー ○-× A・ファリャ, 6-1, 6-7 (5-8), 6-3, 6-7 (4-7), 6-0
F・セラ ○-× V・ハネスク, 6-4, 6-3, 6-7 (5-7), 7-6 (7-5)
女子シングルス 第二回戦
M・シャラポワ (1) ○-× B・マテック, 6-2, 3-6, 6-2
J・ヤンコビッチ (3) ○-× M・イラコビッチ, 6-2, 7-6 (7-5)
S・クズネツォワ (4) ○-× V・キング, 6-4, 6-2
K・カネピ ○-× A・チャクエタゼ (6), 6-4, 7-6 (7-2)
E・デメンティエワ (7) ○-× M・ドマホウスカ, 6-1, 6-4
V・ウィリアムズ (8) ○-× S・スファール, 6-2, 6-4
V・ズヴォナレーワ (11) ○-× S・コーエン‐アロー, 6-2, 6-4
A・サバイ (12) ○-× S・リシキ, 7-6 (7-3), 6-3
D・サフィーナ (13) ○-× M・リバリコワ, 6-0, 6-1
V・アザレンカ (16) ○-× Sorana-Mihaela Cirstea, 6-0, 6-0
F・スキアボーネ (18) ○-× S・マミッチ, 6-3 , 6-0
A・コルネ (19) ○-× G・ドゥルコ, 6-0, 4-6, 6-4
鄭潔 ○-× M・キリレンコ (21), 4-6, 6-3, 6-2
C・スアレス・ナバロ ○-× A・モレスモ (22), 6-3, 6-4
N・ペトロワ (25) ○-× A・クレイバノワ, 6-3, 6-3
F・ペネッタ (26) ○-× A・パブリュチェンコワ, 3-6, 6-1, 6-1
K・シュレボトニック (27) ○-× E・マカロバ, 6-0, 7-5
D・チブルコワ (28) ○-× M・セケーラ, 6-3, 6-0
A.Garrigues (29) ○-×T・ピロンコバ, 4-6, 6-3, 6-1
O・ゴヴォルツォバ ○-× 杉山愛 (31), 6-0, 7-5
K・ナップ (32) ○-× O・サンチェス, 6-2, 7-6 (7-4)
C・デラクア ○-× N・デシー, 6-4, 6-2
I・ベネソバ ○-× S・ポン, 6-4, 6-3
A・ウズニアッキ ○-× A・アマンムラドワ, 1-6, 6-1, 6-3
P・クヴィトバ ○-× S・ストザー, 6-2, 6-1
P・ツェトコフサ ○-× G・ウォスコボエワ, 7-5, 6-3


男子ダブルス 第一回戦
B・ブライアン/M・ブライアン (1) ○-×
R・ボパンナ/A・クレシ, 6-1, 6-4
D・ネスター/N・ジモンイッチ (2) ○-×
E・ロジェ=ヴァセラン/G・シモン, 6-3, 6-3
J・アーリック/A・ラム (3) ○-×
E・プロドン/L・レクーデル, 6-3, 4-6, 7-5
S・ハス/R・ハッチンス ○-×
M・ブパティ/M・ノウルズ (4), 6-4, 6-4
J・ビョークマン/Kevni Ullyett (8) ○-×
E・バトラック/A・フィッシャー, 7-6 (10-8), 4-6, 7-6 (7-2)
L・ドロウィー/L・パエス (9) ○-×
Sa・ラティワタナ/So・ラティワタナ, 6-2, 6-4
M・フィルステンベルク/M・マトコウスキー (11) ○-×
J・レビンスキー/D・スコッチ, 6-4, 7-6 (7-3)
R・デフェスト/Robin Hasse ○-×
M・ミルニ/J・マレー (12), 3-6, 6-3, 7-5
M・メロ/A・サー (14) ○-×
S・ボレッリ/A・セッピ, 4-6, 6-3, 6-2
C・キャス/R・ワッセン (15) vs.
J・イセリ/A・マンナリノ, 延期
J・アイズナー/S・クエリー ○-×
P・スタラーチェ/F・ボランドリ, 6-3, 7-5
M・メルティナック/Jean-Claude Scherrer ○-×
T・パロット/Filip Polasek, 3-6, 6-3, 6-4
J・ティプサレビッチ/V・トロイキ ○-×
L・クボット/L・ジョブコ, 6-1, 2-6, 6-3
J・アカスーソ/S・プリエト ○-×
T・ベーレント/T・ツィブレツ, 6-2, 6-1
女子ダブルス 第一回戦
C・ブラック/L・フーバー (1) ○-×
K・ヤンス/M・ユギッチ=サルキッチ, 6-3, 6-4
A・ボンダレンコ/K・ボンダレンコ (7) vs.
D・チブルコワ/E・ハーディノバ, 延期
S・ポン/スン・ティエンティエン (11) ○-×
T・ガルビン/R・ビンチ, 6-2, 6-7 (4-7), 6-0
N・デシー/E・リホフツェーワ (14) vs.
V・ラッツァーノ/Y・ウィックマイヤー, 延期
M・コリツェワ/V・ウリロバ (15) ○-×
I・オラル/A・パーラ=サントンハ, 6-3, 6-2
Y・フェドソバ/V・ピシェ vs.
A・ハークルロード/G・ウォスコボエワ, 6-4, 3-3, 中断
J・コイン/V・ハック ○-×
Amandine Hesse/Kristina Mladenovic, 6-1, 6-3
E・ロワ/P・パルメンティエ ○-×
M・イラコビッチ/M・クライチェック, 6-4, 7-6 (7-3)
S・ルフェーブル/A・ヴェディ ○-×
D・クツォバ/K・ザコパロバ, 6-1, 6-4
T・バシンスキー/A・コルネ ○-×
G・ナブラティロバ/T・パスゼック, 6-4, 2-0
S・バンマー/S・リシキ vs.
L・フラデカ/R・ボラチョーバ, 延期
M・ドマホウスカ/A・ロソルスカ vs.
吉春梅/孫勝男, postponed


5月29日 雨で、中断、順延、延長、メンタル.タフネスの戦いだ
 森上亜希子M.バルトリ、敗れる、残念、
男子1回戦 女子1回戦
R・ナダル (2) ○-× T・ベルッチ, 7-5, 6-3, 6-1
D・フェレール (5) ○-× S・ダルシス, 6-3, 6-4, 6-3
M・ヨージニ (15) ○-× B・ベッカー, 6-1, 6-3, 7-6 (7-4)
A・ファリャ ○-× I・カルロビッチ (20),
 3-6, 7-6 (7-4), 7-6 (8-6), 5-7, 6-4
R・シュティエパネック (21) ○-× G・シモン, 6-2, 6-4, 6-1
M・ダニエル ○-× J・C・フェレーロ (23),
6-7 (5-7), 2-2, 途中棄権
L・ヒューイット (25) ○-× N・マウー, 6-4, 6-2, 6-4
J・ニエミネン (26) ○-× M・ロペス, 2-6, 6-3, 6-4, 6-3
I・アンドレエフ (27) ○-× P・スタラーチェ,
6-1, 6-7 (3-7), 6-1, 6-4
I・リュビチッチ (28) ○-× with E・プロドン,
7-5, 7-6 (8-6), 7-6 (8-6)
D・ツルスノフ (30) ○-× D・ブランズ, 6-2, 6-4, 7-5
J・I・チェラ ○-× J・アイズナー, 2-6, 3-6, 7-5, 6-3, 6-4
B・レイノルズ ○-× T・アシオンヌ, 7-6 (7-2), 4-6, 6-3, 6-2
R・ジネプリ ○-× D・ヤング, 6-2, 3-6, 7-6 (7-4), 6-2
J・ベネトー ○-× V・スペーディア, 6-4, 6-4, 3-6, 3-6, 6-3
L・オルナ ○-× S・ジェンキンス, 6-4, 5-7, 6-3, 6-0
M・フィッシュ ○-× A・カイエリ, 6-7 (6-8), 6-4, 6-2, 6-4
V・ハネスク ○-× D・セラ, 4-6, 6-2, 4-6, 6-4, 6-3
M・ジケル ○-× V・トロイキ, 6-4, 6-3, 4-6, 7-5
A・モンタネス ○-× K・フリーゲン,
 7-6 (7-5), 7-6 (7-2), 7-6 (7-2)
M・サフィン ○-× J・リスナール, 6-7 (5-7), 6-1, 6-3, 6-2
M・バッサロ=アルグエッロ ○-× F・ロペス,
 7-6 (7-1), 6-4, 3-6, 4-6, 6-3
D・マレーロ ○-× V・クリヴォイ, 6-3, 6-3, 5-7, 6-4
M・チリッチ ○-× R・ハース, 7-6 (8-6), 6-2, 7-6 (7-4)
G・モンフィス ○-× A・クレマン, 7-5, 6-3, 6-1
D・ジャンケラ ○-× A・マンナリノ, 6-1, 6-2, 6-2
F・サントロ ○-× E・コロレフ, 7-6 (7-3), 6-1, 6-4
J・メルツァー ○-× P・ルクザック, 6-3, 6-2, 6-4
J・バネック ○-× J・ウタ-ガルング, 6-3, 7-5, 6-2
M・シャラポワ (1) ○-× E・ロディナ, 6-1, 3-6, 8-6
A・チャクエタゼ (6) ○-× N・ヤゴステラ=ビベス,
  6-3, 5-7, 6-1
E・デメンティエワ (7) ○-× V・ドゥシェヴィナ,
 6-7 (6-8), 6-2
C・デラクア ○-× M・バルトリ (9), 6-7 (4-7), 6-3, 6-2
V・ズヴォナレーワ (11) ○-× S・フォレッツ, 6-2, 6-1
V・アザレンカ (16) ○-× E・ガロビッツ, 6-1, 6-3
S・ストザー ○-× S・ペア (17), 6-2, 3-6, 6-1
F・スキアボーネ (18) ○-× J・クレイバス, 6-3, 6-2
A・ウズニアッキ ○-× S・バンマー (20), 6-0, 6-2
M・キリレンコ (21) ○-× M・カメリン, 6-1, 6-0
N・ペトロワ (25) ○-× A・レザイ, 7-6 (7-4), 6-3
F・ペネッタ (26) ○-× T・ペレビニス, 6-3, 6-2
K・シュレボトニック (27) ○-× V・ルアノ=パスクアル,
  6-4, 6-2 杉山のペア
Anibel Medina Garrigues (29) ○-× MJ・マルチネス=サンチェス, 6-3, 6-2
V・キング ○-× V・ハック, 4-6, 6-2, 6-1
B・マテック ○-× M・ブレングル, 6-3, 2-6, 6-4
M・イラコビッチ ○-× T・ガルビン, 6-7 (9-11), 6-3, 6-3
S・ポン ○-× A・ロディオノワ, 6-0, 2-6, 6-3
A・アマンムラドワ ○-× Y・ウィックマイヤー, 6-2, 7-5
鄭潔 ○-× M・サンタンジェロ, 4-6, 6-3, 6-0
Sorana-Mihaela Cirstea ○-× A・クレマー,
 6-0, 3-0, 途中棄権
K・カネピ ○-× M・ユアン, 6-2, 6-2
S・コーエン‐アロー ○-× I・オラル, 7-6 (7-4), 6-3
M・リバリコワ ○-× K・シュプレム, 7-6 (7-3), 3-6, 8-6
O・ゴヴォルツォバ ○-× Y・フェダク, 7-5, 2-6, 6-3
P・クヴィトバ ○-× 森上亜希子, 6-4, 6-3
S・マミッチ ○-× M・クライチェック, 6-4, 6-3
A・クレイバノワ ○-× T・タナスガーン, 6-3, 6-0
T・ピロンコバ ○-× Y・チャン, 5-7, 6-2, 6-0
M・ドマホウスカ ○-× R・デ=ロス=リオス, 3-6, 6-3, 6-1
男子2回戦 女子回戦
N・ジョコビッチ (3) ○-× M・ロペス=ジャン, 6-1, 6-1, 6-3
A・マレー (10) ○-× J・アカスーソ, 6-4, 6-0, 6-4
M・ロドラ ○-× T・ベルディフ (11), 6-3, 4-6, 5-7, 6-3, 6-4
P・H・マチュー (18) ○-× O・エルナンデス, 2-6, 1-6, 6-4, 6-3, 6-2
N・アルマグロ (19) ○-× S・デコウド, 7-6 (7-2), 6-2, 6-1
W・オディスニク ○-× イ・ヒュンタク, 6-2, 4-6, 6-3, 6-2
S・ボレッリ ○-× J・M・デル=ポトロ, 3-6, 7-6 (7-0), 7-5, 6-2
E・シュワンク ○-× Marcel Grannollers, 6-7 (5-7), 6-2, 6-4, 6-4
A・イバノビッチ (2) ○-× L・サファロバ, 6-1, 6-2
S・ウィリアムズ (5) ○-× M・ヨハンソン, 6-2, 7-5
P・シュニーダー (10) ○-× T・バシンスキー, 6-4, 4-6, 6-1
A・ラドワンスカ (14) ○-× J・パンジック, 6-2, 6-0
A・コルネ (19) vs. G・ドゥルコ, 6-0, 4-6, 3-3, 中断
C・ウォズニアキ (30) ○-× A・ヤキモバ, 6-0, 6-4
E・ロワ ○-× K・ザコパロバ, 6-4, 6-3

5月28日 中村藍子、S.クズネトバの完敗、杉山 愛辛勝



男子シングルス 第一回戦
N.ダビデンコ快調 M.アンチッチ押し切る
R.ナダル (2) vs. T.ベルッチ, 1-1, 中断
N.ダビデンコ (4) ○-× T.ヨハンソン, 6-3, 6-3, 6-3
D.フェレール (5) vs. S.ダルシス
S.ワウリンカ (9) ○-× P.コールシュライバー, 6-3, 6-4, 6-3
R.ソデルリング ○-× J.モナコ (13), 6-2, 6-3, 6-1
M.ヨージニ (15) vs. B.ベッカー, 1-1, 中断
I.カルロビッチ (20) vs. A.ファリャ
R.シュティエパネック (21) vs. G.シモン
J.C.フェレーロ (23) vs. M.ダニエル
L.ヒューイット (25) vs. N.マウー
J.ニエミネン (26) vs. M.ロペス, 2-6, 6-3, 6-4, 2-2, 中断
I.アンドレエフ (27) vs. P.スタラーチェ
I.リュビチッチ (28) vs. Eric Prodon
D.ツルスノフ (30) vs. Daniel Brands, 5-2, 中断
M.アンチッチ ○-× A.セッピ (31), 6-2, 7-6 (7-1), 6-2
J.アイズナー vs. J.I.チェラ, 6-2, 6-3, 5-7, 3-6, 1-1, 中断
B.レイノルズ vs. T.アシオンヌ, 7-6 (7-2), 4-6, 5-3, 中断
R.ジネプリ vs. D.ヤング
J.ベネトー vs. V.スペーディア, 4-3, 中断
S.ジェンキンス vs. L.オルナ
M.フィッシュ vs. A.カイエリ
D.セラ vs. V.ハネスク, 6-4, 1-2, 中断
M.ジケル vs. V.トロイキ, 6-4, 6-3, 2-1, 中断
A.モンタネス vs. K.フリーゲン, 7-6 (7-5), 3-2, to 中断
J.リスナール vs. M.サフィン, 7-6 (7-5), 1-6, 2-1, 中断
M.バッサロ=アルグエッロ vs. F.ロペス, 7-6 (7-1),
6-4, 3-6, 2-1, 中断
David Marrero vs. V.クリヴォイ, 6-3, 6-3, 5-7, 5-3, 中断
M.チリッチ vs. R.ハース, 7-6 (8-6), 6-2, 6-5, 中断
G.モンフィス vs. A.クレマン
Diego Junqueira vs. Adrian Mannarino
F.サントロ vs. E.コロレフ
J.メルツァー vs. P.ルクザック
J.ウタ-ガルング vs. J.バネック
P.カプデビル ○-× M.ズベレフ, 6-1, 6-4, 6-2
女子シングルス 第一回戦
中村藍子敗れるまあシードだから 杉山 愛辛勝
M.シャラポワ (1) vs. E.ロディナ
S.クズネツォワ (4) ○-× 中村藍子, 6-2, 6-3
A.チャクエタゼ (6) vs. N.ヤゴステラ=ビベス
E.デメンティエワ (7) vs. V.ドゥシェヴィナ
M.バルトリ (9) vs. C.デラクア, 6-5, 中断
V.ズヴォナレーワ (11) vs. S.フォレッツ
D.サフィーナ (13) ○-× K.ボンダレンコ, 6-1, 6-3
A.ラドワンスカ (14) ○-× M.コリツェワ, 6-4, 6-3
V.アザレンカ (16) vs. E.ガロビッツ
S.ペア (17) vs. S.ストザー
F.スキアボーネ (18) vs. J.クレイバス
S.バンマー (20) vs. A.ウズニアッキ
M.キリレンコ (21) vs. M.カメリン
A.モレスモ (22) ○-× O.サウチュック, 7-5, 4-6, 6-1
 元チャンピオン、ミスマッスル 人気ある選手、怪我から復帰しているが
N.ペトロワ (25) vs. A.レザイ
F.ペネッタ (26) vs. T.ペレビニス, 4-3, 中断
V.ルアノ=パスクアル vs. K.シュレボトニック (27), 4-3, 中断
 二人ともダブルスの名手
Anibel Medina Garrigues (29) vs. MJ.マルチネス=サンチェス
杉山愛 (31) ○-× A.クドリャフツェワ, 6-1, 2-6, 6-3
V.キング vs. V.ハック
B.マテック vs. M.ブレングル
M.イラコビッチ vs. T.ガルビン, 6-7 (9-11), 6-3, 5-3, 中断
S.ポン vs. A.ロディオノワ, 6-0, 2-6, 4-3, 中断
A.アマンムラドワ vs. Y.ウィックマイヤー, 6-2, 3-4, 中断
C.スアレス.ナバロ ○-× P.パルメンティエ, 6-4, 5-7, 6-2
鄭潔 vs. M.サンタンジェロ
S.リシキ ○-× E.ヴェスニナ, 3-6, 6-4, 6-0
Sorana-Mihaela Cirstea vs. A.クレマー
K.カネピ vs. M.ユアン
O.サンチェス ○-× J.ガイドソバ, 7-6 (7-4), 7-6 (10-8)
I.オラル vs. S.コーエン‐アロー
Magdalena Rybarikova vs. K.シュプレム
O.ゴヴォルツォバ vs. Y.フェダク
P.クヴィトバ vs. 森上亜希子
S.マミッチ vs. M.クライチェック
A.クレイバノワ vs. T.タナスガーン
Y.チャン vs. T.ピロンコバ
M.ドマホウスカ vs. Rossana De Los Rios


5月27日 雨で中断相次ぐ 森田あゆみ、M.バグタチス、G.コリア、敗れる
男子シングルス 女子シングルス
R・フェデラー (1) ○-× S・クエリー, 6-4, 6-4, 6-3
 220キロの快速サービスてこづりながらも快勝
T・ベルディフ (11) ○-× R・スミーツ, 6-1, 6-0, 6-0
T・ロブレド (12) ○-× G・コリア, 5-7, 6-4, 6-1, 6-4
 注目対決
S・ボレッリ ○-× M・バグダティス (17), 6-2, 6-4, 6-2 
マルコスどうした
F・ベルダスコ (22) ○-× S・ベントゥーラ,
 4-6, 6-3, 6-4, 6-7 (6-8), 6-1
F・ゴンサレス (24) ○-× P・クエバス, 6-3, 6-3, 6-1
 超ハードヒッター健在
W・オディスニク ○-× G・カニャス (29),
 7-6 (8-6), 7-6 (7-3), 7-6 (10-8)
イ・ヒュンタク ○-× J・ビョークマン, 6-4, 6-4, 6-3
M・ロドラ ○-× O・パシャンス,
3-6, 7-6 (7-1), 6-3, 7-5
N・デヴィルダー ○-× C・グシオネ, 6-4, 6-1, 6-4
G・ガルシア=ロペス ○-× S・ロイトマン,
6-2, 6-4, 7-6 (7-5)
O・エルナンデス ○-× I・ミナール,
4-6, 7-6 (7-5), 6-3, 7-5
M・グラノジェルス ○-× M・ベレー, 6-3, 3-6, 6-2, 6-3
Pablo Andujar ○-× F・ボランドリ, 6-7 (6-8), 6-2, 6-3, 6-3
F・セラ ○-× S・ヒラルド, 6-4, 6-3, 6-2
J・ヤンコビッチ (3) ○-× M・ニクルスク, 7-6 (7-3), 6-2
V・ウィリアムズ (8) ○-× T・オブジラー, 6-3, 4-6, 6-2
 V.ウィリアムス苦戦
P・シュニーダー (10) ○-× E・ビュチコワ, 6-3, 6-4
A・サバイ (12) ○-× 森田あゆみ, 6-1, 4-6, 6-4
 森田あゆみ残念、12シードに健闘 次が見えた
P・ツェトコフサ ○-× A・ボンダレンコ (23), 6-3, 6-0
K・ナップ (32) ○-× M・ミュラー, 6-0, 6-4
G・ドゥルコ ○-× S・エラーニ, 6-4, 4-6, 7-5
Jelena Pandzic ○-× S・ブレモン, 4-6, 6-3, 6-2
E・ロワ ○-× ヤン・ツー, 1-6, 6-4, 8-6
A・パブリュチェンコワ ○-× ME・サレルニ, 6-1, 6-1
T・バシンスキー ○-× T・パスゼック, 1-6, 6-3, 6-3


5月26日 男女1回戦下ドローから試合開始 C.モヤ、G.クエルテン敗退



0526男子シングルス下ドロー
 主な勝者 J.ブレイク、N.ラペンティ、
 D.ナルバディアン、A.マレィ、N.ジョコビッチ
 敗者 G.クエルテン 復活ならず C.モヤ

J.ブレイク USA (7)6 6 77
R.シュトラー GER 4 1 63

Simon Greul GER 4 0 4
Ernests Gulbis LAT 6 6 6

N.ラペンティ ECU  6 4 6 79
J.チプサレビッチ SRB (32)4 6 1 67

Josselin Ouanna FRA 3 2 3
Juan Martin Del Potro ARG 6 6 6

C.モヤ ESP (16)642 776 3
Eduardo Schwank ARG 776 614 6

G.クエルテンBRA 3 4 2
P.H.マチュー FRA (18)6 6 6

Frank Dancevic CAN 666 5 62
Miguel Angel Lopez Jaen ESP 783 7 77

Denis Gremelmayr GER 6 3 5 2
N.ジョコビッチ SRB (3)4 6 7 6

D.ナルバディアン ARG (6) 6 6 6
Carlos Berlocq ARG  2 4 1

Jeremy Chardy FRA 6 6 77
Frederico Gil POR 3 2 61

N.アルマグロ ESP (19)6 7 6
Boris Pashanski SRB 4 5 1

Sebastian Decoud ARG 3 6 6 686
Olivier Rochus BEL 6 4 3 7101

D.ハーバティ SVK 4 2 4
Jose Acasuso ARG 6 6 6

Jonathan Eysseric FRA 2 6 6 0 2
A.マレィ GBR (10)6 1 4 6 6

Maximo Gonzalez ARG 6 7 4 3 6
Roko Karanusic CRO 3 5 6 6 2
女子シングルス 主な勝敗1回戦
 主な勝者 S.ウィリアムス A.イワノビッチ
 主な敗者 N.バイディソバ


Stephanie Dubois CAN 5 2
Selima Sfar TUN 7 6

Julie Ditty USA 5 63
Nathalie Dechy FRA 7 77
 
Julia Vakulenko UKR 5 4
Alize Cornet FRA (19)7 6

Dominika Cibulkova SVK (28)6 6
Angelique Kerber GER 2 2

Milagros Sequera VEN 777
Lilia Osterloh USA 655

S.ウィリアムス USA (5)6 6
A.ハークルロード USA 2 1

Mathilde Johansson FRA 6 4 6
Camille Pin FRA 4 6 2

Ekaterina Makarova RUS 7 6
Catalina Castano COL 5 1

Virginie Razzano FRA (24)6 3 2
Klara Zakopalova CZE 4 6 6


N.バイディソバCZE (15)621
Iveta Benesova CZE 776

Galina Voskoboeva RUS 6 646
oulia Fedossova FRA 0 771

Caroline Wozniacki DEN (30)6 6
Yvonne Meusburger AUT 0 2

Anastasiya Yakimova BLR 647 6
Su-Wei Hsieh TPE 775 4

Sandra Kloesel GER 1 1
Lucie Safarova CZE 6 6

Sofia Arvidsson SWE 2 5
A.イワノビッチ SRB (2)6 7


5月23日 ロランギャロ 男女シングルスドロー発表



5月22日 6月の花カレンダー  高画質をお望みの方は 月さんまで

5月16日 J.エナン引退 記念写真館


5月15日 クルム伊達 久留米

5月14日 錦織圭ウィンブルドン本選

5月2日 クルム伊達、若手を破って本選へ、カンガルーカップ
 逆転勝ちの連続、笑顔が爽やか、クルム伊達。写真集
杉山選手との違い サービス軽快 現役では苦労しました
低い姿勢でインパクト この笑顔は今だから 笑ってテニス、最高


4月28日 チャレンジャー XLバミューダで錦織圭優勝
 ビクトルトレスキ(AIGオープンでR.フェデラーと2回のタイブレークで敗れた実力者)を破って優勝。

5月の花カレンダー 母の日カーネーションの絵入り
 毎月作っている、花カレンダーです。

毎日の花と、その日の誕生花が載っています。


 今月は、特別に母の日用に

親友の画家田熊 順氏の

カーネーションの絵を載せました。

カーネーションの絵は、

 ホームページ美術館

 ブログ美術館でもご覧になれます。

振動止めの効果


テニス肘まとめて



4月27日 チャレンジャー XLバミューダで錦織圭ベスト4へ
 2回戦で第1シードのセラを破り、さらに3回戦で大4シードのガルビスを破りベスト4へ
錦織圭写真集 公式サイトから 上シードのドロー


公式ドローから上シード分をコピー

相手も強敵、常に準備 ネットに果敢に攻める アプローチショットで前に
バックに高く弾んだボール 相手意はバックを攻めてくる クロスステップで戻る、得意技

4月26日 フェドカップ 有明でフランスと対戦
 森田は元ランキングNO1A.モーレスモに、0-6 2-6杉山 愛はラザノに1-6 5-7で惨敗

4月11日 ダブルスも敗れてインドに負け 3日目のシングルス 錦織圭の勝利
ダブルスの負けは仕方が無いですね。実力的に仕方が無いでしょう。でもシングルスは、もったいなかった。
デビスカップ第2日目 ダブルス
 
鈴木貴男、岩淵聡組 6-7 6-3 3-6 4-6 M.ブパシ、L.パエス組
 ここは、メンタル.タフネスも何も、実力的に仕方がない。差がありすぎるから。
 テニスの試合の中で団体戦は、チェンジエンドの時に、コーチと話すチャンスがあります。
 3分の中で、選手のモチベーションを上げる、上げスイッチを入れるのが、コーチの役目です

 ここで「頑張れ」「気合だ!」だけでは、選手の心のコンディショニングがうまく行きません。重圧をはねのけてけてあげ
なくてはいけないのです。「相手は強豪、自分達の最高のテニスでぶつかって来い」、
 相手の二人の、弱点を客観的にアドバイス、これくらいならできますけれどね。
しかし、シングルスは環境の変化はあったとしても、メンタル.タフネスが大きく作用した
★デビスカップ第3日目[シングルス第3試合]
 ダブルスのスペシャリストがシングルスで日本に教えるように出場しました。今では完全なダブルスのスペシャリストで
すが、数年前までは、シングルスも出場していました。実力は十分Iにあります
 ○錦織圭 7-5,6-1 ●マヘシュ・ブパシ 
  日本時として史上最年少勝利だそうです。これは将来が楽しみですね
 [シングルス第4試合]
 ○岩渕聡 6-4,4-6,6-4 ●リーンダー・パエス
L.パエスのウォッチ。プロの技 鈴木、岩淵ペア、強豪を相手に 錦織圭のバックハンド


4月11日 いよいよデビスカップインド戦が始まりました。40度を越す猛暑、そして芝のコート
ライブスコアで見ていましたが、接戦でイライラしてしまいますね、
1番手は期待の錦織圭選手。格下の相手ですが、なれない芝のコートと猛暑。フルセットで敗れる
左上の写真 添田豪トアムリトラジのフルセット。統計も含む
お互いにブレークの多い試合。1stサ−ビスの確率が二人とも異常に良いのがデビスカップのプレッシャーだろう。
左中のスコアが錦織圭のフルセット
左下 芝のコート 気持ち良さそう
右上 応援に駆けつけた松岡修造
右中 添田豪のボレー
右下 錦織圭のトップスピン、鈴木貴男のスライスロブ。綿の使い方に特徴が。明日は鈴木岩淵ペアで、最強のM.ブパシ、L.パエスペアと対戦する。期待しよう。大逆転に!


4月9日 グランドスラムカレンダー製作 大きなサイズよろしかったら送りますよ。月さん

4月8日
ストローク戦、相手の逆を突く才能は,天下一品..
相手を十分にひきつけて、一気に振り抜く。
これで相手は、一歩も動けない。
R.ナダルのセンスに似ているところがある。
錦織圭選手の唯一の弱点がサービス力
世界の選手に比べたら、まだまだ身体が
小さいですからね



4月1日 4月の花カレンダー
ご希望の方は、もっと高画質出力のものを送りますよ。
月さんまで

3月22日 テニス肘脱出作戦 ブログと連動して解決を
 テニス肘解決プログラム
テニス肘 脱出大作戦
 皆さんから良く寄せられる質問がテニス肘です。結構多いので驚きました。
 僕は2年前、テニスジャーナルで「ビビビ!! 振動調べちゃいました」でテニス肘、振動の実験企画を2年近く続けさ
せていただきました。
 その時に、テニススクールの方、サイトの訪問者の方など、いろいろ経験をさせていただきました。
 少しでもテニス肘の方にアドバイスができればと、今週はテニスエルボー企画です。
 まず全体の項目をまとめておきます。 
  1:テニスエルボーの自覚症状
  2:どこが痛いですか
  3:テニスエルボーの個所を把握 対処法
  4:テニスをする前にやって欲しいこと
  5:プレー後に屋って欲しいこと
  6:治療現場
  7:振動止めの効果は?
  8:用具とテニス肘の関係は?

3月16日 インディアンウェールズ本選進出 残念サービス力負け
 本選に勝ち上がった。クロアチアのシーリッチ選手、46位に実力負け。東欧の選手は長身でサービス力がある。
ここからが正念場。ロランギャロに向けて、頑張れ!

3月14日 インディアンウェールズ本選進出
 ロランギャロに向けて、どうしてもポイントが欲しい、錦織圭選手。本選に勝ち上がった。
インディアンウェールズ、1回戦の錦織圭の相手は M.シーリッチ。クロアチアの選手。当然長身で195センチ。
ランキングは45位。ここに勝つと、I.ルビチッチとサービス力の強い選手に当たる。そのまま勝ったら、R.フェデラーに当
たる可能性もありますよ。




錦織圭選手、A.ロディックに惜敗
ウォッチ ザボール 得意のフォアの強打。高い打点 トロフィーポジション

ランキング121位に

2月19日 錦織圭 J.ブレイクを破利、ツアー初優勝
これだけ厚い面でトップスピンを スライスもできる起用さ フォアの打点に注目

3月1日 いろいろ更新しました。見てやってください。
 面白真面目      赤レンガのコラボ作品を
 子供のポートレート  親友の画家田熊 順さんの描く、かわいい子供のポートレートです。

3月の花カレンダー
高画質で保存たい方は月さんまでメールをください。お気軽に。添付書類で送ります。
3月1日 レッスンで代理にたくさん。いろいろなクラスを
 いろいろなクラスに、代理で入りました。
モチベーションひとつで、
上達度が大きく変わるのが一目瞭然。
上手になる人のやっていること

1;時間前に到着、ウォームアップをしっかりする

2:コーチからのアドバイスを良く聞いていて、実行してみる

3:ローテーション、動き方など、順応が早い

4:そしてこれは絶対に重要.スプリットステップをしている

 楽しいのは、健康、もちろんそれは大切。でもさらに一歩皆さん進めると思いますよ。それを自分から拒否しているように見えます。僕には


1月25日 錦織圭 アメリカで大ブレーク ATPのランキングでも上位に
 今年の異変 昨年は、R.フェデラー、R.ナダルの一騎打ちの感じがあった。ところが今年はどうだ。
グランドスラム最初のオーストラリアンオープンで、R.フェデラー、R.ナダルとも決勝に進めず、ベスト4.
 なんと決勝yは、N.ジョコビッチ対、J.W.ツォンガの新鮮な対決となった。何か、何かが変わる予感がする。

ATP 試合の統計から
 去年までは、サービス部門では、R.フェデラー、I.カルロビッチ、I.ルビチッチ、M.アンチッチ、A.ロディックこの辺の選手
が名を連ねていた。
 しかし、今年は?

リターン部門では、ご存知R.ナダル、D.フェレールが圧倒的だったが、今年は、それが変わっている

何が変わったか?
 .グシオネがサービス部門で一気に1位に
 
そして錦織圭の上位進出だ

サービスエース
 C.グシオネが最近メキメキ実力アップ
 オーストラリアの200センチの選手。試合当り19個は凄い
 2位は常席A.ロディック
 I.カルロビッチ、そして今年はR.フェデラーが寵愛が良い15個上げている。

サービスの速さは無くてもエースを取れる良い例だ。
J.W.ツォンガもサービス力がある

サービスゲーム
 1位はC.グシオネが86%でダントツ。
  1stサ−ブでは 75%以上のポイント獲得率。これは凄いC.グシオネ
 M.アンチッチM.ロドラと続く
 錦織圭も76%で上位に入っている。日本人がサービス部門で上位に入るって信じられるか? それだけの逸材だ。


2ndサーブで  55%以上 ポイント獲得率 これが男子、トッププレーヤーの条件だ。
R.ナダル、R.フェデラーが上位に上がってくるさすがに上位の選手だ。
 錦織圭選手は53%で上位選手に肩を並べている




リターンゲーム
 サービスブレークの数ということで、試合の行方を決める大きな要素となる。
今年はR.ジネプリがいい。1試合当り8個のサービスブレークをしている。錦織圭選手も頑張っている。頑張っているどこ
ろか、大健闘だ。

対1stサ−ブで 35% 以上。対2ndサーブでは50%以上 これが上位の条件だ

サービスゲームで粘られても盛り返す

リターンゲームではブレークをする



2月23日 錦織圭 アメリカで大ブレーク
 J.ブレイクを決勝で大逆転勝ち
J.ブレイクに勝った瞬間 ブライアン.ブラザーズと一緒にサイトに紹介。これは大物


ATPのさいとから持ってきた、J.ブレイクとの試合統計
赤字が優勢な部分

錦織圭選手は、ほとんどの部門で
J.ブレイクを押している

特にブレークポイントでの強さ、これは本物の証拠

次の試合では、A.ロディックに、2−6,4−6 でも大健闘。サービスが怖かったが、何とかなったと若者の言葉。A.ロ
ディックを偵察させた日本の大物
サービス、トロフィーポジション バックハンドストローク強打 一番得意なフォアハンドストローク、叩く


2月16日 テニスのレッスンなんと2日で12個 延べ18時間
 15日の夜に猪苗代スキー場から帰宅。まずはゆっくりっとか思っていたら、メールでアート&スポーツのレッスン交代
していただけますか? まあ楽しいテニスだから、いいですよ。やりましたよ。連続レッスン。朝の6時の早朝レッスンか
ら10時半の夜のレッスンまで。元気が財産

2月14日 恐怖のバレンタインデー
 テニススクールのジュニアから「ねえコーチチョコ何個貰った?」 クソっ、生意気な質問
「うっつうっつ7個かな」 そうしたら小学4年のO君。「俺なんてさあ、たったの23個だけだぜ」
若さには勝てない。俺だって若い頃は
こんな試合形式練習のメニューを

テニスコートの長さのイメージを
持とう。サイドラインまでは実は結構長い。だからダブルフォールトは気持ちの問題が大きい
 コートの大きさは長方形。
 しかしダブルスプレーする時は、
 こうしてコートを斜めに
 イメージすることが大事
 クロスに打つ、これが基本的
 にできたらダブルス上手に



2月13日 キリタンポパーティ
 ひじかたスキースクールのスタッフ智ちゃんは、猪苗代の民宿松屋さんに嫁ぎました。秋田出身なんでキリタンポ、最
高においしいんです。それでスタッフで慰労をかねてパーティを。
馬刺しと馬のレバーも出て、最高の味でした
お疲れさんでした.乾杯 キリタンポと馬刺し、レバー美味 話が盛り上がって。お酒もグイグイ
若手から、超、超ベテランまで 秋田出身の智ちゃんボーダー ああ美味かった。次も



2月10日猪苗代スキー場にもキッズ用のイージーバーン出現
 初心者、ジュニアに上りの苦労がない。猪苗代スキー場にも初心者バーンが
ソリの方も楽しめる
第1リフトから名物振り子坂へ向かう。猪苗代湖 キッズパーク、ジェイジェイベルトで誰でも上れる


2月8日 ひじかたスキースクールのコーチ達
 研修を良くします。でも和気藹々。ナイターで目一杯滑っています。
コーチ研修のリラックスさ 理恵ちゃんと奈美ちゃん。かわいいっしょ

2月2日 会津高杖スキー場出張
 レッスン向きの良いスキー場と聞いていましたが、こんなに良いとは。上達も早いですよ
ホテルを出ると、こんな超緩斜面 初心者コースとキッズランド、楽しそう


2月の花カレンダー 高画質をお望みの方は月さん まで
これはホームページ用に画質を落としています。ご了承を

1月28日 全豪 男子シングルス N.ジョコビッチ優勝
 準優勝 J.W.ツォンガ
女子シングルス 優勝 M.シャラポワ
 準優勝 A.イワノビッチ

詳しくは ブログ テニス フィーリングをご覧ください


オーストラリアンオープン 注目選手のHappy Shot

1月23日 オーストラリアンオープンベスト4決め 
 なんだかんだと若手が一気に伸びています。
男子シングルス ベスト4 3人決まる
第1シードのR.フェデラー対J.ブレイクはまだ

 N.ジョコビッチ SRB (3)6 6 7
 D.フェレール ESP (5)0 3 5

 N.ジョコビッチがD.フェレールのお株を奪って、リターンゲームを制した
 特にブレークポイントコンバージョンが凄かった。
 N.ジョコビッチはかなり集中力がある

 J.W.ソンガ  FRA 7 6 78
 M.ユーズニー RUS (14)5 0 66

 Y.ニエミネン FIN (24)5 3 1
 R.ナダル ESP (2)7 6 6

女子シングルス
 上はご存知のように、M.シャラポワがJ.エナンを下しました
 J.ヤンコビッチがS.ウィリアムスを破っています

 V.ウィリアムス USA (8)63 4
 A.イワノビッチ SRB (4)77 6

 D.ハンチュコワ SVK (9) 6 6
 A.ラドワスカ  POL (29) 2 2

1月14日 オーストラリアンオープンが始まります。
 R.フェデラー、J.エナンもグランドスラム制覇を目指して頑張るのではないでしょうか。
 女子シングルスでは、L.ダベンポート,A.モーレスモの復活が注目です。


1月4日 横浜に帰ってきました。明日からテニスのレッスンです。
 目標を決めて頑張ります。
12月27日 今日から猪苗代スキー場でスキー、スノーボードです。掲示板で連絡をします。
 僕はテニスのレッスンに明け暮れました。仕事とはいえ、テニスが出来る環境に感謝です。
 新春も、楽しく行きましょう。
新年1月の花カレンダーです。高画質は、月さんまでご連絡を


11月26日 連休が明けました。皆さん楽しみましたか。
 僕はテニスのレッスンに明け暮れました。仕事とはいえ、テニスが出来る環境に感謝です。
 ビッグニュースですよ。エキジビションですが、一世代前の英雄、僕も尊敬する、P.サンプラスが、現役王者R.フェ
デラーをサービス力でねじ伏せましたよ。
 二人のプロフィールを乗せた面白いサイトがありました。
R.フェデラーのコーチがHimself 自分自身となっているの面白いですね

11月23日 連休が開始。3時間の早朝レッスン。
 八景ITSで大盛り上がり。Yさんのショットが冴えて、ゾーンに入っていました。素晴らしいプレーです。
 最初の1時間は、集中して練習です。

11月19日 初級者の方達の上達が目立ちます
 皆さんが、本当に楽しんでプレーされていますね。
羨ましいくらいです。

早朝レッスンの案内の下に11月の花カレンダーがあります。高画質は月さんまで
11月17日 土 グループ戦、終わる。レッドグループ 1位R.フェデラー、2位A.ロディック
ゴールドグループ 1位D.フェレール 2位R.ナダル
従って、準決勝は早くもR.フェデラー対R.ナダルが激突。D.フェレール対A.ロディック
 最初、R.フェデラーは、F.ゴンザレスに破れ、暗雲急を告げたが、、終わってみればしっかり1位通過。
 A.ロディックR.フェデラーに敗れはしたものの、サービス力で突破を狙う。
こちらも、よもやの初戦で敗れた。R.ナダル、しっかり2位通過。
 信じられないのが、N.ジョコビッチ。今年最高の出来で、通過は確実と思われていたが。
 R.ガスケは東京の借りを、上海で返した形に。D.フェレールに勝利した。




 マスターズカップ 上海  R.フェデラー、N.ダビデンコに勝利、N.ジョコビッチ早くも2敗で敗退決定
シングルス ラウンドロビン

11月13日 (火)
 マスターズカップ 上海  R.フェデラー、N.ダビデンコに勝利、N.ジョコビッチ早くも2敗で敗退決定
シングルス ラウンドロビン
◎R.フェデラー(SUI) 64 63 ×N.ダビデンコ (RUS)
◎A.ロディック (USA) 61 64 ×F.ゴンザレス (CHI)
◎R.ガスケ(FRA) 64 62   ×N.ジョコビッチ(SER)


ダブルスラウンドロビン
◎L ドロゥィ(CZE) / P ヴィッツナー (CZE) 36 63 10-5 (Match TB) ×A クレモン (FRA) / M ロドラ (FRA)
M ノウルズ (BAH) / D ネスター(CAN) vs S アスペリン(SWE) / J ノウル (AUT)


11月13日 (火)
 マスターズカップ 上海  R.フェデラー、F.ゴンザレスにフルセットで敗れる。R.ナダル、D.フェレールに苦杯
A.ロディックは勝利。
ダブルス ブライアン.ブラザーズ棄権
月さんのサービスの見本
サーブ&ボレーヤーなので、結構前で打っています。
ベースラインの1メートル前に着地、そのまま、前に

月さんの急斜面ウエーデルンの見本
 脚部をしっかり曲げ伸ばして、上体を斜面に合わせている。ターン後半の外スキーへのエッジングで
カービングターン


11月11日 (日)
WTA ツアー 女子ダブルス チャンピオン決定戦 杉山 K.スレボトニク組準優勝 これは大きい。
全日本選手権始まる

11月6日 上海 マスターズカップ 出場選手決まる
 上位8人が、2グループに分かれて総当り。そして今年のチャンピオンを決めるATPファイナル。注目!
シングルス



フェデラーダントツ1位 ナダル 強烈ストローク ジョコビッチ 急上昇 ダビデンコ 安定性
ロディック サービス力 フェレール AIGオープン優勝 F.ゴンザレス 強打急浮上 R.ガスケ 上位を





試合形式練習をどんどんやっていきましょう。
サインプレーなんてにもチャレンジしましょう。
 ダブルスのフォーメーション、皆さんどれくらい知っていますか? 自分達で使っていますか?
 ダブルスはペアリングの勝負、各種のフォーメーションを使い分けて、相手を翻弄させましょう。

★11月の早朝レッスンのお知らせ early bird の上達レッスン
試合中心のレッスン。中上級者の方どうぞ。

11月4日 日曜日の早朝レッスン
 ボレーボレーからの展開練習。サービス、レシーブをみっちり。そして2面に分かれて、ミックスダブルスと
男子ダブルス。並行陣にかなり慣れてきました。

11月3日 土曜日の早朝レッスン
 ドロップショット、一杯やりましたよ。試合形式練習の中でのボレー.ストロー。そしてサービス、レシーブも目一杯

11月の花カレンダー
削除しましたが、ご希望の方は
月さんまで


10月11日★☆★ AIGオープンで見せたD.フェレールのスーパーフットワーク ★☆★
 D.フェレールの凄さはどこにあるのだろうか。AIGオープンで、その凄さを見せてくれたD.フェレール。
D.フェレールプロフィール:身長175cm、体重72kgなので日本人のスポーツマンの標準体型 ランキング世界8位
R.ガスケプロフィール: 身長185cm 体重75kgで欧米人のスポーツマン標準体型ランキング世界14位
図で示すと 実際の動きはこんな風。戻りが早い

D.フェレール、彼の試合勘の良さはどこにあるのだろうか?先のUSオープンでは、ATPツアーレシーブ部門でトップを
争っているR.ナダルを下した。
 リターンゲーム、ストローク戦での素晴らしい攻撃マインドにある。その原動力がフットワーク、特に左右に振られたと
きの戻りの動作、スプリットステップヲキチっとやっているところだ。
 AIGオープン、R.ガスケとの決勝は、かなりの接戦を予想された。しかし蓋を開ければ、R.ガスケ有利と見られたサー
ビスゲームでも、得意のリターンから攻撃に移って、R.ガスケにペースを全く与えなかった。

まず、二人の動きを図で示そう。
 ボールの行方と前に詰めるR.ガスケ、左右に振らながらも、きちんと戻り、パッシングショットを決めるD.フェレール
 このことがハッキリと見える
写真でシーンを切り出した
 このシーンでは、左サイドからのR.ガスケのサービスで始まった。ワイドに深く良いサービスが入る。
 振り遅れ気味で、D.フェレールのリターンがダウンザラインに少し浅く返る。
 1:それを判断したR.ガスケは一度ボールを引きつけ、D.フェレールをレディポジションにまで戻し、それを見過ごして、
もう一度ダウンザラインにアプローチショットで前に詰める。
 2:センターに戻りかけていたD.フェレール、判断力すばやく、相手が逆を突くのを察知、小さなスプリットステップです
ぐに戻る。
 3:ボールに追いつき、R.ガスケの位置を見極め、
4:クロスに深くトップスピンのパッシングショット。これが見事に抜ける。

 R.ガスケに落ち度はなく、完璧な攻撃なはずだった。ところがD.フェレールのすばしこいフットワーク
 特に逆を突かれた時の、瞬時の戻りと相手を十分に引き付けて、動きを止めてからの、早いパッシングショット
 このボールの速さでは、さすがのR.ガスケも、長身のラケットが届かなかった。試合前、「ネットに詰めて勝負する」と
言っていた、R.ガスケだが、
 ゲーム最初の数本のパッシングショットが見事なエースとなり、それ以降、前に出ようと言う意欲をD.フェレールに封じ
込められてしまった。

 今日の御教訓
1:リターンゲームも攻撃マインド
2:フットワークを鍛えよう、特に逆を突かれた時の練習を
3:パッシングショットは相手を十分に引きつけ、動きを止めてから

10月8日 AIGオープン★☆★ 長身の選手のサービス力 ★☆★
 有明のAIGオープン見ていますか?V.ウィリアムス、I.カルロビッチこの二人が勝ち続けていますが、その原動力はサ
ービス力です。そのサービス力の基本が、恵まれた長身ですよね。
 残念ながらわれわれ日本人の身長では、上から叩き込むフラットサーブは科学的理論的に無理です。
 
 今ジュニアをお育ての皆さん、お子さんの身長を伸ばす方法を知りたいと思いませんか?
身長を伸ばす方法があるんです。それも無理なく、厳しい練習も時には重要すが、それは身体が出来てから。
先のUSオープンの女子のサービスと身長の相関関係です。

 成長期には、成長痛を避けながら、身体を無理に痛めつけず、身体の成長を補助してあげましょう。運動(適度です
よ)、休養(疲れをつるための積極休養を)、そして栄養補給のバランスです。成長を促すには、成長ホルモンが活発に
なる、夜の就寝時が、実は大切なんです。
 寝る前に、少し身体を動かして、筋肉を使い、牛乳などで、成長にたんぱく質、カルシウムなど必要な栄養素を摂取し
て、寝ます。食べるだけで、寝てしまうと、太る要因ですから注意を
 睡眠、食事、運動などの生活習慣のほかに、現在では投薬やサプリメントの使用、整体など、低身長の治療法は多
種多様ですが、どの方法にも言えることは、できる限り早期に対処する方が効果的であるということです。


9月28日 トッププレーヤーのバランス感覚の良いシーンを切り出しました。ごゆるりと
今日はA.ロディック選手です。これだけの才能ですから、もっとR.フェデラーとタメで勝負できると思うのですが。
ジャックナイフ この高い打点 普通のバックでもこれ スマッシュなんてしびれる



9月27日 テニスの王子様そっくりのショット  グリップ厚いでしょう。気持ちの熱さが伝わるのかも



9月12日 R.フェデラー、J.エナン優勝
 男子シングルス ◎R.フェデラー 7-6(4) 7-6(2) 6-4 ×N.ジョコビッチ
 女子シングルス ◎J.エナン   6-1 6-3  ×S.クズネトバ
 男子ダブルス ◎S.アスペリン、J.ノールズ 7-5 6-4  ×L.ドロージィ P.ビズナー
 女子ダブルス   ◎N.デシィ D.サフィーナ 6-4 6-2  ×チャン、チュアン組
 ミックスダブルス ◎M.ミルニー、V.アゼレンカ 6-4 7-6(6) ×L.パエス、M.ショネシー

Day 11 いよいよ山場に、盛り上がっています
男子シングルス ベテランC.モヤ頑張りましたよ。
 ベスト4 若手が揃いました。N.ダビデンコだけ髪がやばい
 ◎R.フェデラー  7-6(5) 7-6(4) 6-2 ×A.ロディック
 ◎N.ダビデンコ  6-3 6-3 6-4 ×T.ハース
 ◎N.ジョコビッチ 6-4 7-6(7) 6-1 ×C.モヤ
 ◎D.フェラー   6-2 6-3 7-5 ×I.チェラ
N.ジョコビッチ対C.モヤの試合のデータ
ほとんどの部門でN.ジョコビッチが
C.モヤを圧倒している。
特にブレークポイントコンバージョン
チャンスでも圧倒し、5回ブレークしている
C.モヤは逆に、よくピンチをしのいだと
言える。
C.モヤはベテランだが、ネットプレーもできる
オールラウンドな選手。
しかも最速のサービスは219kmとN.ジョコビッチ
上回っている。
凄い

女子シングルス J.エナンはウィリアムス姉妹の対戦がきついですね。
 ベスト4 A.チャベターゼも調子良い。ロシアは強い
 ◎J.エナン   6-3 6-1     ×S.ウィリアムス
 ◎V.ウィリアムス 4-6 6-1 7-6(4)  ×J.ヤンコビッチ
 ◎S.クズネトバ  6-1 6-4    ×A.スザビー
 ◎A.チャベターゼ 6-4 6-1   ×S.ピアー

男子ダブルス 準決勝 フレッシュな組み合わせ
 ◎S.アスペリン J.ノールズ 6-7(2) 6-1 6-3  ×J.ベネトー N.マハ
 ◎L.ドルーイ P.ビンツァー 6-4 6-2    ×P.ハンレィ K.ウリエ

女子ダブルス 準決勝 杉山 K.スレボトニク組を破ったペアが決勝へ
 ◎N.デシィ D.サフィーナ 6-4 6-4  ×K.ペシュケ R.スタッブス
 ◎Y.チャン C.チャング 6-2 7-6(5) ×A.スザビー V.ウリロバ

ミックスダブルス 決勝 Mr.ネットマン M.ミルニー男子ダブルスの借りを返す
 ◎M.ミルニー V.アゼレンカ 6-4 7-6(6) ×L.パエス M.ショネシー
対戦した、L.パエス、M.ショネシーはダブルス
のスペシャリスト。面白い試合だったはず。
データを見る限り、力は均衡。
どこで差がついたか。
それは赤字のところ。
ブレークポイントコンバージョン。
チャンスはL.パエスペアが11回もつかんでいる。
しかしできたのはたったの1回だけ。
一方M.ミルニーペアは少ない
4回のチャンスを2回も活かした。
このチャンスでの勝負強さだろう。


Day9 J.エナン、S.ウィリアムスを一蹴です。強い。
R.フェデラーの安定性 A.ロディックのビッグサーブ N.ダビデンコのテクニック


 どんどん面白くなってきましたね。放送も実況で朝です
<<男子シングルス準々決勝>>
1)R.フェデラー(SUI) vs 5)A.ロディック(USA)注目の一戦
4)N.ダビデンコ(RUS) vs 10)T.ハース(GER)

3)N.ジョコビッチ(SRB) vs 17)C.モヤ(ESP)ベテランが若手に挑戦
R.ナダルor D.フェラー vs 20)J.I.チェラ(ARG)

<<男子シングルス4回戦>>
◎1)R.フェデラー(SUI) 36,64,61,64 ●F.ロペス(ESP)逆転勝ち
◎5)A.ロディック(USA) 76(6),2-0ret. ●9)TT.ベルディハ(CZE)
◎4)N.ダビデンコ(RUS) 61,63,64 ●H.リー(KOR)
◎10)T.ハース(GER) 46,64,36,60,76(4) ●6)J.ブレイク(USA)フルセット

◎17)C.モヤ(ESP) 75,62,67(5),64 ●E.ガルビスLAT)
◎3)N.ジョコビッチ(SRB) 75,76(2),67(6),61 ●23)J.モナコ(ARG)
◎20)J.I.チェラ(ARG) 46,62,76(6),16,64 ●S.ワリンカ(SUI)
2)R.Nadal(ESP) vs 15)D.Ferrer(ESP)

J.エナン強烈フォアハンド V.ウィリアムス圧倒的パワー 正統派S.クズネトバ


<<女子準々決勝>>
◎1)J.エナン(BEL) 76 61 ●8)S.ウィリアムス(USA)
3)J.ヤンコビッチ(SRB) vs 12)V.ウィリアムス(USA)
4)S.クズネトバ(RUS) vs A.スザビー(HUN)
6)A.チャベターゼ(RUS) vs 18)S.ピアー(ISR)

<<女子全4回戦>>
◎1)J.エナン(BEL) 60,62 ●15)D.サフィーナ(RUS)
◎8)S.ウィリアムス(USA) 63,64 ●10)M.バルトリ(FRA)
◎3)JJ.ヤンコビッチ(SRB) 64,46,61 ●19)S.バマー(AUT)
◎12)V.ウィリアムス(USA) 64,62 ●5)A.イワノビッチ(SRB)

◎A.スザビー(HUN) 64,76(1) ●J.Vakulenko(UKR)
◎4)S.クズネトバ(RUS) 62,63 ●V.Azarenka(BLR)
◎6)A.チャベターゼ(RUS) 61,75 ●T.Paszek(AUT)
◎18)S.ピアー(ISR) 64,61 ●30)A.Radwanska(POL)


Day 8
<<男子シングルス4回戦>>
N.ダビデンコ 好調リーをねじ伏せる 61 62 64
T.ハース アメリカの大声援を受けたJ.ブレイクをフルセットで撃破 46 6436 60 76


<<女子全4回戦>>
◎1)J.エナン(BEL) 60,62 ●15)D.サフィーナ(RUS) J.エナン、絶好調
◎8)S.ウィリアムス(USA) 64,76(4) ●10)M.バルトリ(FRA) 接戦はS.ウィリアムス
◎3)JJ.ヤンコビッチ(SRB) 46,62,63 ●19)S.バマー(AUT) フルセットをしのぐ
◎12)V.ウィリアムスUSA) 61,62 ●5)A.イワノビッチ(SRB)V.ウィリアムスの要所でのサービス力
◎S.クズネトバ  ● V.アザレンカ 62 63 M.ヒンギスを打ち負かしたV.アゼレンカは、S.クズネトバのテクニックになす
術無し。

上ドローはベテランがしのぎを削っている
下ドローはS.クズネトバを除き全員若手がシードを破っている
世界の女子は若い 18歳代が大活躍
 M.シャラポワに勝った、ラドワスカ、アザレンカ 18歳

男子ダブルス大異変 第1シードブライアン.ブラザーズが敗れる

女子ダブルス第2シードのL.レイモンド S.ストーサー組も敗れる
 第1シードのC.ブラック L.フーバー組が初戦で敗れたため、第4シードの杉山 K.スレボトニク組に大きなチャンス。

<DAY06の主な結果> 
男子シングルス3回戦 R.フェデラー1セット落とすが、その後は楽勝 A.ロディック快調
◎1)R.フェデラー(SUI) 67(4),62,64,62 ●W)J.Isner(USA) 
◎F.ロペス(ESP) 36,63,76(5),75 ●D.Young(USA)
◎9)T.バディッチ(CZE) 76(2),61,76(3) ●F.Verdasco(ESP)  
◎5)A.ロディック(USA) 63,62,60 ●T.ヨハンソン(SWE)    
◎4)N.ダビデンコ(RUS) 75,60,75 ●28)N.Almagro(ESP)         
◎H.リー(KOR) 63,63,26,75 ●19)A.マレィ(GBR)   リー快調
◎10)T.ハース(GER) 62,64,36,46,63 ●S.グロージャン(FRA) 面白い試合だったはず

女子シングルス3回戦 N.バイディソバ敗れる
◎J.Vakulenko(UKR) 62,64 ●M.Kirilenko(RUS)
◎V.Azarenka(BLR) 36,61,60 ●16)M.Hingis(SUI)  
◎4)S.クズネトバ(RUS) 63,61 ●31)A.Medina Garrigues(ESP) 
◎6)A.チャベターゼ(RUS) 62,63 ●26)S.ミルザ(IND)強打対決
◎T.Paszek(AUT) 46,64,76(1)  ●11)P.シュニーダーSUI)
◎18)S.Peer(ISR) 64,36,76(5)  ●13)N.バイディソバ(CZE) 残念

女子ダブルス3回戦 杉山 K.スレボトニク組ベスト8へ 森上Tu組敗れる
◎K.ペシュケ R.スタッブス 46 63 64  ●M.ヒンギス D.ハンチュコワ
◎杉山 K.スレボトニク組 63 62 V.キング ●E.ロア
◎S.フォレッツ Y.シュベドバ 62 61 ●森上、Tu


USオープン6日目
6日目 去年の優勝者、M.シャラポワ敗れる
<<女子全3回戦>>ウィリアムス姉妹好調、M.シャラポワ敗れる

男子シングルス2回戦 M.ユーズニー、L.ヒューイット敗れる

女子ダブルス2回戦 杉山 K.スレボトニク組、森上Tu組3回戦へ
◎3)杉山 K.スレボトニク組 57,60,62 ●M.Krajicek(NED)/A.Radwanska(POL)
◎6)K.Peschke(CZE)/R.Stubbs(AUS) 76(3),62 ●藤原里華/中村藍子   
◎森上亜希子/M.Tu(USA) 76(6),63 ●I.Benesova(CZE)/G.Voskoboeva(RUS) 

8月日31日 USオープン4日目 上位選手順調 F.ゴンザレス破れる 


8月日30日 USオープン3日目 日本女子期待のダブルス始まる 
<DAY03の主な結果>

男子シングルス2回戦
◎1)R.フェデラー(SUI) 61,64,64 Q)P.Capdeville(CHI)
◎J.Isner(USA) 63,63,76(4) R.De Voest(RSA)    

男子シングルス1回戦
◎2)R.ナダル(ESP) 75,36,64,61 A.Jones(USA)  1セットを落としているが、良くあること
◎25)M.サフィンRUS) 75,76(5),76(7) F.Dancevic(CAN)  最初から競っているね
◎T.ヘンマン(GBR) 64,36,63,64 27)D.ツルスノフ(RUS)  伸び盛りの相手にT.ヘンマン、最後の花を咲かせるか   
    
女子シングルス2回戦
◎1)J.エナン(BEL) 64,60 T.Pironkova(BUL)
◎15)D.サフィーナ(RUS) 62,61 A.Bondarenko(UKR)
◎10)M.ボラトリ(FRA) 64,62 S.Errani(ITA) 
◎8)S.ウィリアムス(USA) 75,62 M.Camerin(ITA)   
◎3)J.ヤンコビッチ(SRB) 62,62 O.Govortsova(BLR)
◎5)A.イワノビッチ(SRB) 63,61 A.Rezai(FRA) 

 女子ダブルス1回戦  主な試合結果です。
C.ブラック L.フーバー組 6/3 6/4 J.クラバス L.グランビル
晏紫、鄭潔組(10) 4/6 6/1 6/4 E.allovits L.Osterloh
M.ヒンギス D.ハンチュコワ 6/3 6/2 S.Bammer T.Paszek
藤原里華 中村藍子 6/4 6/7(6) 7/5 S.C.Aloro V.Razzano
杉山 K.スレボトニク組(3) 6/0 6/1 C.Ji S.Sun
森上亜希子 M.Tu 6/4 6/1 M.キリレンコ E.ベシナ
L.レイモンド S.ストーサー組(2) 6/1 6/3 A.ロヂオノバ A.E.バン

杉山 愛選手は残念ながら2回戦で敗退です。

男子シングルス1回戦の注目カード M.ミルニー対M.バグタチス戦から
 サーブアンドボレーヤーのM.ミルニーと多彩なテクニッシャンM.バグタチスの対戦。
結果は3−1でM.ミルニーの勝利。面白い内容が見て取れる


このデータだけ見ると、明らかにM.バグタチスが有利。
凡ミスは15回も少ないし、ウィナーだって19回も多い。
サービスブレークのチャンスだって、M.ミルニーの7回に対して、10回と多かった。
 実際のブレークがM.ミルニーのほうが1回多かった。

M.ミルニーはサービスが148回。しかしネットアプローチが173回なので、リターンダッシュ、ないしは相手のサービス
ゲームでのアプローチショットを25回している。この執拗な攻めが、M.バグタチスにプレッシャーをかけた。M.バグタチ
スは明らかに、M.ミルニーのネットプレーを嫌っていた。

しかし、M.ミルニーのネットプレーでのポイント獲得率を見ると57%、決して多くは無い。だからM.バグタチスは焦る必
要は無かったのだが、追い詰められた。それだけM.ミルニーのネットラッシュはす凄まじい。
超典型的なサーブアンドボレーヤーM.ミルニー トリッキーなテクニッシャン M.バグタチス


8月日29日 USオープン2日目 男女シングルス主な結果 
 上位選手は安泰ですが、男子ではM.バグダディス、女子ではD.ハンチュコワ選手が負けました。残念。
<DAY02 主な結果>

男子シングルス1回戦 N.ジョコビッチ、I.ルビチッチ 東欧勢力快調
◎16)L.ヒューイットAUS) 62,64,62 ●A.Delic(USA)     
◎3)N.ジョコビッチ(SRB) 62,61,63 ●R.Haase(NED) 
◎20)J.I.チェラ(ARG) 62,61,76(0) ●W)M.Mcclune(USA)
◎12)I.ルビチッチ(CRO) 61,76(1),61 ●K.Vliegen(BEL)
◎15)D.フェラー(ESP) 63,62,63 ●F.Mayer(GER)
◎24)D.ナルバディアン(ARG) 75,76(4),76(6) ●I.Navarro Pastor(ESP)  

女子シングルス1回戦 M.シャラポワ快調。D.ハンチュコワ1回戦敗退
◎7)N.ペトロバ(RUS) 63,61 ●T.Bacsinszky(SUI)
◎J.バクレンコ(UKR) 64,36,61 ●9)D.ハンチュコワ(SVK)  残念    
◎16)M.ヒンギス(SUI) 60,63 ●M.Johansson(FRA)
◎4)S.クズネトバ(RUS) 62,63 ●K.Zakopalova(CZE)  
◎6)A.チャベターゼ(RUS) 61,61 ●A.Weinhold(USA)   
◎2)M.シャラポワRUS) 60,61 ●R.Vinci(ITA) 

8月日28日 USオープン初日 男女シングルス主な結果 

トッププレーヤーのサービスを観察しよう。
ロシアの成長中の若手、M.ユーズニー
R.フェデラー、R.ナダルをして、これから怖くなる
相手と、言わしめた男だ。
サービスのトスアップの、右手、左手の作る
直線の角度を見て欲しい。

なんと35度、これだけ皆さん、肩が入るか
試して欲しい。
 このラケットダウンから一気に上げての
加速になる
R.ナダル選手の基本に忠実な打ち方です。
R.ナダル選手と言うと、よく走って、無理な体勢から
スーパーショットを、そんなイメージがありますよね。
しかもオープンスタンスで打ちまくっているのは?
 そんな風に思われています。
当然です。相手は、R.ナダル選手に追いつかれたらエースを
食いますから、左右に振ります。
 それで結果的にオープンスタンスに。
 でも余裕があるときは、見てください。
 基本通りの打ち方です。

 ボールを良く見る
 グリップチェンジをしっかりして、
 体重移動を使っているのが、後ろ足の使い方で
よく分かります。


8月日26 USオープン 男女シード発表 
男子シングルス シード  選手
1 R.フェデラー
2 R.ナダル
3 N.ジョコビッチ
4 N.ダビデンコ
5 A.ロディック


女子シングルスシード  選手 杉山 愛選手28シードです。女子ダブルスにも注目
1 J.エナン
2 M.シャラポワ
3 J.ヤンコビッチ


8月日20 月曜日のレッスン 初級から中上級者まで 
 八景ITSでのレッスンです。非常に暑い日でした。お客様からレッスンが始まる前に「コーチ相談が」
「おっと、身構えると」
「今日は暑いので、早苦、試合をしましょう」
お客様は休み休み交代。僕は全部試合に入りました。
練習をさせてくれて有り難うございました。感謝

8月19日 ダブルスのボレー.ストロークの練習をメインに
 男性が入る時は、サーブ&ボレーを常識にしましょう。と話します。
 練習では、結構前に出るのですが、試合になると、下がっている方が多いですね。
 もったいない

8月17日 ダブルスの試合を
 金沢区の区民大会があるので、ダブルスのペアリング練習を、とリクエスト。
 途中から、一転かき曇り、雷雨。もう中止かと思いましたが、30分でやみました。
 そこから涼しかったですよ。
 後で時間があれば、雷の画像を入れます。写っているといいのですが。

 午前中は、ジュニアのシングルスをしました。普段インドアで練習していますから、ロブとスマッシュは全くダメですね。
やはり外で時々練習が必要と痛感しました。
 ジュニアの場合、練習では、入っていたサービスの確率が、試合になると激減しますね。
 ジュニアの試合はほとんどサービス、レシーブで決まりますから。重要です。

8月13日 ダブルスの練習会 
 午後5時から9時までのレッスンでした。6時を過ぎると、涼しくて気持ちいいですね。
 サービスが結構入っていたので,早目に試合に入りました。ところが、試合になるとサービスが不安定に。
 だから試合が面白いのですが、皆さん、優しい方が多いので、多少のミスは目をつぶって、誉めて、ペアリングしてい
ました。大人の方が多いから助かります。
 試合になれば、細かい注意しても、プレッシャーがかかるだけです。試合は、思い切り良く振り抜く。
 それで入らなければ仕方がありません。次の練習で修正をします。
 次の練習が問題です。先回のミスを思い出して、修正しているかです。いつもと同じように打っていると、試合で、同じ
ミスを繰り返してしまいますから。
ダブルスの参考写真を
打合せを入念に 攻守をしっかり分担 アプローチのフットワーク


8月12日 暑い時の練習の注意
 11日朝の7時からのレッスンでした。猛暑日で結構暑くなる気配がありましたが、さすが7時はまだまだ爽やかですね
 暑いと集中力がなくなりやすいので、気配りが必要です。
 1:水分補給は少しずつ前取りで
 2:汗を拭き、着替えをこまめに
 3:休む時は木陰で
八景ITSのジュニアのレッスン風景です
ウォームアップに
フリスビー
バックハンドストローク
に最高
サービス練習はできるだけ多く
ジュニアの試合は、サービス、レシーブでほとんど終わってしまいます
試合で入るサービスを練習します。そのイメージを育てるのが大事



8月10日 ショットとグリップチェンジ お客様の質問から 
グリップチェンジが上手くいかないとの質問を。
普通は、普段が厚くて、ボレー用に薄くならないと言う質問が多いのですが、今回は普段が薄くて、ストロークの時に
厚いグリップでトップスピンをかけたいとの逆の質問でした。
フィーリングブログに書いてあります。
R.フェデラーとV.ウィリアムスのウィンブルドン、優勝コンビの画像をどうぞ。

8月6日 後衛陣をブログで展開中 
ソアレス.パスカル組の妙味を

8月2日 前衛陣をブログで展開中 
懐かしの、A.クルニコワがM.ヒンギスと組んで出ています.
A.クルニコワのサービス R.パスカルはストレートに 詰めていたクルニコワがアングルに決め


8月1日 陣形のの特集です。ブログが先行しています。
1:サービス、レシーブ時の陣形
基本中の基本
2:サービス側前にに出て行きます
良くある、並行陣、前衛陣
3:サービス側が強いと、レシーブ側は
後衛陣をとると守りが楽
4:陣形は固定すべからず
ボールと一緒に動くこと
5:女子ダブルスには
中衛陣が良く似合う
6:男子ダブルスの典型的な例
前衛陣同士の激突

7月26日 ダブルスの陣形特集
このテニス フィーリングブログでは基本的なフィーリングの話をベースに、
 1:ストローク、サービスなどのテクニック論
 2:ダブルスの陣形
 3:試合に勝つ、メンタルタフネスの話を分けて掲載しています。
全部お読みになられたら、テニスの基本的理論は全てマスターできます。

 ダブルスと言うと、前衛、後衛と言う言葉が浮かぶ人が多いと思います。たかが言葉ですが、前衛、後衛と言う言葉よ
りも、ボレーヤー、ストローカーと言う言葉の方が、役割が分かるし、ポジションチェンジしたときも分かりやすいです。
 前衛、後衛は、私前で動かない、私後ろで守っている、そんな固定的な観念になりやすいのです。まずダブルスの陣
形では次のポジショニングの法則を覚えてください

 1:左右の法則:ボールと同じ方向に動く
 2:主導権は:ボレーヤーにあり
 3:カバーの法則:お互いに声を出すべし

1:左右の法則:ボールと同じ方向に動く
 右サイドからのサービスです。ワイドにスライスサービスで切れたら、ボレーヤーは左に、ボールの方によって、サイド
をケアしてください。

2:主導権は:ボレーヤーにあり
 ポーチなど、自由に動けるボレーヤーの存在がダブルスの魅力です。ボレーヤーが自由に動いて、ストローカーがカ
バーに入ってください
3:カバーの法則:お互いに声を出すべし
 例えばポーチで走り去る場合、「チェンジ!」なんて一言あると、動きがスムーズになりますよね。


今日の御教訓
1:左右の法則:ダブルスにて、ボレーヤー止まること厳禁
2:主導権は:ボレーヤーは積極的に動く
3:カバーの法則:コミュニケーションを

7月22日 ダブルスの陣形特集です。
ブログに紹介した、サービスのインパクトの画像をお見せします。
サービスからテニスは始まる
☆ サービスの練習に時間を割こう ☆
 いつも、いろいろな方から質問を頂きます。サービスに関する質問が多いです。結構悩んでいる方が多いんですね。
試合ではサービスが重要ですから。最近復調してきたM.シャラポワのサービスです。
 自分で打っていると思ってイメージしてください。ちなみに、僕はサービスのレッスンは得意です。

今日のポイント
 1:サービス練習を多く
 2:サービスよければ全てよし
 3:練習は試合の緊張感で

 先日のレッスンで、振り替えの方が、見えました。基本練習では、ストローク、ボレー、サービスと全て上手です。
 試合形式練習のダブルス練習でも、何も問題はありませんでした。

 でも試合になったら、驚きました。練習で見せた、切れのある、サービスは全く無くなって、ユルユルの「入れてけサー
ビス」ではないですか。
 これでは待ち構えている相手のリターンの餌食になってしまいます。練習の時の半分くらいの速さですね。しかもダブ
ルフォールト連発です。
 確かに振り替えで、他の方とプレーするわけですから、緊張する事は分かります。でも、サービスが崩れたため、他の
ショットも、総崩れです。
 サービスは最初の重要なショットです。ですから、練習の時に、試合で使えるサービスを練習する必要があるのです。
 僕はレッスンの中でサービスの時間をかなりとります。そしてセカンドサーブを意識的に練習してもらいます。いつでも
入るサービスを身体で覚えて、そこから思い切りよく打つファーストサーブを使います。

 テニスのショットで一番緊張するのがサービスです。ですからサービスの練習では、ポイントを想定して、相手の位置
をイメージして、少し自分にプレッシャーを与えて打つことが重要です。


 本日の御教訓
   1:テニスはサービスから始まるスポーツ
   2:サービスで全てが決まる
   3:試合の緊張感をイメージして練習を

7月19日 いやあ、失礼しました。更新が遅れました。
ブログに紹介した、サービスのインパクトの画像をお見せします。
 サービスの質問結構多いんですよね。
サービスを横からMVP2000
で分析。打点の位置を
しっかり考えてもらいたいです
普通のサービス
エース狙いのフラットサーブ
そしてサーブ&ボレーのキックサーブ
の打点、ステップインの位置を表示しました
そしてこれは、それを表で表したものです

7月16日 ロランギャロとウィンブルドンのファッションの違い
 ウィンブルドンは白が基調、一方ロランギャロはお洒落自由です。そこで同じ選手がどのようにウエアで表現している
か比べてみました。史上初ファッションショー

7月9日 最終日ですが、ミックスダブルスはまだ準決勝です。
男子シングルス
◎R.フェデラー 76(7) 46 76(3) 26 62  ●R.ナダル
 最高の試合。技術の粋を出す。どっちに転んでもでもおかしくない試合
 R.ナダルの進化。ネットプレーへの積極
 芝をつかみかけている

女子ダブルス
◎C.ブラック L.フーバー組46 63 62 ●杉山 K.スレボトニク組
 逆転負け 内容的にも僅差 USオープンに向けて頑張ろう

男子ダブルス ブライアン.ブラザーズ神話崩れる
◎A.クレメント M.フローダ 67(5) 63 64 64 ●ブライアン.ブラザーズ
 伏兵が勝つ。お互いにネットに詰めるから、ネット上の決戦

ミックスダブルス これから準決勝、決勝を
◎D.ネスター、E.リホツエバ  63 76   ● A.Bogdanovic M.South
◎J.Murray J.ヤンコビッチ 76 67 75   ●M.Matkowski C.ブラック組
◎J.ビヨークマン A.モリク 46 63 64  ● J.Kerr K.Bondarenko
◎F.サントロ S.Bremond  62 36 64   ● L.パエス M.ショネシー組
7月7日 女子ファイナルへ M.バルトリ対V.ウィリアムスの新鮮対決
男子A.ロディック、R.ガスケに敗れる。R.フェデラー、R.ナダル順当勝ち
雨で進行が遅れ ボトム・ハーフがやっと終わる
<<女子準決勝>>
大事件勃発 J.エナン、M.バルトリに逆転負け。
V.ウィリアムス勝ち上がる
◎18)M.バルトリ(FRA) 16,75,61 ●1)J.エナン(BEL)
◎23)V.ウィリアムス(USA) 61,64 ●6)A.イワノビッチ(SRB)

<<男子準決勝>>
R.ナダル、初めての楽勝 R.フェデラー1セット落とす
A.ロディック、大逆転負け タイブレークを2回落とす
N.ジョコビッチ、2回目の5時間マッチ
◎フェデラー 76(2),36,61,63 ●フェレイロ
◎R.ガスケ 64 64 76(2) 76(3) 8 6  ●A.ロディック
◎ジョコビッチ(SRB) 76(4),76(9),67(3),46,75 ●バグダディス
◎ナダル 76(1),64,62 ●ベルディヒ

<<女子ダブルス>> ベスト8
L.レイモンド S.ストーサー組 75 62 K.Peschke R.Stubbs AUS (5)
杉山 K.スレボトニク組 64 76(5) E.リホツエバ T.サン
A.モリク、M.サンタンゲロ組 64 61 S.ペン、Z.ヤン組
C.ブラック L.フーバー組 64 76(6) S.クズネトバ、N.ペトロバ組

<<男子ダブルス>>
ブライアン.ブラザーズ(1) 63 62 64 L.Dlouhy P.Vizner
F.サントロ N.ジモニッチ組 76(6) 67(5) 64 63 M.ダム L.パエス組
M.メロ A.サー組 64 63 64  M.ノールズ D.ネスター組 前日に最終セット28-26 6時間弱の試合を
A.クレメント M.ロドラ組 63 62 62 H.Levy R.Ram組

<<ミックスダブルス>>
3回戦途中 3回戦が終わり次第お伝えします。

7月5日
雨で進行が遅れ ボトム・ハーフがやっと終わる
<<男子3回戦 ボトム・ハーフ>>
R.ナダル辛勝 大接戦


女子4回戦
◎ビィーナス・ウイリアムズ 61,63 ●シャラポワ

<<女子準々決勝>>
◎1)J.エナン(BEL) 64,36,63 ●7)S.ウィリアムス(USA)
◎18)M.バルトリ(FRA) 36,63,62 ●31)M.クライチェク(NED)

男子ダブルスで凄い試合が
M.メロ、A.サー組対 P.ハンレィ、K.ウリエ組はフルセット、5/7 7/6(4) 4/6 7/6(7) 28/26。しかもタイブレーク2回。最終
セットはなんと28-26。このセットだけでも3時間以上かかっている。5セットに要した時間は358分、ほぼ6時間の大接
戦。多分総ポイントは500を超えているはず。普通は150ポイント位なので、以下にすごいか分かるだろう。


6月30日 R.フェデラーM.サフィンを一蹴。強い。M.ヒンギス負ける
トップ・ハーフの男女16強が決まった。

<<男子3回戦>>  シード勢同士の激突が始まった F.ゴンザレス、J.ブレイク敗れる


6月28日 雨で思うように進展せず これもウィンブルドンですよね。
男子シングルス 1回戦は全てクリア 主だったシード選手は勝ち上がっています。

女子シングルス 中村藍子M.ヒンギスに挑みましたが、残念。森上亜希子は勝ちました。新鋭森田あゆみフルセッ
トまで粘りましたが、残念。良い経験になったでしょう。

6月27日 2日までの結果。旧い出走表は削除しますね。
男子シングルス。C.モヤがT.ヘンマン(ロイヤルネットマン)に敗れた以外は順調です


女子シングルス  シードダウンまだありません。今年は静かに順調に流れていますね。
まだ1回戦が途中です。雨ですね。注目の,森田あゆみ,森上亜希子、中村藍子選手、今日登場です。NHKですよ。

DAY02の主な結果とDAY03の主なオーダー2日目の主な結果  
今年はシードが順調に勝っています。珍しい。C.モヤがT.ヘンマンに敗れましたが。杉山 愛2回戦進出

ウィンブルドン全力投球 情報 6月26日開幕
ウィンブルドン全力投球 情報 6月25日男女出走順を作りました。
男子A.マレィが怪我で棄権 残念 ウィンブルドン症候群かな?
女子ダブルスで、あの強烈なウィリアムス姉妹が出場。
ノーシードですから、いい迷惑ですよね


ウィンブルドン全力投球 情報 6月24日 女子ドローから競馬風に枠を作ってみました。馬名
は明日入れます。大本命1J.エナンは動かないでしょうけれど、以下は混沌ですね。S.ウィリアムス、不気味です
よ。ウィリアムス姉妹がダブルスに出場します。これも台風の目。

ウィンブルドン全力投球 情報 6月23日 男子ドローから競馬風に枠を作ってみました。
大本命は1−8のR.フェデラー、R.ナダルですが。これだと配当はマイナスですね。
さあ、選手の名前と馬名を比べてください。結構的を突いているでしょう。

ロランギャロ物語 6月22日 公式パンフレットから
 お洒落な雑誌です。パリのエスプリを感じます。雑誌がお洒落なんですね。さて今日はクイズ形式誰をモデルに作ら
れた宣伝でしょうか? クイズは、モデルは誰? どこの宣伝? です。このHPの掲示板に答えを書いてください。
当てた方には、月さん特製のプレゼントを差し上げます。

ロランギャロ物語 6月23日 公式パンフレットから
 メーカーとプレーヤーは、ジャンキャカジャーン
スポンサーはアディダス そしてプレーヤーはM.バグタチス


ロランギャロ物語 6月18日 公式パンフレットから
 お洒落な雑誌です。技術的な情報は一切無し。R.ナダルもR.フェデラーも紹介は一部。紹介されているのは、主に女
性選手。特に、A.イワノビッチ多いですね。
宣伝もお洒落ですよ。

A.モーレスモのコンタクト ラコステの宣伝 輸送会社、発想が面白い
プジョーの宣伝、ちゃんと歴史と併せて、紹介を。エスプリのある車ですね


ロランギャロ物語 2007 
 男子、R.ナダル、女子、J.エナン、クレーコートの戦いとしては順当な優勝。二人とも3連覇。これは記録ではないか。
 男子決勝は、グランドスラムのかかるR.フェデラー、クレーコートの王者のメンツのR.ナダルと維持と実力の激突だっ
た。終わってみれば、R.ナダルはR.フェデラーノナダル対策を、ことごとくつぶして、完勝。
 あれだけのブレークチャンスをものにできなかったR.フェデラーは珍しい。
ダブルスは男子はベテランM.ノールズ D.ネスター組 が 2/6 6/4 6/3 (6) L.ドウロージー CZE P.ヴィンツアー CZE (9)
ペアを下した。ネットプレーの非常に速い展開。男子ダブルスの醍醐味が十分に見えた試合だった。
 女子シングルス、M.シャラポワを破ったA.イワノビッチが、どこまでJ.エナンに検討できるかが、見所だった・いきなり
ブレークして、観客を沸かせたが、本人も言うように、サービスにはいつもにはないプレッシャーがかかったという。これ
がグランドスラムなのだろう。
 女子ダブルス、ご存知のように我が杉山 K.スレボトニク組が準優勝。頑張った。K.スレドボニクは前に浅越選手と組
んで活躍、日本人との相性が良い。杉山を十二分にバックアップしてくれた。残念ことに、杉山 愛選手の、ダブルスで
は調子が良かったサービスが、ダブルフォールトで終わる、結果に。
ミックスダブルスはN.デシィ FRA A.ラム ISR の超ベテランペアが7/5 6/3で (8)K.スレボトニク SLO N.ジモニッチ
SRB (6)を破った。K.スレドボニクは大活躍、ダブルスの新しいスペシャリスト誕生だ。


サービス編 
 クレーコートだから球速が落ちる事はない。僕の資料からは、今までは落ちていた。たぶん計測方法が変わったので
はないか?

サービススピード王



サービスエース王
サービスエースはクレーコートでは非常に少なくなる。激減といっても良い位。その中で量産しているプレーヤー
がいる。しかし、面白い事に、サービスエースが多いからといって、ロランギャロは勝てないのも数字が語ってく
れる。ほとんどの選手が2回戦止まり。
 A.ロディックがここに名を連ねていないのは、寂しい事だ。





R.ナダルとR.フェデラーの写真集
バックのスライス、少ないが 大きくジャンプで威嚇?? 見よ、この腕力。テニスはパワーなり
サービス不調だった ネットプレーをもっ使えば? 表情の違い。心強き真のライバル。


6月11日 観客のR.フェデラー贔屓を押し倒して、R.ナダル圧勝
アンフォーストエラー、凡ミスの差が大きく出た。ブレークポイントチャンスをものにできなかったR.フェデラーも
珍しい。
次のウィンブルドンまで1ヶ月もありません。楽しみですね。

R.ナダル  6/4 4-6 6/3 6/4 R.フェデラー
項目            R.フェデラー        R.ナダル
サービスエース 9    2
ダブルフォールト 1    1
凡ミス 60     28
ファーストサーブポイント 50of76=66%  74of106=70%
セカンドサーブポイント    23of42=55% 17of31=55%
ウィナー        18   13
ブレークポイント     1of17=6%       4of10=40% R.フェデラーは17回もチャンスがあった。
たったの1回しかものにできない。普通は50%以上。


6月10日 J.エナン3連覇、偉業ですね。A.イワノビッチ残念
女子シングルス決勝 終わってみれば圧倒的でしたが、A.イワノビッチ、緊張と自分でも言ってました。
◎J.エナン BEL (1) 名目ともNO16/1 6/2 A.イワノビッチ SRB (7)

男子ダブルス ベテランが見事な逆転勝ち
◎ベテランM.ノールズ D.ネスター組 2/6 6/4 6/3 (6)L.ドウロージー CZE P。ヴィンツアー CZE (9)

6月9日 杉山 K.スレボトニク組惜敗。
男子、予想通り、R.フェデラー、R.ナダルの決勝。しかし、準決勝R.フェデラーは大苦戦。
女子ダブルス決勝 決勝までDF少なかったが、決勝で増えた。、それがプレッシャー
◎A.モリク M.SサンタンゲロITA (17)  7/6(5) 6/4 K.スレボトニク SLO杉山 愛JPN (7)
接戦を制したのは相手だった。でも決勝まで頑張った。

男子シングルス準決勝
◎R.フェデラー SUI (1) 7/5 7/6 7/6 N.ダビデンコ RUS (4) 超テクニッシャン (2)
 要所でサービスエース、しかしかなり追い詰められていた。試合はN.ダビデンコが勝っていて尾か少ない展開
 アンフォーストエラーが多い
◎R.ナダル ESP (2)クレーコート王者 セルビア旋風を食い止める 7/5 6/4 6/2 N.ジョコビッチ SRB (6) 
セットごとに強くなっている。 アンフォーストエラーを減らしてきている


6月8日 いよいよ決勝へ向けて。ドラマは展開します。M.シャラポワ、A.イワノビッチの負けましたね。セルビア
の風がパリに吹いているようです。

女子シングルス 準決勝M.シャラポワ負けましたね。完敗です。
◎J.エナン BEL (1) 名目ともNO16/2 6/2 J.ヤンコビッチ SRB (4)
◎A.イワノビッチ SRB (7) 6/2 6/1スーパーアスリート M.シャラポワ RUS (2)

男子ダブルス 準決勝  思いもよらない組み合わせに。 これを予測した人はいないでしょうね。
◎L.ドウロージー CZE P。ヴィンツアー CZE (9)6/1 1/6 6/4 F.サントロ FRA N.ジモニッチ SRB (4)
 第1シードのブライアン.ブラザーズを破った勢いで、変則テニスのペアを破りました。
◎ベテランM.ノールズ D.ネスター組 (6) 6/3 6/4 M.ブパシ IND R.ステパネック CZE
 ベテラン同士の対戦で、見ると参考になったはずです。放映してくれるといいですね。

ミックスダブルス決勝
◎N.デシィ FRA A.ラム ISR 7/5 6/3 (8)K.スレボトニク SLO N.ジモニッチ SRB (6)
 ここもベテラン対決です。杉山 愛と組んでいる、K.スレドボニク惜しかった。

6月7日 パリもやっと天候が安定してきたようです。準決勝が行われています。杉山 K.スレボトニク組、快挙、
決勝ですよ。第1シードを破りました。
フォアハンドのバランスです。
どこからでも強打できる。
N.ジョコビッチのバランス
バックハンドで空中殺法
R.フェデラーのバックハンド、アングルボレー
のバランス感覚 見事ですね。


男子シングルス 準々決勝 R.ナダル師弟対決を制する
◎N.ジョコビッチ SRB (6) 対 6/3 6/3 6/3 ロシアの新星 I.アンドレーフ を下す
◎R.ナダル ESP (2)クレーコート王者 6/4 6/3 6/0 C.モヤ ESP (23) セットごとにペースを上げて。ストローク戦だった
が、ドロップショット、アプローチショットと展開があり、面白かった。

女子ダブルス 4回戦  杉山 K.スレボトニク組、第1シードを破って決勝進出ですよ。
◎K.スレボトニク SLO杉山 愛JPN (7) 1/6 6/4 6/3 L.レイモンド USA S.ストーサー AUS (1) 
 大逆転勝ち、試合をするたびにペアリングが良くなる。最高の状態。
◎A.モリク AUS M.Santangelo ITA (17) 6/3 3/6 6/3 C.ブラック ZIM L.フーバーRSA (2)

ミックスダブルス 準決勝 杉山 K.スレボトニク組のK.スレボトニク快調 こちらも決勝へ
◎K.スレボトニク SLO N.ジモニッチ SRB (6)6/3 6/4 Zi Yan CHN M.ノールズ BAH (5) ◎N.デシィ FRA A.ラム
ISR (8)6/2 6/4 T.Sun CHN J.ノールズ AUT  

6月6日 ロランギャロも上位陣の激突が見れます。放映が楽しみ。それにしても、R.ナダルはスペインの仲間
とよく当たります。壮絶な振り回しの打撃戦
A.イワノビッチバックハンド
バランスいいですね。
右肩の不調もなんのその。
ガッツで勝ち上がって
J.エナン、S.ウィリアムスに
打ち勝ちましたね



男子シングルス 4回戦 ベスト8が出てきています。
◎R.フェデラー SUI (1) 7/5 1/6 6/1 6/2T.ロブレド ESP (9)スペインの二枚目 
◎N.ダビデンコ RUS (4) 超テクニッシャン (2) G.カナス 7/5 6/4 6/4 ARG (19) 

男子下半分 これからの試合
N.ジョコビッチ SRB (6) 対 ロシアの新星 I.アンドレーフ
C.モヤ ESP (23) 大復活 対 R.ナダル ESP (2)クレーコート王者  兄弟の様に慕っているとか

女子シングルス 4回戦 ベスト8が出揃いました。
◎J.エナン BEL (1) 名目ともNO16/4 63 S.ウィリアムスUSA (8) 全豪の覇者を破る 
◎J.ヤンコビッチ SRB (4)6/3 7/5 N.バイディソバ CZE (6) ハードヒットの打ち合いを制する
◎A.イワノビッチ SRB (7) 6/0 3/6 6/1スーパーアスリート S.クズネトバ RUS (3)粘りが身上  
◎M.シャラポワ RUS (2) 6/3 6/4 でロシアの同僚を打ち伏せる A.チャベターゼRUS (9)

男子ダブルス ドロー 4回戦 ベスト4出揃う


女子ダブルス 4回戦  ベスト4が出揃う 杉山 K.スレボトニク組ベスト4進出ですよ。次は第1シードとの対戦。
杉山 愛は比較的L.レイモンドペアを苦にしないので期待できますよ。
◎L.レイモンド USA S.ストーサー AUS (1) 6/1 6/2 A.M.ガリゲス V.R.パスカル
◎K.スレボトニク SLO杉山 愛JPN (7)逆転勝ち4/6 7/5 6/3 M.E.Camerin ITA (16)G.ダルコ ARG
(16) 初めてセットをとられているが、ペアリングが良くなっている。これは先が楽しみ



6月4日 昨日までの勝ち上がり
J.エナンのバックスライス。
面がしっかり作られています
A.イワノビッチのバックハンド。多分面を見るとロブをあげていますね。運動能力が高い選手。注目株ですよ
今年好調のL.ヒューイット。R.フェデラー風にボールをよく見ています。 髪の割には若い、失礼、N.ダビデンコ。なかなかのテクニッシャンですよ。




 
◎A.モリク AUS M.Santangelo ITA (17) vs. vs.A.E.Vanc ROU A.Rodionova RUS
◎N.L.Vives ESP M.Sanchez ESP vs. S.W.Hsieh TPE S.Perry USA
M.クライチェク NED A.Radwanska POL vs. A.Kudryavtseva RUS E.Laine FIN
◎J.Husarova SVK M.ショネシー USA (10) vs. A.Bondarenko UKR K.Bondarenko UKR
◎V.Dushevina RUS T.Perebiynis UKR (15) vs.S.Lefevre FRA A.Vedy FRA
◎C.ブラック ZIM L.フーバーRSA (2) vs.V.Bardina RUS T.Poutchek BLR

男子ダブルス ドロー 2回戦
ブライアン.ブラザーズ(1) vs..Gael Monfils FRA Josselin Ouanna FRA
◎Lukasz Kubot POL Oliver Marach AUT vs.Martin Garcia ARG (16)Sebastian Prieto ARG (16)
◎Lukas Dlouhy CZE Pavel Vizner CZE (9) vs.Tomas Cibulec CZE Jordan Kerr AUS
◎Simon Aspelin SWE (8)Julian Knowle AUT (8)vs.Sergio Roitman ARG Martin Verkerk NED
◎Fabrice Santoro FRA Nenad Zimonjic SRB (4)vs.Marcel Granollers-Pujol ESP Feliciano Lopez ESP
◎Olivier Rochus BEL Kristof Vliegen BEL vs. Yves Allegro SUI Jim Thomas USA (13)
◎Arnaud Clement FRA Michael Llodra FRA (10)vs. Michal Mertinak SVK Petr Pala CZE
◎Igor Kunitsyn RUS Dmitry Tursunov RUS vs. Paul Hanley AUS Kevin Ullyett ZIM (5)
◎Mark Knowles BAH Daniel Nestor CAN (6) vs. Thomas Oger FRA Nicolas Tourte FRA
◎Andrei Pavel ROU Alexander Waske GER (11) vs. Chris Haggard RSA Hyung-Taik Lee KOR
◎Berlocq,Cuevas vs Leos Friedl CZE David Skoch CZE
◎Michael Kohlmann GER Rainer Schuettler GER vs.Martin Damm CZE Leander Paes IND (3)
◎Jonathan Erlich ISR Andy Ram ISR (7)vs. Marcelo Melo BRA Andre Sa BRA
◎Mahesh Bhupathi IND Radek Stepanek CZE vs. Guillermo Garcia-Lopez ESP Filippo Volandri ITA
◎Jeff Coetzee RSA Rogier Wassen NED vs.Julien Benneteau FRA Nicolas Mahut FRA
Wayne Arthurs AUS Fernando Verdasco ESP vs.vs.J.ビヨークマン、M.ミルニー組(2)


ミックスダブルス 1回戦 杉山 愛は第2シードと当たり敗れる
◎L.レイモンドUSA B.ブライアン USA (1) vs. Caroline Wozniacki DEN G.モンフィルズ FRA
◎Mara Santangelo ITA Simon Aspelin SWE vs.Eleni Daniilidou GRE Jurgen Melzer AUT
◎S.ミルザIND F.サントロ FRA vs. Anna-Lena Groenefeld GER Alexander Waske GER
◎K.スレボトニク SLO Nenad Zimonjic SRB (6)vs.E.リホツエバ RUS Daniel Nestor CAN
◎Chia-Jung Chuang TPE Todd Perry AUS vs. Kveta Peschke CZE Martin Damm CZE (4)
◎Severine Bremond FRA Marc Gicquel FRA vs. Emilie Loit FRA Alexandre Sidorenko FRA
◎Tathiana Garbin ITA Paul Hanley AUS vs. Paola Suarez ARG Mahesh Bhupathi IND
◎Zi Yan CHN Mark Knowles BAH (5) vs.Rennae Stubbs AUS Ashley Fisher AUS
◎Meghann Shaughnessy USA L.パエス IND vs. Yung-Jan Chan TPE M.ブライアン USA (7)
◎ Sybille Bammer AUT Marcin Matkowski POL vs.Camille Pin FRA Michael Llodra FRA
◎Tiantian Sun CHN Julian Knowle AUT vs. Gisela Dulko ARG F.ゴンザレス CHI
◎Alize Cornet FRA Jonathan Eysseric FRA vs.
◎N.デシィ FRA Andy Ram ISR (8)vs.C.ブラック ZIM Jeff Coetzee RSA
◎Janette Husarova SVK Pavel Vizner CZE vs. V.R.パスカル ESP Martin Garcia ARG
◎ Aurelie Vedy FRA Florent Serra FRA vs.Elena Vesnina RUS Jonathan Erlich ISR
◎ L.フーバー RSA (2) K.ウリエ ZIM (2)vs.杉山 愛 JPN Jim Thomas USA  

6月2日 昨日までの勝ち上がり
男子シングルス 3回戦

◎R.フェデラー SUI (1) × P.スタレス
◎M.ユーズニー RUS (13)ロシアの若手テクニッシャン ×C・フェレロESP (17)スペインの貴公子対
◎T.ロブレド ESP (9)スペインの二枚目サースポー ×J.チプサレビッチ
◎F.ボランドリITA ×I.ルビチッチ CRO (7) サービスの百貨店
◎N.ダビデンコ RUS (4) 超テクニッシャン、安定性抜群 対 × M.ロドラと対戦
◎D.ナルバディアン(15)5セット王者 ×G.モンフィルズ フランスの怪物クレーコートの
◎G.カナス ARG (19) R.フェデラーを今年2回破っている×K.ビリゲン
◎J.モナコ × R.ベセリン

これから3回戦を
N.ジョコビッチ SRB (6) O.ペシオネ
F.ベルダスコ D.フェラー ESP (12)
M.バグタチス CYP (16) キプロスの天才 J.ハセック
P.マシュー I.アンドレーフ
J.ビヨークマン O.ヘルナンデス
C.モヤ ESP (23) ベテランだが、今年好調 J.ブルゼジッキ
L.ヒューイット AUS (14) Y.ニエミネン FIN (20)   好試合を期待
R.ナダル ESP (2)クレーコート81連勝クレーコートの王者は快調 A.モンタンスと  
 
女子シングルス 3回戦
◎J.エナン BEL (1) 名目ともNO1M.サンタングロ ITA (28)
◎S.バマーAUT (20) Na Li CHN (16)
◎D.サフィーナ RUS (10)F.シアボーネ ITA (23)
◎S.ウィリアムスUSA (8) 全豪の覇者 M.クライチェク
◎J.ジャコビッチ SRB (4) V.ウィリアムスUSA (26) 復活なるか、実力は保証済み ◎M.バルトリ FRA (18) 大金星
  E.デメンティエバ RUS (13)を破る
◎T.ガービンITA (19)S.C アロロ
◎N.バイディソバ CZE (6)美少女、強気のストロークでS.ストーサー AUS (27) 破る

今日の試合予定
A.イワノビッチ SRB (7) 快速サービス I.オラル
A. M.ガリギス ESP (24) D.ハンチュコワ SVK (12) 超長身 かわいいね S.ピアーISR (15) K.スレボトニクSLO
(17) 杉山 愛とダブルスも
D.シバルコバ  S.クズネトバ RUS (3)基本がしっかりしている
A.モーレスモ FRA (5) L.サファロバ CZE (25)
杉山 愛JPN (21)日本のエース ダブルスも頑張って A.チャベターゼRUS (9) ロシアの若手 P.シュニーダーSUI
(14) K.ナップ
M.シャラポワ RUS (2)調子を戻している A.クドヤブセバ

6月1日 昨日までの勝ち上がりです。
L.ヒューイット 粘り勝ち 肩が不調とか。大丈夫そう R.ナダルは順調 復調ヴィーナス 荒れた、M.サフィン



5/29(火) DAY03 主な結果 ロディックだけでなくブレークも敗れた。





5月29日 一ロランギャロの速報版です。公式ホームページ http://www.rolandgarros.com
 雨で、予定が大幅に遅れています。有力選手の情報を流します。


5月28日 一ロランギャロの速報版です。公式ホームページ http://www.rolandgarros.com
 雨で、予定が大幅に遅れています。有力選手の情報を流します。
雨のロランギャロ初日 僕に知っている限り初めてですね
女子シングルス
 J.エナン BEL (1) 名目ともNO16-4,6-4で勝利
 中村藍子 1セットは4-6と粘るも、完敗
 D.サフィーナ RUS (10)  7-5 6-4で接戦を
 S.ウィリアムスUSA (8) 全豪の覇者 若手に大苦戦5-7 6-1 6-1
J.エナンは離婚して、心も落ち着かせて
試合に集中。実力NO1
中村藍子選手、頑張りました
残念ですが
雨のクレーコート整備。
ご苦労様です

男子シングルス
M.サフィン RUS (22)コートの暴れん坊 復活は 6−16−3 6-1でまあ順調

5月27日 早朝レッスン、一般レッスン ジュニア
 今日曜日は、朝から上手な人が集まるので、レッスンも気合が入ります。お客様のリクエストを聞くのですが、
サービス、レシーブ、うれしいリクエストですね。今ロランギャロが始まっていますが、試合の50%はサービス、レシーブ
で決まっています。次のショットまで70%は終わっています。それを考えたら、テニスの練習は、サービス、レシーブと次
の2本で打ち切ってもよい訳です。

5月26日 ジュニア、一般レッスン
 男の子ばかりだったので、半面シングルスで、サービス、レシーブの総合力を。試合が一番強くしてくれます。
一般レッスンでは、ボレー・ストロークの練習をメインに。


5月21日 一般レッスン
 今期のラスト2週なので、試合に早く入る工夫をします。
 お客様には、「どれくらい試合をしたいですか?」と伺って、90分のレッスン時間を工夫します。
 僕のクラスは試合を好きな方が比較的多いので、30分とか、中には全部、なんてつわものもいらっしゃいます。
 まあ、30分くらいですかね。
 その代わり、ミニテニス、クロスコートラリー、サービス、レシーブと集中して練習していただきます。

5月14日 ジュニアのレッスン
 子供達に大好評のテニスで野球ゲームです。テニスの用具を使って、コートを挟んだ野球になります。
なかなか白熱して面白いですよ。
これは基本形です。余りラリーがつながらない子達同士の時に使います。2バウンドまでOK. 少し慣れてきたら、普通の形のラリーにしましょう。バッター側は、打ったら、次の打者もラリーに参加します。
右端のコーチが、打ち易いボールを出してあげます
3球まで打てます。初級は、中上級者は1級ですね
そしてファール、ネットはストライクとなります。
相手のコートに入ったら、相手とラリー開始
O君は2ストライクの後、賢くバットならぬラケットを短くもって
ヒット狙いです。そして、ラリーした結果、相手がミスをしたので1塁に走ります。


5月20日 大人のレッスン 早朝レッスンです。上級の方が多いので試合形式練習も面白いですよ。
 ダブルスの試合形式練習を多くします。ところがなかなかこれがつながらない。特にクロスに甘く入って、ボレーヤー
に取られるケースが多いですね。
 それを防ぐにはコートを斜めにイメージします。
こんな感じで、対戦相手を意識して、コートを斜めにイメージしましょう。
特にサービス、レシーブの時は、しっかり斜め向いてに構えます。
こうすれば,ストレートに行って、ポーチに取られて、仲間のボレーヤーを困らせることは少なくなります。



5月19日 大人のレッスン
 僕はミニテニスからの練習が多いです。ボール出しは初級の方までのフォームメイクにはよいですが、緩くても活きた
ボールをたくさん打つ。それでミニテニスですね。
 少しずつなれたらダブルス意識のボレーボレー練習に入ります。
僕はこんな形の一筆書きのラリー練習が多いです。その狙いは2つあります。
1:活きたボールを打つ。
2:ボレーボレーの速い展開になれる
3:コースを変えることを体で覚えて、試合の時の展開に備える


月さん日誌5月15日 森上亜希子選手プラハオープン、ツアー初優勝。R.ナダルクレーコート77連勝
 7日付の世界ランキングでは森上が60位でバルトリが24
位。女子シングルスでツアーを制した日本選手は伊達公
子、杉山愛ら過去6人しかいない。森上はこれまで05年の
ウエスタン・アンド・サザンフィナンシャルグループ.オープン
準優勝がツアー大会のシングルス最高成績。ダブルスでは
03年に1度優勝している。(共同)


プラハ・オープン(賞金総額14万5千ドル、クレー)は13
日、シングルス決勝を行い、第6シードの森上亜希子(日
本)が第1シードのM.バルトリ(フランス)を6-1, 6-3で下し、
ツアー初優勝を飾った。日本人のツアー単優勝は史上6人
目の快挙。

先週のエストリル・オープンでも腹筋を痛め棄権していたバ
ルトリは、この日の朝の練習で臀部を痛めており、「今朝の
練習で起こってしまったの。」とコメント。バルトリは昨年ツア
ー3勝をあげ、ランキングも17位まで上昇させたが、今季
はまだ優勝が無い。

運も味方して初タイトルを獲得した森上は、「マリオン(バル
トリ)が負傷していたのは知っていたけど、優勝できたのは
うれしい。」と語った。森上はこの優勝でランキングを60位
から43位まで急上昇させている。
ナダル独壇場の3連覇 クレー77連勝
 ローマ・マスターズ(賞金総額283万ドル、クレー)は日曜日に決勝を行い、第2シードのR・ナダル(スペイン)が第6シードのF・ゴンサレス(チリ)を6-2, 6-2のスコアで圧倒し、見事大会3連覇を果たした。今大会で3連覇を飾ったのは大会34年の歴史で初めてのこと。またこの勝利により、ナダルはクレーコートでの連勝記録を77に伸ばした。
 試合後ゴンサレスは「いいプレーができなかった、とかサーブがよくなかったとか言うのは簡単。でも別の理由がある可能性がある。そして最も重要なのは対戦相手さ。ナダルはときに相手にプレーをさせてくれない。」と、完敗を認めた。ゴンサレスは準優勝した全豪オープンでは準々決勝でナダルを倒していたが、クレーではさすがに力の差が出た。
 一方ナダルは、「今の自分はテニス人生の中でも最も調子がいいと思う。プレーもこれまでで一番いいし、とてもうれしいね。昨年は一生懸命練習を重ねたので、その結果が出たことは重要なことだと思う。」と、好調さを自覚するほどだが、ここ3年間はクレーはまさにナダルの独壇場。2005年4月以降クレーコートでは無敗で、同サーフェスでは13大会連続優勝。今月27日から始まる全仏オープンも3連覇をかけるナダルのプレーに注目が集まる。
 ナダルはこれが今季3度目のマスターズシリーズのタイトル。今季の成績は32勝5敗でクレーでは15勝0敗となっている。
5月14日 大人のレッスン
 今日は大人のレッスンのお話です。大人の方は結構ストレス解消で来られる方が多いですね。特に土日、夜間に来
る方はその傾向が強いです。ですから、気持ちよく打って、汗をかいて動いてもらって、終わってからの爽快感を、と考
えています。


月さん日誌5月10日 ジュニアのレッスン
 ジュニアのレッスンって楽しいですね。僕は大好きです。なんと言っても反応が早いし、いいですから。
 つまらないレッスンをしたらすぐにそっぽを向かれていしまいます。でも自慢ではありませんが、そっぽを向かれたこと
ありませんよ。子供達がどんなレッスンを望んでいるかすぐに分かります。

月さん日誌5月5日 今日は子供の日 子供の虐待をなくそう
 近所のJUSCOに行く歩道橋に楽しいモニュメントが。今まで気づきませんでした。車渋滞なので歩いて行ったから気
づきました。
並木のツツジと大渋滞 白いツツジ一番綺麗、派手 歩道橋のモニュメント 波
海老 今まで全く気づかず 蟹もいましたよ 見にくいですが、蛸です。魚も,泡もありました


月さん日誌5月4日 (金)テニス界も面白いことを考えるものです。R.ナダルはクレーコート72連勝。R.フェデラーは4
1連勝でランキング1位。それなら、半面芝で、半面クレーの試合をさせたら。そんなドリームマッチがスペインで実現し
ました。結果はセットカウント2−1でR.ナダル。第3セットはタイブレーク12-10ですから大接戦。
なんとYou tube に画像があるんですね。画像1画像2

面白い発想ですよね どちらが有利なんでしょうか トロフィーもハッピー
7-5,4-6,7-6(12-10) 大接戦、芝は弾みが変でした



月さん日誌4月28日 (土)今日からゴールデンウィークですね。僕ですか、レッスンとホームページ更新、メールマガ
ジン三昧ですね。腰痛にケアします。
お客様からいつもお届けしている花言葉カレンダー、壁紙にしたいとのご希望が。そこで、短期間ですが、このページ
にアップします。コピーされる方は、ご自由に。ご一報いただけると、嬉しいです。このカレンダー病院などで、癒される
と好評なんですよ。もう少し綺麗な画質をご希望の方はこちらまでメールを

月さん日誌4月26日 今日はT/Tテニスの科学の原稿のバックアップ分をホームページに載せました。

月さん日誌4月24日  モンテカルロオープン
モンテカルロオープン、景色最高、クレーの前哨戦 フレンチオープンの予測ですが。R.ナダルがR.フェデラーを破りま
した。64,64ですから接戦ですね。
男子ダブルスはブライアン・ブラザーズが連勝を伸ばしています。
R.ナダルが好調復活を この筋肉を見てください
さしものR.フェデラーもこの高い打点
で打たされていはね
そしてナダルのボールは大きく左右に
振ってきます

 テニスフェドカップは、フランス二惨敗でした。1セットは競っていたんですから、作戦でしょうね。格上ではありましたけ
れど
森上亜希子も頑張ったけれど 杉山と森田のゴールデンペアだったが


月さん日誌4月21日
 ジュニアからトーナメントクラスまでのレッスン。ミニテニスからラリー感覚を多くしています。

月さん日誌4月20日 親友田熊さんのブログ更新。☆風景画の塗絵サービス中
 お蔭様でブログのアクセス数が、1日150件を超えました。

月さん日誌4月19日
 テニス フィーリングのブログ更新。バックハンドストロークのコツです。http://tsukisan.cocolog-nifty.com/blog/
メールマガジン http://www.mag2.com/ 月さんのスポーツ上達法 ID 0000187766 をお読みください

月さん日誌4月15日
 早朝レッスンは試合形式練習を一杯やりました。雁行陣からの試合形式ですね。出来るだけ前に詰めて相手にプレ
ッシャーをかける。これがテーマです。


月さん日誌4月14日
 ブログ、メールマガジンをたくさん書いて更新です。マグマグのメールマガジン写真入なんですよ。
僕はバックボレーですが面を合わせています イギリスの若手A.マレィのフォアボレー。面が良いでしょう


月さん日誌4月13日
 ブログ、メールマガジンをたくさん書いて更新です。朝は少し早朝練習を。朝は気持が良いですね。
 親友田熊順さんの風景画の塗り絵も準備しました。いrといろやるの好きなんです。

月さん日誌4月12日
 今日は僕の定休日なので、大船のフラワーセンターへ花の写真の撮影に。ひすいかずら、美しいの一言。

月さん日誌4月11日
 試合形式練習を一杯やりました。クラスによるのですが、練習が好きな方と、試合が好きな方と。両方大事ですね。

月さん日誌4月8日
 スクール生の一人が無事に大学に入学、それにかこつけてテニスと飲み会です。動く練習をしたいとの事で、8人だ
ったんですが、動きましたよ。こうやって、レッスン中、動いてくれると、上達しますよ。

月さん日誌4月7日(土) 今日はジュニアから始まって、上級間でのレッスンのをしました。9時半の時間は上級者で
お客様がお二人でしたので、シングルスやりましたよ。集中力も高まりますし、面白かったですね

月さん日誌4月6日(金)、
 テニスコートの正しい大きさ、正解はCです。結構縦長でしょう。コートの選び方でテニス心理が分かります。
テニスの雑学のリンクのページをご覧ください。

月さん日誌4月5日(木)、今朝は青空で気持いいですね。実家で雑誌の原稿を書き上げます。予定です。頑張るぞ。
そうそう、皆さんダブルスのコートの大きさをどのように考えていますか?
本当は、白紙に描いてほしいのですが。
 まあ、次の中の4択でもいいでしょう。イメージで答えてみてください。


 
実は、答の中に、皆さんの描くダブルスのイメージ、ショットの好き嫌いがはっきりと出ます。
 答えは明日。描きますね

月さん日誌4月4日(水)、スポーツクラブで、久しぶりにスイミング。バタフライを始めました。腰痛で、フリーしかしてい
なかったので、新鮮な気持。張り切りすぎて、腰痛にならないように注意して。
月さん日誌4月3日(火)、雑誌の原稿書きです。まあ、順調

月さん日誌4月2日(月)、今朝は初心者の方から順番に上級者までのクラスです。
僕のクラスの方は、何故か試合が好きですね。
雁行陣の試合形式練習の中で,ボレーヤーがどのように動くかを整理しておきましょう。


月さん日誌4月1日(日)、今朝は早朝レッスン。皆さん、ご希望のメニューを持ってこられるので、レッスンが楽です。
 Sさんドロップボレー そのための練習を組みました。
 Aさん、永遠のテーマ、サービス。今まではスピード勝負でしたが、2ndサービスなどコントロールが良くなってきまし
た。スピードを落として、回転を掛ける要領をマスターされたようです。
 Mさん。よく動き回ります。これで前にもう少し詰めてくれたら、ダブルスが楽になります。
 初参加のKさん。初めての参加で、皆さんの速さに圧倒されたようです。でも慣れれば、すぐに上達しますよ。
 レッスンでよくお話しする、ボレーヤーの動きの説明です。これが中級までの方はなかなか理解できないようです。
ボールの行方に合わせて、ボレーヤーは前後(正確には斜め前後)に動きます。
上手くボールと同調して動けると、面白いよ
うにボレーのポイントがとれますよ。

月さん日誌3月30日(金)猪苗代スキー場にいた間はホームページの更新を出来ませんでした。その分昨日、今日で
大更新です。メールマガジン8誌出しましたよ。表紙の僕の滑りと、T・ヘンマンのサービスは技術のページに入れて紹
介します。

月さん日誌3月28日(水)月さん猪苗代スキー場から帰宅。ジュニアレッスンで、携帯で撮影しました。
総勢35名。上級のクラスから初心者まで6名のコーチで。最終日はITメダル検定までしました。心配された雨も無く、
バッチリ滑りましたよ。もちろん夜は月さんのバンドとゲーム大会で、大盛り上がり。
春の磐梯ひじかたスキースクール
ジュニア 朝の体操風景 元気一杯
猪苗代スキー場の全景。道路は雪無し
ゲレンデ雪質良しで最高
久しぶりの初心者クラス。 初日遠藤コーチに
手伝ってもらい、最初の2時間で、リフト2回
ボーゲンスイスイ。
磐梯山をバックに滑る4人。スキーをして2時間目
なんて信じられないでしょう。コーチが良い!



月さん日誌3月23日(金)月さんの高速移動撮影のビデオをアップしましたよ。スリルありますよ。80キロは出ていま
すね。大転倒で、両スキーがバラバラに空中に飛びました。こんなの20年ぶりくらい。怪我しないように、ご用心。

月さん日誌3月22日(木)滝澤選手の動画がやっと僕と摩り替わらなくなりました。良かった。
僕のメールマガジン 月さんのスポーツ上達法、マグマグでブログになっていました。毎回書いているメールマガジン
をそのままブログにしてくれるサービスだったんですね。html形式のメールマガジンで書くのが大変だなあ、なんて思っ
ていましたが、凄い進歩。IT中毒でいながら、IT音痴を暴露してしまいました。
 これから活用しますよ。いろいろアイデアが出てきましたから。
ちなみにM.シャラポワこんなイラストで紹介です。M.シャラポワの調子がよい時のサービスです。高い打点と最初のトロ
フィーポジションを意識してみてください。イメージトレーニングに最高の画像でしょう。


月さん日誌3月20日(火) スキークロスの滝澤選手の動画が、毎回僕の滑りにすり替ってしまいます。意識的ではあ
りませんので。(^_-)〜☆ なんでかなあ。もう一度やってみます。
 もうひとつのホームページ、テニス徒然草を動画配信ができるように、頑張っています。

月さん日誌3月19日(月) 今日は、初級者から上級者までいろいろなクラスをレッスンしました。
 僕はボール出しはあまりしません。ラリーの方が多いですね。ボール出しはお客様が、予測をして、ボールを待ってい
る状態が多いんです。これってスポーツっぽくないでしょう。
 スポーツは、予測、瞬時の判断力など、意識決定のゲームですから、ラリーの方が、自然な予測力がつきます。
 試合形式練習が多いのですが、そんな例を紹介します。

月さん日誌3月17日 (土) 午前中はメールマガジン9誌、ホームページの更新。その前の材料つくりが楽しいです
ね。iMAC様、様です。NV−GS400でビデオを撮影、MVP2000で加工。iMACで画像を作って、ウィンドウズでアップ。
何か個人プロダクションのような気がします。楽しいですよ。分かりますか? トップスピンとスライスの動き方の違いを
イラスト化したものです。このフィーリングをつかんでもらえたら、テニスは簡単ですよ。

月さん日誌3月16日 今日は久しぶりに、滝川先生(なかなか教え上手で素敵な方です)の体調整運動に参加。
僕の股関節の硬さ、膝の痛さで辛かった。なぜかテニスとスキーでは痛くないんですよね。それはともかく、滝川先生
の、揺る体操の感覚を少しずつでも身に付けようと頑張っています。
 テニスの基本イラスト完成しました。これから基本テクニックのコーナーに順次紹介します。
スライスロブです。スウィングの軌道
面の作り方を
トップスピンのバックハンドです。
膝、足首を曲げ伸ばす。面は垂直ですよ。


、なかなか分かりやすいでしょう。

月さん日誌3月15日 確定申告の日です。今年もぎりぎりでした。生活がぎりぎりだからかなあ。
今回、親友の橋さんのイラストでスキーのフィーリングを紹介します。こんな感じです。スキーの基本技術のところにあり
ます。必見。スキーのイメージが一発で分かります。
なかなか楽しいでしょう。このチマチマ感が何とも言えません。

月さん日誌3月11日 早朝レッスンの日 早朝レッスンでは、リクエストを持ってくる方が多いです。今回のリクエスト
は、Kさんのフォアのスライス、Sさんのドロップボレー、Kさんの永遠のテーマサービス。そしてYさんのフォアハンドスト
ローク。です。
 最初の1時間は集中して練習です。フットワークを意識して,スパニッシュXやりましたよ。かなりばてたようですが、こ
れくらいやら無いとフットワークの練習になりませんから。

月さん日誌3月8日 メールマガジンの日 ホームページ更新用の、画像、イラストを取り込んでいます。iMACとウィ
ンドウズの両方を使うのですが、画像はiMACがはるかに楽です。通信はウィンドウズですね。、この人こそ、知る人ぞ
知る、山本勘助。です。風林火山では格好いいですよね。戦略家です。彼の戦略を使ったダブルスの作戦を書こうかな
と。

月さん日誌3月6日 僕の定休日です。
 こんな日こそ、早起きです。ホームページ、ブログ、メールマガジンと更新。携帯用のホームページも作ります。毎日
が楽しい月さんです。
 昨日のレッスン、試合をたくさんやりました。いつものレッスンでサービス、レシーブを沢山やっているので、安定して
サービスが入ってきます。ショートクロスも結構上達しましたね。目標を持って練習すると、必ず上達します。手ごたえを
感じています。そうそう、TTテニスの科学とインターネットサイトのテニスコートの連載原稿をアップしてから、スポーツク
ラブでスイミングです。

月さん日誌3月5日 滝澤選手画像入れ直し 
 僕のアップした、スキークロスの試合の内容が、僕の滑りになっていたみたい。故意ではありませんので。
早速入れなおしました。報告してくれたIさん有り難うございました。

月さん日誌3月4日 滝澤選手への応援。
 ブログでスキークロスのワールドカップで優勝した、滝澤選手の事を書きました。反応が少なかったので、と思ってい
たら、数日して、応援のメッセージをたくさん頂きました。有り難うございました。
 そうですよね。ワールドカップですよ。ワールドカップで優勝したんですから、もう少しマスコミも扱って欲しいものです。
 僕がXゲームのページを、このホームページで作ります。宣言します。Xゲームと言えば月さん、そう言われる様に頑
張ります。
 今日、ジュニアのレッスンがありました。僕はジュニアのレッスンが大好きです。子供も大好きです。ところが、今日来
た子は、いう事を聞かなくて、「レッスンをしなくていいから休んでいなさい」、「キミ、言う事が分からないのであれば後ろ
で座っていなさいと」、注意しました。危ない場所にいるし、他の真面目にレッスンを受けている子がかわいそうです。3
0数年レッスンをしていて、初めて親には電話します。僕のジュニアのレッスンのイメージはこんな感じです。


月さん日誌3月1日 桜の便りが 暖かいですねえ。
 スキークロスの放映がありました。上村愛子選手の母とこの物語に、ちょうど一緒の形で録画されていました。それを
IEEEでデジタルビデオカメラに戻して、パイオニアの過ぎれた点です。それからMVP2000でパソコンに入力して、DVD
作成ソフトでweb用に。ああ、面倒くさい。でもこれもサイト訪問者のためと思えば、エンヤコラ。
テニスでは雁行陣の動きをもう少し詳しく。



月さん日誌2月27日 今日は一気に快晴。日中は穏やか。夕方から寒くなりました。
 猪苗代スキー場では南東北のデモ選、ひじかたスキースクールのメンバーリラックスして楽しんでください。猪苗代ス
キー場の振り子坂。デモですから、一人で独占して滑れるなんて最高ですね。大回り高速パラレルターン。切り替えの
早い高速ウエーデルン。
 テニスの方では、初心者の方が一気に急上昇で上達です。そのヒントは、ポーチボレー。えっ、初心者でポーチボレ
ー?
だれでもそう思いますよね。お客様が、ボレーだとどうしてもラケットを振り過ぎてしまうんです。そこで、アイデア。「そう
だボールが速ければ、ラケットを振る余裕が無い」
 大成功、僕が速めに出したストロークに対して見事にボレー、しかも面をしっかり作って、ブロック。大成功。
ちなみにダブルスの時のサービス型のボレーヤーの動きを説明した良いイラストがありました。
お分かりでしょうか。ボレーヤーは横ではなく、斜め前後に動きます。
相手にボールがある時は前に詰め、攻撃準備。仲間が打つ時は、少し下がって相手のボレーヤーの動きをみます。


月さん日誌2月23日 今日は冷たい雨。イメージトレーニングの日です。
 スライスにイメージを沢山アップしました。学研TTのテニスの科学もサービスのコースの部分アップしましたよ。P.サンプラスのサービ
スのコースについて解説しています。そうそう、P.サンプラスがシニアの試合に出るとか。強いでしょうね。
こんな感じでグリップ確認。500円なら落とさないでしょう。

月さん日誌2月20日 テニスレッスン 試合形式練習を多く
 初心者の方ですが、ピアノと、歌を歌われる方がいらっしゃいます。この方は右脳タイプで、僕のフィーリングレッスンがぴったり。
色々動きを見せる事で、どんどん真似をしてくれます。打った時の感覚もシャープな方なので、上達も早いですね。
 今日も、初心者にもかかわらず、ボールの回転を意識してもらいました。トップスピンとスライスですね。
 最初は戸惑いましたが、器用に打ち分けて頂きました。やった、成功!


月さん日誌2月16日 スキーレッスン FIS スキークロスワールドカップ イン猪苗代スキー場
 滝沢選手が優勝しました。白熱のレースを間近で見れて感激、興奮しました。友人がビデオで撮影していますので、入手して、紹介
します。雰囲気を紹介します。これはヨーロッパです。

これは違う種目です。滝沢選手とスキークロス情報を集めて紹介します。
お待ちください。



月さん日誌2月14日 スキーレッスン 埼玉県立鷲宮高校元気なお嬢様たちをれッスン
 明るくて、楽しい、元気一杯の学生さんでした。皆運動部ですので、動きは良かったですね。
バレー部、テニス部、そして吹奏楽部でした。デュースから皆さん協調性がありました。
誰かが転んでも、ちゃんと次の人が止まって手伝ってあげる。そのために転んだ子も多かったですが。
凄く嬉しい光景ですね。
 丁度同時に、アルカディアと言う不登校の子たちの学校のレッスンもあったのです。そこの担任の先生とリフトで乗り合わせてお話を
しました。自然と触れ合うと、子供たちが、大きく変わるようです。
 去年一人の子は、完全に引き篭りの状態だったそうですが、2泊3日のひじかたスキースクールに来て、目覚しく変わったそうです。
それまでは食事も上げ膳、下げ膳で全く部屋から出なかったそうですが、講習のあと、皆と話が出来るし、活発になったそうです。卒業
式の式辞で、「スキースクールで僕は変われました。今考えると、あの時の引き篭もっていた自分は、なんだったんだろうと思う。これか
らの人生で、その分を取り戻して生きたい。もう、出席者から、父兄から涙の嵐だったそうです。

月さん日誌2月13日 ダブルス上達のコツはボレーヤーの動きにあり
 ダブルスの難しいのが、ボレーヤーの動きです。ストロークが好きな方って,ボレーはどうしても苦手になりますが、ポイントの得点源
はボレーです。ストローカーが後ろでつないでいる時に、ボレーヤーはしっかり動いて、相手を牽制、プレッシャーをかけましょう。要する
に相手の二人をイライラさせるのです。皆さんだって、相手がチョコマカ動いたら嫌でしょう。



月さん日誌2月9日 ダブルスで難しいのが右サイドからの相手のバック狙い
 レッスンでは、ほとんどの方にダブルスを教えますが、右サイドからのサービスのコース狙いが難しいですよね。コートのサイドからセ
ンターを狙うと、簡単ない、相手にフォアに回り込まれてしまいます。そこで、こちらも多少センター寄りにセンターを狙うと、センター、ツ
ウ、センター、略してCCセオリーと言いますが、結構楽になります。その代わり、右があくのでカバーが必要ですよ。右はフォアだから
自信あるでしょう。

月さん日誌2月7日 八景インドアテニススクールでレッスン
 軟式キャリア38年の方が、硬式初めてと言う事で、体験レッスンに。上手い! 軟式を無視して、新たな気持ちで、硬式をキチント指
導を受けたいとおっしゃるので(その時点でかなりの謙虚さです)。グリップから指導しました。感心しました。あらゆることが硬式で出来
ます。特にボレーは、普通、かなり、軟式の癖が抜けないものですが、面を作って、バシッとしっかり振り抜いてきます。ストロークも軟
式の癖は全くなく、素直なナチュラルトップスピンのボールが唸りをあげて飛ぶように。
 僕は、中上級者、いいぇいいぇ、上級者もすぐですよと、お勧めしたのですが。ガンとして、基本からと。
昔の方は基本を大事にしますね。感心しました。

月さん日誌2月5日 すみません。5日も書いてなかったんですね。
 東レパンパシフィックの盛り上がり凄かったですね。M.シャラポワの人気も凄いけれど、さすがM.ヒンギスですね。多彩、テクニッシャ
ン、見ていて楽しい。技を見る気がしますから。これは、アプローチショットですけれど、体のバランス感覚がいいですね。
 それから感心したのが、A.イワノビッチの笑顔です。今まで、いろいろな写真を見てきましたが、インパクトで笑顔が見
える人は彼女くらいですね

月さん日記 1月31日 今日は横浜のテニスの試合紹介ページを作成 予定です?
 八景ITSにはいろいろな試合会場からの案内が来ます。これを見るのにホームページが絶対に便利だろうなあ。そう思い、作る事にし
たのですが。間違いがあったら大変だし、項目分けも。そんな時に、即実行が僕の偉いところです。今日中に作るぞ。乞う! ご期
待!!
 M.シャラポワのサービスです。新しい形ですね。サーブ&ボレーヤーではないのに左足着地で、右足が大きく後ろに伸ばされていま
す。これって、速球派投手の投げ方と全く一緒。



月さん日記 1月30日 オーストラリアンオープン総括編
 オーストラリアンオープン楽しみました。男子ではR・フェデラーの上手さ、特に試合をしながら相手を観察して、弱点を見抜く強さに感
激です。女子では、S.ウィリアムスの強さは凄かったですが、M.シャラポワがサバサバと、相手の強さをほめていました。大人になりま
したね。これから彼女一皮向けますよ。





月さん日記 1月30日 オーストラリアンオープンR・フェデラーがMr.ハードヒッターF.ゴンザレスを一蹴
 R・フェデラーとラリー面白かったですね。息も付けない展開の早さ。好対照は、ネットプレーで確実にポイントを稼ぐR・フェデラーです
ね。ネットプレーのプレッシャーが大きい事を証明してくれましたが、A.ロディック戦での、R・フェデラーのパッシングショットは見事。絵
に描いたように、白い弾道が、エースとなって抜けていきました。

雄たけびで勝負です。 バックハンドストローク、二人とも強烈!




月さん日記 1月27日 オーストラリアンオープンS.ウィリアムス快勝
 いやあ、強かったですねえ。インタビューで、負けたM.シャラポワが、本当に強いチャンピオンが復活した、とほめていました。最後の
サービスは195キロですよ。凄い。決勝までのサービスエースも60本を越えています。これは女性の記録ではないですね。
猪苗代スキー場の美しい写真を紹介します。ああ、滑りたい。



月さん日記 1月26日 今日は東京スポーツレクリエーション専門学校卒業研究発表会
 日比谷公会堂にて、TSR学生の研究発表会です。代表チームは、テニスと色の研究をした、吉池君チーム。後半凄く頑張って、テニ
スインストラクター科の代表を射止めました。
 同時進行で、卒業研究を指導しています。
1:高速サービスの研究では運動連鎖から、サービス力アップを。研究しながら実際にサービス力が上がりました。研究の内容がその
まま効果的と言う事です。バイト先のレッスンに活かして欲しいですね。
2:フォアハンドストロークの研究 R.ナダルなどトッププレーヤーの打つ、エッグボールに憧れて、マスターしようと挑戦。打ち過ぎて、
肘を痛める学生も。トッププレーヤーの体力を考えて練習しないと、障害が起きる良い例と、結果的になりました。
3:ストリングス研究、ポリエステルなどの素材と、張り方による打球感の違いなどを調べています。
4:振動止め研究 振動止めの効果を調べているうちに、テニスエルボーの研究に。そうなんですよね。僕はテニス人口の2割はテニス
エルボーで悩んでいると読んでいます。潜在テニスエルボープレーヤーは後3割。重要な研究です。
5:各種スポーツとテニス。ゴルフ、野球、サッカー、スキーなどとテニスの関係をと調査しています。
6:血液型とメンタルタフネス 僕自身は血液型性格判断は信じていませんが、学生達は真剣です。
7:スーパーショットをマスター。テニスの王子様のスーパーショットをマスターして、さらに新しい技を研究。日本の子供達がテニスに興
味を持つには? の発想から生まれました。
8:そして代表チーム テニスと色の研究です。目標としてのコーンの色によって、ショットの確率がどれくらい上がるかを、実験で検証
しようとしています。コーンの色は、青か、黄色が良いみたい。赤は余り良くないようです。

月さん日記 1月23日 今日はお休みなので、ホームページの日です。まずオーストラリアンオープンの進行を確認して、テニス
徒然草にドロー注目のカードを紹介して。F.ゴンザレス勝負が上手くなりましたね。去年まではフォアのひたすら強打が目立つだけの豪
腕テニスだったのですが、地元大声援のL・ヒューイットを撃破、昇り竜のJ.ブレイクも破りました。


月さん日記 1月22日 今日のレッスンは楽しいですよ。初心者から始まって、中上級者、初級者、上級者へと行きますから、1
日でいろいろなレベルの方と一緒にテニスができます。風邪で休まれた方がいらっしゃるので、心配です。皆さんもご用心。休養と、栄
養、ビタミンCですね。僕はミカンが大好きなので、大丈夫でしょう。
 今日の初心者のレッスンでインナーテニスで大成果。彼女はバックの両手打ちガイマイチだったのですが、敢えて、ミニテニスのスラ
イス感覚を練習する事で、ラケット面にボールが楽に乗って、運ばれるようになりました。
 でも面白いですね。僕は楽な打ち方で、5−6回分上達したと思ったのですが、本人は、余り打った感じがしないと。明らかにネットミ
スが減って、ボールがネットを越え、ラリーが続いたんですが。
 オーストラリアンオープンクイズの締め切りなので、お客様にアドバイスを。


月さん日記 1月20日 今日は八景インドアテニススクールにてレッスン。
オーストラリアンオープン掲示板に大幅書き込み。男女シングルス、ダブルスのドローを書き込みました。シングルスは3回戦まで来て
います。ダブルスも進んでいますね。昨日の対戦好カードA.ロディック対M・サフィン 結果的には3−1でA.ロディックが勝ちましたが、
どちらに流れてもおかしくないない展開でした。M・サフィン今年は期待できそう。
まずは二人のショットをご覧ください
才能溢れる二人ですが。最近どうしたんでしょうか? 心がねえ。メンタル.タフネス


月さん日記 1月19日
オーストラリアンオープン掲示板に大幅書き込み。中村藍子選手がM.ヒンギスと対戦しますね。彼女の強気のハードヒットで、M.ヒンギ
スを守勢に回せれば勝ち目はあります。ラリー戦、必死。

月さん日記 1月18日
 オーストラリアンオープンのドローミックスダブルスまで全部出ました。これでクイズの対応が万全ですね。
テニス徒然草 http://homepage1.nifty.com/tennimoonski/ 掲示板に更新です。

月さん日記1月17日
田熊さんのホームページ完成しました。見てくださいよ。

月さん 日記 1月10日
 今日は友人の画家田熊順さんの所に新しいホームページのことで相談に行きました。
京浜急行の屏風ヶ浦で絵画教室を開きます。その案内のホームページを作ります。楽しみにしてください。
今はiMACを起動して、猪苗代スキー場の写真のまとめをしています。
ホームページは容量の制限があるので、写真をいろいろ細工して載せる必要があります。その細工も楽しいのですが。一度iMACのほ
うに行きますので閉じますね。まずはヴィライナワシロ前の集合場所です。町営ゲレンデですね。
磐梯山がクッキリ。子供達を迎えてくれます



そして出発準備です



次はクワッドリフトを上がって、猪苗代湖を見下ろしているシーンです。雄大でしょう。


お昼はおいしいですよ。仲間と食べる昼食は格別です。そう言えば、朝食の時は月岡コーチがピアノを弾いていました

月さん 日記 1月9日 
 久しぶりの休み、テニス、スキー休みです。でもTTとテニスコートの連載原稿を仕上げなくてはいけないので、締め切
りのスリルを楽しんでいます。
 忙しくなると、ほかの事をしたくなるのが不思議ですね。締め切り近くは、優先順位が逆転してしまいます。
 でもそれも、自分かなと、スリルを楽しんでいます。
 今日は猪苗代スキー場ジュニアコースレッスンの、箕輪スキー場の写真をアップします。
 出来るだけ多く紹介したので、写真を合成しています。写真には番号が振ってありますから、僕にメールアドレスをお
知らせください。
 ご希望の大きさの写真をメールで送ります。

月さん 日記 1月6日 
 昨日猪苗代スキー場から横浜に。猪苗代スキー場でスノーボードで滑りまくり、
ジュニアレッスンのミーティングで吉田さんとセッションを。お客様でフルートの上手な方がいて、一緒に演奏。
午後8時まで猪苗代スキー場にいて、そこから一気に新幹線で東京に
 東京、横浜と最終だと言うのに、通勤電車のような人ごみでした。都会の人は元気ですね。
さあ、今日はホームページの更新頑張りますよ。
ひじかたスキースクールのステッカ
おーい、今年も一緒に滑ろうぜ!


猪苗代スキー場のジュニアの様子を載せますね。






月さん 日記
おはようございます(^○^)♪ 今日は12月23日(土)祝日早朝レッスンをしてきました。朝日が出て気持ち良かったで
すよ。昨日は忘年会で日比谷の日本料理と、鳥銀でそして今日はテニスですから満足です。

今日のテニスは試合を多くやりました。練習では、インドアでは練習できない、中ロブとムーンボールをダウンザライク
ロスコートと分けて練習しました。そして、ボレー・ストローク、ロブとスマッシュそのコンビネーションをかなり練習です。

次のページへ
戻る
戻る