本日のレッスンメニュー

テニス肘から体を守ろう 新しい振動止め VIBECUT
テニスコーチのための手帳、ノート作りました。ルーズリーフですからどんどん新しくできます
 持ち歩き便利な手帳は、ポケットサイズ、A5サイズ。記録に便利なA4,B5サイズ
 カレンダーはご希望の月から始めることができます
  テニスも仕事と同様、目的を持って、優先順位を決めて練習しましょう。時間は有限ですから
テニス手帳、テニスノートの目的別紹介
 お役様のご要望に合わせて調整する セミオーダー式のテニスノート

上達のためのレッスンカード ポケットレッスン シリーズ
試合に勝つために
  シングルス編       シングルスに勝つためのヒント
 ダブルス陣形編      ダブルスはペアリングと陣形
  勝利の法則シングルス  必勝パターンを作る
 勝利の法則ダブルス   ダブルスの連係プレーを

心技体のテクニック
  メンタル.タフネス向上   心技体の心、強くも、もろくもなる心
  トップスピンマスター  憧れのトップスピンヲガンガンかけて打ちたい
  サービス力アップ    サービスの指導に自信あり

ジュニア用  お子さんの指導には、子供好きのコーチが。
 ジュニアマナー編    テニスはマナーのスポーツ、強い子はマナーがいい
 ジュニア技術編     小さい頃からスポーツライクなテニスを

今なお現役のレッスンコーチ月さんの1日の活動です。
テニス、スキー、スノーボード、をスポーツとして教えています。
 ブログで テニス フィーリング、展開しています。お読みください
登録はメルマ  でどうぞ。月さんのレッスン日誌 で登録できます。
よろしくお願いします


 新しく日曜日の大人のレッスンに入っています。今まで、日曜日はジュニアだったのですが、
レッスンの入れ替わりで、担当していた子供たちに合いますが、ちょっぴり残念ですね。
 大人の一般クラス、土日のの方は、ストレス解消のためにテニスされる方が多いですね。
 ですから、動いて、思い切りよく打って、汗を流して、
 ストレス解消していただけるメニューを考えています。
 でも、少しずつ、効率よく、ラリーをつなげるテニスを、それとなく指導しています。潜在意識に
入ってくれたら、いいのですが
 だって、ラリーが繋がって、展開ができたら楽しいじゃないですか。


 6月から八景ITSのレッスンに復帰。身体が動くっていいですね。
 急性ヘルニアで1カ月の入院2か月の事態く安静でした
 痛くて辛かったですが、得ることも多かったです。
 奥さん、家族の優しさ。友達のありがたさ。看護婦さんの優しさ。
 お陰で、自分の生活環境を変えることができました。

 車を止めて、自転車、脚で
 食事、生活をルーティーン化 決まった時間に
 優先順位を決めて、焦らない
 早め早めの準備と行動

 あっ、これって人生と全く同じですよね
 入院に感謝です。

テニス フィーリングブログに紹介した、レッスン関連の記事
 ロランギャロから ストローク戦の試合分析

New良いコーチになるために

 今日から少しずつ、良いコーチになるためのアイデアを、紹介します。
 レッスンの基本コンセプトを持ってください。
 僕の場合は、絶対に 「楽しく、明るく 」です
 そのためには、コーチの元気さが一番重要。体調管理をしっかりと

 コーチと言えばボール出し、ドリルが命です。
 選手として強くなくても、ボール出し、ドリルのアイデアが豊富であれば、
 良いコーチになれます。名選手、必ずしも名コーチならず です。

 選手として強いことも大切ですが、勝ちたい、勝ちたいとテニスを続けて来た人と、
人を上手にしようと、思う人とでは生き方がまったく違いますから。

良いコーチになるために NO1 

 八景インドア・テニス・スクールで元校長の経験から
 ボール出しの上手さでレッスンのスムーズさが決まると行っても過言ではありません。
たかがボール出しですが,上手くなればかなり状況設定が可能です。試合の雰囲気も出せます。
ボール出しの研修会を良く開きました。その内容、要点をまとめます

 1:ボール出しのポリシー

 2:良いレッスンの基本は,思いやりのあるボール出しにあります。
  お客様が気持ち良く,リズミカルに打てるボール出しをマスターしましょう。

 3:何のためのボール出しかをいつも意識してください。
  お客様に調子を出させる。
  お客様の欠点の矯正 無理強いはだめですよ。お客様が求めるならば
  試合前の調整,ウオームアップ,などなど目的に合わせてください。

★☆★  レッスン 基本編 ★☆★
 明るい声で,元気つけながらボール出しをお願いします。
 ボール出しの前に,何のための練習かの説明と何球打って,
 どうローテーションするのかの仕方を説明しておいてください。
 お客様は順番を結構気にするものです。
  月さん:面白いですよね。打ち方よりも、順番が気になる方が多いのはどうして?
  打ち方の説明よりも順番を気にされる方、特に女性が多いですね。
  最初になると、何か間違いをしそうな気分になるのでしょう。
  その方たちは、比較的マイナス思考なので、引っ張る必要があります。

 コーチの最初の話を理解して、順番を気にしない人たちが上達が早いです。
 ただし、タダ自分が打ちたいだけの1番希望の方は、内容を理解していない可能性があります。
 ご用心。

 人数が多い場合は,効率良くレッスンするために,順番を決めますが、この順番が問題ですしかし,
 基本的には名前を必ず覚えてください。
 テニスコーチはサービス業、顧客志向です。
 レッスン前にお客様の名前を確認しておくと良いでしょう。

 少なくとも最初の、2,3番までの方は、要領を分かっている方に、やってもらえると、
 デモンストレーションにもなります。
 それが難しい場合は、コーチが、ボールを自分で打って、見本を示す必要があります。

 お客様にショットのイメージを伝えて見せます。
 インドアでしたら、壁打ち,ザントス(知らない方が多いかなあ)を活用してください。
 鏡があれば最高ですね。
 自分で自分を知ることが大事です。
 それには、ビデオが一番ですが。撮影を嫌がる女性は多いです

 外のコートでしたら、お客様の先頭に立ち、デモンストレーションを、ゆっくり、わかりやすく示しましょう。

 各種練習の位置付け 初心者、初心級編

  ラケッティング  →  バウンスアンドヒット →ボール出し  →

  ラリー      →ここから先はレベルで異なりますが

  試合形式       →試合

★☆★  レベル別レッスンの注意点 ★☆★ 

 初心者編  何しろ楽しく。笑顔がこぼれるレッスンを

初心者レッスンのポイント

 1:明るく楽しく元気良く

 2:ボールに慣れる 

 3:専門用語は使わない

 今日はレベル別のレッスンの注意点を上げてみましょう。
 テニスコーチはお客様あっての仕事、サービス業であることを肝に銘じてください。
 ですから、お客様の立場に立って、満足できるかどうかを、見れること、
 レッスンをしながら判断できることが重要です。

 マニュアル通りのレッスン。僕は好きではありません。
 これは管理する側から言えば、やりやすいのですが、お客様は、それこそ百人百色、
 いろいろなご希望を持ってお見えです。
 その百人全員とは言いませんが、98人を楽しませることがプロですね。

 コーチと言うと、「話が上手くなくては」そう、悩むコーチが多いようです。
 心配後無用、貴方に、誠意があって、努力する人であれば、お客様は必ず認めてくれます。
 テニスが抜群に上手くなくては、試合経験が豊富、そんな心配もコーチにはありますよね。
 でもお客様は試合に勝ちたい方、ばかりではありません。
 楽しく、テニスを覚えたい。気持ちよく汗をかきたい方が多いのです。
 そんな観点から、レベルごとのレッスンの注意点を出していきましょう。

★なにしろ楽しさ第一、初心者編

 初心者といってもピンからキリまでいらっしゃいます。
 運動経験のある方は、すぐにテニスに慣れますが、運動経験が無い方、年配の方、
 そんな方には優しい気配りが必要です。
 まず、コーチとして、お客様のお名前は、完全に覚えてください。そして名前で呼んで、アドバイスです。

 初心者ですから、何でも教え込もうとするのは、大変です。お客様にも負担になります。
 テニスが楽しい。気持ちよく汗をかける。お友達が出来た。そんな雰囲気つくりが重要です。


 僕は、グリップの持ち方とか、フォームとか最初は余り言いません。
 お客様の持っているグリップで、気持ちよくボールを打ってくださいと、話します。
 余りにも、手に負担が来そうだったり、当たらないようでしたら、これが基本の持ち方ですと、
 教えますが、知らずとも、お客様が握った持ち方が最初の自然なんですから。

 運動経験の少ない方がいらしたら、
 テニスボールを使ってワンバウンドのキャッチボールをするといいですよ。
 ボールの弾む感じを覚えてもらいます。
 ボールをとりに動くことで、体の入れ方、自然なフットワークも覚えてくれます。

 最初にラケットを短く持って、ネット無しでのミニテニスが出来れば最高です。
 意外と、これが難しいです。ミニテニスができる方は運動の調整力がある方です。
 バカスカ打つ方がいたら、ボール出しで気持ちよく、打たせてあげてください。
 壁打ちでもいいですね。ラリー感覚を覚えるには最高です。

 ラリーするのが難しそうでしたら、コーチがボールを手出しで打ってもらいましょう。

 最初は、後ろからボールを軽く弾ませて出してあげて、お客様は、
 そのボールを追いかけるように打ってもらうと、楽にボールが飛びます。

 フォロースルー(そんな言い方はしなくても良いですが)しながら、
 「ラケットで飛んでいくボールを追いかけてみてください」。
 そんなアドバイスが有効です。

 僕は比較的早くからサービスの練習を入れます。
 それはレッスンに来られたお客様は、友達とコートでテニスをする。
 その時にサービスが少しでも打てたら、試合が出来る、そんな考えからです。
 サービスの練習は、早目に始めないと、肩を回すイメージをつかめません。
 後で修正するのは至難の業になります。

 サービスと言っても、最初は遠投の感じでボールを遠くに投げます。
 女性には、特にこの練習は必要ですね。

その時に投げる前に、ボールを持った手を、頭の後ろに回す(将来肩を回すためです)ことを
 意識して投げてもらうと、いいです。

 ボール出しでスマッシュ(本格的ではありませんよ。
 上からラケットが出る感じを覚えてもらうためです)やってもらってからサービスに入ります。

ボレーはラケッティングのラケット面を表裏で打つ練習くらいで余り触れません。

初心者レッスンのご教訓

 1:お客様に楽しんでもらう

 2:自然に、教え込まない

 3:感覚を伝える

レッスンの基本 ストレッティングの効果

7月5日   ボレーでどうも振り過ぎてしまう、と悩んでいる方

7月4日   ダブルスは陣取り合戦★

7月3日   ショートクロスの練習 1,2

6月8日   いろいろなスポーツの上達法

6月7日   初級から上級のクラスの楽しいレッスン

5月3日   外のコートで早朝レッスン シングルスとダブルスの展開を作る

5月2日   初級、中級の違い 
       「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」
       山本五十六の言葉から
5月1日   初心者のレッスン。基本とは

4月28日  ジュニアのレッスンについて

4月24日  早朝レッスン、やる気がある人が多いから、効率良くレッスンが進む

4月23日  いろいろレベルのレッスン

3月31日   ダブルスの意識

3月24日  ラリー練習からの練習バリエーション 

3月11日  早朝レッスン 目的を持とう  

3月10日   試合に勝つには

3月9日   中上級者のレッスン 初級者の方に見習って欲しい点

3月7日   ミニテニスでフットワークを

3月3日   フォアのスライスの効用 鈴木貴男に学べ ショートゲームでダブルスに慣れる

3月1日   試合形式練習で動く、動く

2月24日  「軸の安定を保つ」陣形の意識

2月17日  サーブ&ボレーを活用

校長の代理レッスン  2月10日 土曜日

上級クラスの展開   1月29日 火曜日

☆レッスンの基本 ストレッティングの効果

 十人十色、どころか百人百色、それぞれいろいろな考え方があります。

 僕がいつも大事にするのは、時間の使い方です。
 誰にでも同じ90分なのですが、使い方で、2倍にも、3倍にもなります。
 例えば、レッスン前の準備運動です。

 たかが準備運動されど、準備運動です。これをきちっとこなせば、良い事がたくさんあります。

 1:怪我を防ぐ

 2:身体の関節の稼動域を広げる

 3:身体の筋肉を暖めて、動く準備をする。

 4:身体の神経系をスタンバイさせる

 5:呼吸を落ち着けリラックスすることができる

 きちんと準備運動する人、しない人では、倍以上上達の仕方が違ってきます。

最初の意識、モチベーションが違うんですね。

 良いお客様は、情報を欲しがっています。なぜその部位をストレッティングするのかを、教えてあげる事で、家庭でも
ストレッティングしますし、家族への情報ともなります。

 特にお子様がいらしたら、子供への良い情報となります。

 正しいストレッティングで、10分の時間で残り80分の使い方が倍以上良くなります。





☆ボレーでどうも振り過ぎてしまう、と悩んでいる方☆

 自分のテニスをしっかり把握していらっしゃる生徒さんです。このように、自分の欠点を言ってくれると楽ですよね。

 集中的に治す事ができます。たったの90分ですが、されど90分。

 最初にそれを目的としてレッスンを組みたてる事ができますから。やる気があれば90分で十分に治せます。



 ボレーで振り過ぎる人の原因はグリップにあります。グリップがストロークのフォアのままの場合が多いです。

 スクールで受講してレッスンの受けている方ですから謙虚に、ボレーのグリップを直しつつあるのですが、

しばらく打つうちに元のフォアのグリップに戻ってしまいます。それでも直そうと言う意欲があるなら絶対に直ります。

直らなかったらコーチ失格です。

 サービスとボレーの共通点、分かりますか?同じグリップなんですよ。

ちょうどその方はサーブアンドボレーもおっしゃるので、こんなメニューを考えました。

 そこで、今日のメニューはサーブアンドボレーのミニテニスです。大胆でしょう。

 サービスラインからお互いにミニテニスしながらサーブアンドボレーです。

当然強く打ったらつながりません。ですからゆっくりつなげながらサーブ、前に2,3歩詰めて軽くボレー。

そのままラリーします。

 最初はサービスが強過ぎる、ボレーが強過ぎる、でなかなかラリーがつながりませんでしたが、5分もするうちにお互
いにラリーが続くようになりました。

 この時にコーチの僕はレシーブ側に入りますが、もう一方レシーブに入る方は、ゆっくりレシーブでつなげられる人を
選ぶのがコツです。

 ここでバカスカ打たれたらミニテニスの意味がなくなってしまいますから。これでやっているうちに結構楽にラリーがつ
ながるようになってきました。

 面できちんと当てれば、そんなに振らなくてもボールは返る事。ラリーがつながるうちに自然とオープンコートを発見す
るようになること。ミスが極端に減る事を自分で分かったようです。

 この練習で少しずつサービスの位置を下げていきます。3回目にベースライン、つまり正規のサーブアンドボレーの位
置になります。

 すると面白いですね。この位置から打つと途端に、サービスが入らなくなってしまうのです。いつもの位置で、いつもの
強打に戻りやすいのですね。後からだと、かなり強く打たないと入らないと信じ込んでいるようです。

 そこで「今日はサーブアンドボレーの流の練習ですよ。つなげて、つなげて」と口を酸っぱくして、ラリーを促します。

結構ラリーも続くし、コントロールも良くなりました。ただサーブアンドボレーでもつなげていると結構イライラする方も増
えてきます。

 この後、今度はサービス対レシーブで少しハードに打ってもらってストレス解消です。面白いですね。ストロークはほと
んど練習していなかったんですが、何故かストロークも皆調子が良かったですよ。





7月4日 ★ダブルスは陣取り合戦★

 1:先にネットをとろう

 2:最大のチャンスはサーブ&ボレー

 3:相手がサービスを打って下がっていたら、リターンダッシュのチャンス



ウィンブルドン熱闘、熱帯夜に負けずに頑張りましょう。

 僕のプレースタイルは典型的なサーブ&ボレー。

最近余り見ないので、寂しい限りですけれど、ウィンブルドンでは活躍します。

P.ラフターの様な選手が出てくれる事を祈っています。

 草大会でも、男子ダブルスなら積極的に前に詰めるペア多いですよね。

 今日の対戦相手はサーブアンドボレーでガンガン前に詰めて押してきます。

いつもなら雁行陣でストロークをつなげチャンスボールをボレーヤーが決めるのですが、

今日は相手が二人とも出てくるので思うように展開を作ることが出来ません。



こちらがサービスゲームの時も2ndサービスですとすぐにリターンダッシュで前に詰めてきます。

どうも守戦一方になりそうな感じです。

テニスでも攻撃しないと勝てないとおっしゃる方が多いものです。

でも、ご安心を。一般プレーヤーの失点は、ほとんどが自滅。自分の凡ミスです。

それと御自分がサーブ&ボレーで前に詰めることを考えてください。1stボレ−難しいですよね。

 ですから、相手に先に詰められても、まずは落ち着いて沈めるボールを打つことです。

 それが難しいんですけれどね。

でもテニスって面白いもので、サービスゲームは攻撃中心、レシーブゲームは一度守ってからになります。もちろん気
持は積極的ですよ。

The best defense is a good offense. そこでこの言葉を思い出しました。



しっかり守れば良い攻撃になる。そうです、一般レベルの試合ではポイントのほとんどは自滅です。

エースはテレビのプロの世界と思ってください。まあエースでポイントを! は夢ではありますけれどね。

2ndサービスはこちらのサービスが甘いので、相手は、ここぞと叩いて前に詰めてきます。

リターンダッシュしてくるのです。油断をしている内にネットをとられているではありませんか。

打つところがないのですから困り者です。

そこでこちらも気を取り直してサーブアンドボレーに出ることにしました。

自分達が展開を早くしたいのではないのですが、相手の自由に詰めさせないためです。

こちらがサーブアンドボレーに出るようにしたら、相手はリターンダッシュできなくなりました。

そうなんです。ダブルスって陣取りゲームなんですよね。先にネットを制した方が勝ちなんです。

Attack is the best form of defense.攻撃は最大の防禦

今日のまとめ

 1:ネットに詰める工夫を

 2:サーブ&ボレーは1stボレ−に注意して

 3:相手の隙を突いてネットダッシュ





7月3日 ★ショートクロスの練習1 ★

今日のポイント

 1:ショートクロスを活かそう

 2:レベルによってレッスン進行を変える

 3:バックはスライスで十分

 先週の土曜日のレッスン内容からご紹介します。

 共通のテーマはショートクロスです。

 ショートクロスは優しい技術ではありませんが、初級の時から少しずつ狙う意識、タッチを覚える事で、効率良く、マス
ターできます。

 人間って、結構能力あるんですよ。

 レベルでのショートクロスの意識の持ち方の違いをまとめて見ました。

 初級者はクロスに打つ意識を、→ 大体のコースの意識を

 中級者は角度をつける意識を、→ラケット面の意識を

 そして上級者はアレーを狙ってエースをとります。 →強さ、回転量の調節ですね

 ショートクロスと言っても試合に出ている方はピンときますが、初中級者の方では強く打ちたい意識が強いので、なか
なか上手く行きません。

 トップスピンの回転がしっかりかかるといいのですが、これも普段からボールの回転意識がないと、難しいですね。

 バックは最初はスライスでいいですから、はっきり緩く打つ必要があります。

 するとやっぱり基本はミニテニスですよね。軽くサービスライン以内にボールを収める様にできればグッドです。

 これができない方は、ショートクロスはかなり先の道になります。

 普段のミニテニスでショートクロスを少しずつ練習することで、試合に出たときにそのじ重要性がはっきり意識できると
いのですが。

 何事も目的意識があればその階段を登りやるいのですが、目的がなく、ただ打っているだけですと、試合の展開はな
かなか身に付くものではありません。

 まあ、ストレス解消でテニスをされている方に、ショートクロスで調整しろと言うのは酷ですから、お客様の要望を把握
しておきたいものです。



今日のご教訓

 1:ショートクロスを活かそう      使って、試合でも試す

 2:レベルによってレッスン進行を変える ショートクロスは少しずつ慣れる事

 3:バックはスライスで十分       バックのトップスピンは難しい



★ショートクロスの練習2★

今日のポイント ショートクロス

 1:フォアは徹底的にトップスピン

 2:レベル別ショートクロス練習法

 3;ミニテニスからショートクロス



1:フォアは徹底的にトップスピン

 フォアハンドストロークのショートクロスのコツは打点を普段よりもかなり前でとること。

 外足右利きであれば右足の膝を曲げて貯めを作り、インパクトに向けて伸びながらラケットヘッドを加速させます。

 この時に不思議なことなんですが、ボールの行方を目で追うとショートクロスに行きません。

 インパクトに視線をしっかり残して置く事がコツなんです。R.フェデラーのようにね。



2:レベル別ショートクロス練習法

 中級者までは、なにしろ沢山ラリーをして感覚を覚えます。

もちろんコーチのボール出しのショートクロスも大事なんですが、コーチのボール出しのボールは素直で打ちやすいボ
ールです。

結局こんなボールは滅多に来ないので、多少ばらついてもラリーで練習した方が最終的には効率がいいですね。

 活きたボールを打つことになりますから。

 上級者ではさらにこのショートクロスの練習を展開させます。

 より試合に近づいた形で生きたボールを打ちます。

 しかもダブルスの試合形式を意識します。ボレーヤーは二人入ります。

 左サイドにコーチが入ってボールコントロールをします。生徒はストロークです。左サイドに順番に入ります。

 右サイドには誰もいません。ここにコーチがドロップボレーを落としますから、それを生徒が走りこんでショートクロスに
アタックする練習です。

 コーチは生徒にボール出しします。生徒はフォアでもバックでもいいですから多少強めにコーチにアタックしてくださ
い。コーチはそのボールをさりげなくストレートにドロップボレーします。

 走りこむ生徒がちょうど取れる距離に調整してください。全くとれないような難しいドロップボレーでは生徒は諦めてし
まいますから。生徒は走りこんで、もちろんショートクロスです。

 ここではしっかり回転をかけてアタックしてください。

 ここのボレーヤーは打ち込まれtがショートクロスをボレーで返します。

 ここから試合形式練習です。でどこに返してもOKです。

 ストローク側の生徒は一人がドロップボレーを取りに走りこんでいるときにすぐに入ってスタンバイしてください。

 これで2対2゙のダブルスの形になったでしょう。

 上手くつながるとこんなに面白い練習はそうないですよ。

 失敗で多いのはショートクロスで力んでネットするか、強過ぎてオーバーすることです。

 失敗は誰でもありますが、ここで上手な人とイマイチな人と差が出ます。

 上手になる人はできるだけ次のボールを取りたいと思うので、多少緩くても安全でミスの少ないところを打ちます。

 相手につなげるボールを打ちます。ところが、残念ながらがイマイチの方はネットすれすれ自分の力の限界目一杯で
打ちますから、ネット直撃が多くなります。

 本人は「あれっ?」て顔しますが、次も「あれっ」の確率が多いです。一本入れてから少しずつ強くする事を思えればい
いのですが。入る人は余裕でネットの上を通します。ギャンブルはテニスで意味が無い事を知っているからです。















6月8日 いろいろなスポーツの上達法

血筋よりも環境 運動する環境を作ってあげよう

 ジュニアのレッスンで子供たちを観察していると、いろいろ教えてくれます。

 もう30年以上教えていますが、それでも、まだ子供たちから習う事が多いですね。

 まず、誰でも必ず上手になっていく、という事です。

 最初は凄く差があります。その差は、そのお子さんが、小さい頃、どれだけ親と、友達と遊んでいたかですね。

 環境が大事です。特に、団体スポーツ、野球、サッカー、バレーボールなどをやっていると、他のスポーツにも応用が
行きます。

 スイミングは、球技にはあまり関係がないようですね。もちろんスイミングも楽しいし、体に最高にいいです。

 球技には、スキル、テクニック、タイミングが重要になりますが、それは、小さい頃から、いろいろなスポーツを経験す
るしかないんでしょうね。

 たとえばゴルフの石川遼選手、きっとゴルフをするのに良い家庭環境だったんでしょうね。

 いろいろなスポーツに共通のセンスを育ててくれる遊びがあります。

 それは鬼ごっこ。縄跳び、大縄、一輪車、自転車、キックボード、スケートボード、スケート、スキー

次のそれぞれの遊びのお話をします。



僕がジュニアのレッスンで必ずする事があります。

大人の方よりも先に子供たちと話をします。

 話をしながら、子供たちから、元気度、体調を探ります。

 そして、今日はどんなテニスをしたい?と聞きます。

 この時に、「チャンピオンゲーム」とか

「全面シングルス!」半面シングルスでないと、たくさんの子供が打てませんので。

 でも子供たちは、全面でやりたがります。まだまだラリーが続かなくても。

こんなリクエストを聞けると最高ですね。

そしてレッスン前に、準備運動を兼ねて、ラケットでドリブルをします。コート2週ですね。

これに、ラケットワーク、タイミングのとり方、リストの柔らかさなどの動きを自然に覚えてくれます



6月7日 いろいろなレベルのクラスの楽しいレッスン

今日は月曜日のレッスン内容をご紹介しましょう。

 十時のクラスはちょうどサービスが苦手で練習をしたいとおっしゃるかたが集まったので、肩を回す、全身運動、体重
移動などを注意して練習しました。

一人の方は振り替えでこられた方。

僕のクラスの方でなかったので、面食らったようです。サービスで肩を回すレッスン、女性には結構鬼門なんです。でき
る方、やろうとしない方が多いですから。

女性だから肩を回すのは余り意識しなくていいと、普段担当コーチに言われているのでしょう。

僕は女性だからこそ肩を回す意識が必要だと思います。

現実に、最初は回らなくても、少しずつ意識していれば、3ヶ月くらいで肩を回す事が出来てきます。

そうしたら、後は楽。膝を曲げて伸ばしながら打てばプレッシャーを感じたときほど思い切り良く振り抜けばいいんです
から。

 普通はサービス練習って15分もやれば多い方ですよね。嫌いな方が多いですから。今日は40分もサービスからの練
習でした。

サービスの打ち放しは5分くらいですよ。その次は軽くサービスを入れてもらってリターンでラリーです。

このときの注意点は、サービス、レシーブの練習なので興奮してラリーを続けないようにしてもらいます。

ここではラリーをたくさん続ける事よりも、できるだけ、サービス、レシーブを練習したい訳ですから。



結果は誰もが思いきりの良いサービスを打ち込んできましたよ。大成功です。



11時半のクラスは初級者。人数が多いクラスなので、練習の効率をいつも考えます。

もちろん定番のミニテニスをやって、ボールの回転感覚を確認してからですよ。

雁行陣でお互いに同じコースに戻さないようにコースを変えます。

ですからストロークもクロスに打つ側とストレートに打つ側になります。

ボレーも相手のボレーヤーを攻める人とそれをブロックしてストレートに切り返す人と。

こうすると一筆書きのラリーになります。



次のクラスは、仲の良い、試合大好きクラスです。

このクラスでも同様のパターンを雁行陣対並行陣でやります。

雁行陣対決よりもボレーヤーが増える関係でテンポがより早くなります。

最初はつなげる意識が難しいのですが、これが続くと試合の展開を覚えることが出来ます。

一回り続いたらそこから自由に打っていい、なんて約束もします。

 スマッシュを練習しました。スマッシュの練習にもいろいろありますが、スマッシュされたボールを反応して返す方がよ
り練習になりますね。

相手がどこに打ってくるか分からない状況でえすから、スリルがあります。

打たれたボールを打ち返そうと思って振り遅れる事を自分が分かれば次が楽なんですよね。

 今日も楽しかったです。

 お客様に感謝して







5月3日 外のコートで早朝レッスン シングルスとダブルスの展開を作る

 連休中にもかかわらず、2面取れたのでダブルスとシングルス。6人で2面、最高でしょう。出来るだけたくさんボール
を打つ。それが僕の、基本ポリシー。です。打って、自分で考えて、修正する。

僕の仕事は、

 1:その環境を整えること。

 2:時々ラリーに入って、自分で考える時間を作ってあげること

 3:練習内容、感覚が分かりやすいボールを打ってあげること



レッスン内容

1:15分 ミニテニスでウォームアップ。普段のインドアよりも高く打つ意識。ネットミスを減らす意識

2:20分 少し下がってムーンボールを、ダブルスを想定して、相手ボレーヤーにハイボレーを打たせる感覚で

3:ボレー対ストローク。慌てずにつなげること

4:ボレー、スマッシュ対ストローク、ロブ 抜かないでつなげること。5回つながったらエースを狙っても良い

5:お互いにベースラインに立ち、アプローチショット、スマッシュ、ロブなど多用する。相手を動かす。自分も積極的に動
いて展開を作る。やはり5-6回つながったら決めても良いけれど、そこまでは、ミスを減らす。

6:サービス、レシーブ、ここでもネットミスをしないように注意。

7:試合です。1面はシングルス、もう一面はダブルス。結構展開が良かったですよ。

ちょうどMさんがシングルスの試合があるので、良かった。

 Mさん:シングルス用のラリーが良くつながってました。この感じでいいですよ。

シングルスとダブルスの大きな違い。それはまず、リターンの気楽さでしょう。シングルスではポーチに出るボレーヤー
がいないので、取り敢えず返すリターンでも大丈夫です。出来たらこれも相手のバックに。

 ダブルスですと、ネットに詰めた方が勝ち味が早いですが、シングルスはじっくりの展開で大丈夫。ミス待ちで、十分
OKです。

 シングルスでは必ず、どちらかのサイドがオープンコートになります。言い方を変えると、シングルスはオープンコート
を狙うゲームとも言えます。ただし、相手の苦手はまずバックハンドですね。そこを基本的には執拗に狙います。そして
相手が先読みをして、バックをケアしたら、がら空きのフォアにエースを、軽く打っても抜けます。慌てないでくださいよ。

 横須賀のクレーコートの状態を考えると、女子シングルスのドロップショットはかなり有効ですよ。ダブルスではドロッ
プボレーは効果的ですが、ドロップショットは余り使いません。しかし女子シングルスのドロップショットは効きます。仮に
と拾われても、次に、そう、ロブでよいのですから。

レッスン時間が2回くらいあると、ドロップショット教えることが出来ますよ。

 サービスはもう少し振り抜事、思い切り良く、プレッシャーがかかっても振り抜く事で、不安を拭い去ってください。

Iさん。最初のシングルスでつなげる練習が出来ました。結果的に良かったですね。こんな感じでつなげることがいつで
も出来ると、ダブルスも展開が見えてきます。シングルスをすると、自分でオープンコートが見えますから、そこを狙うよ
うになります。ダブルスも慣れるとオープンコートが良く見えます。

サービスが良かったですね。サービスがいいと、次の展開が出来ますから。全体的にもう少しボールを引き付け振り抜
くことが出来るといいですね。

 Mさん。今日は6人中3人がサースポー、面白いものでサースポーもサースポーのボールを苦手にしています。慌て
ないで慣れることですね。Mさんは、インドアの楽な詰め方に慣れてしまっています。前に詰め過ぎない。ようにしない
と、ロブの嵐が来ますよ。

 かといってサービスを打って、前に詰めないと男子ダブルスではポイントをとることが難しくなります。男子ダブルスは
ネット勝負とお考えください。

今日の教訓

 1:シングルスとダブルスはまったく別のスポーツとか考えよ

 2:ダブルスはネットプレー、シングルスは粘りを身上とせよ

 3:いずれも相手のバックを攻めること



☆5月2日初心級、中級者の違い

 昨日の続きです。テニス初めてのお二人ですが、運動経験の差で、大きく上達が違います。

ラケッティングからの続きです。

 山本五十六元帥の言葉です。指導の基本ですね。「やつてみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人
は動かじ。」

 僕がフォアハンドストロークのバウンス&ヒットで打ち方の見本を示しました。男性は、すぐに真似を。女性は見ている
だけです。そこで僕。「あっ、Yさん、一緒にラケットを振ってみましょう」こう言わないと、真似をしてくれませんね。

 スポーツでは真似をするのが一番なんですが。

 僕が近くで軽くボールを弾ませて打ってもらいますが、男性はもう、ボールが軽くネットを越えて飛びます。スウィートエ
リアで捕らえているからですね。女性は、1/4空振り。ほとんどフレームショットです。

 ここで注意して欲しいのは、男性は、たまたま運動経験があって、ラケットで打てること。この女性の状態が、初心者
の方のほとんどです。ですから女性に、「あっ、Tさんは運動上手すぎますから、氣にしないでください」。たまたまこの二
人が友人ですから、問題ないですが、全く、知らない人でしたら、上手く打てないと差を感じてしまうでしょうね。

本当は他人は他人で、気にしなくて良いのですが。日本人は気にする方が多いですね。



今日の教訓

 1:山本司令長官の言葉「やつてみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」

 2:他人の上達を見て焦らない。自分のフィーリングをつかむ。

 3:失敗しながら上手くなる





☆5月1日 初心者のレッスン

  今日たまたま、初心者の方の体験レッスンがありました。そこでコーチとして凄く、参考になることがありましたので、
まとめています。

 参加者はYさんと、Tさん。Yさんは女性で、身長の高い方。Tさんはお友達、恋人っぽかったですね。体験レッスンに
こられる方の、ほとんどが、大体時間ぎりぎりに来られます。これはテニススクールの最初のご案内が悪かったせいも
ありますが、ほとんどの方がそうですね。

 本当は15分くらい前に来ていただけると、事前に予備知識をお話できるので、レッスンの効率が非常に良くなりま
す。それを考えてみたら、経験者の方は早めに来られます。この時間に対する考えも、経験者と初心者の方の差にな
るかも知れません。

 女性のYさんは典型的な初心者の方です。体験レッスンの初心者クラスですから当たり前ですが。友人の男性Tさん
は、ウエアがナイキのサッカー−ウエアでしたので、何かスポーツされています?

 そこで、伺ったらサッカー、学校では卓球部で、野球を見るのも好き。見るからにスポーツマンでした。

 準備体操をして、アキレス腱と手首、肘のストレッティングを入念にやってもらいました。そして、ラケットの持ち方か
ら、まずはボールを弾ませてラケッティングです。この方法ですと、自然とフォアハンドストロークを打ちやすいグリップ
になりますから。

 男性は、バンバンンとかなり強く続けて打てます。手首も強いし、スウィートエリアにも当たっています。女性は、ボー
ルがあちこちに。ラケットの返しと、ボールの弾みとタイミングが合わないんですね。スポーツ経験の差でしょう。

 このラケッティングでいろいろなことが分かるし、可能性が広がります。テニス上達のコツは、ボールを出来るだけたく
さん打つ事。それを短時間に可能にしてくれるのが、ラケッティングです。

 ラケッティングにはいろいろな方法がありますが、ボールをラケットの真ん中に当てる、事を覚えることが出来ます。最
初は難しい点もありますが、ストロークなどでボールを打つよりも、効率良く上達します。ボール慣れが早いんですね。







4月28日 ジュニアのレッスンについて

 今日は、皆さんから問い合わせが多かったジュニアのレッスンについてお話します。

僕は、ジュニアのレッスン大の得意です。子供が好きなんですね。子供もそれを分かっていますから、すぐになついてく
れます。嬉しいことです。

 ジュニアといっても、年齢区分よりも、体格、運動経験でかなり違ってきますね。テニススクールとしては、申し込みを
受け付けるときに、年齢を基準にしますから仕方がないのですが、運動経験が大きな要素です。

 特に親と外で遊んでいるかどうか、これが大きいですね。お父さんと、外でキャッチボール、サッカーをやっている子
供は、テニスは簡単に入れます。でも遊びの経験が少ないと、なかなかボールの弾む感覚に慣れませんね。でも焦ら
ずに少しずつやっていくことです。子供はスポーツの天才です。誰でも、必ず上手になれます。

 親は、スクールに来て、自分の子供を、他のお子さんと比較しないこと。もちろんコーチもそうです。たとえ最初に上手
く出来なくても、良いところを探して褒めて上げましょう。

 褒めて、褒めて、褒める、これが子供を教える第一歩です。ただし、危険なこと、他人への迷惑それは、分かるよう
に、はっきりと注意してあげましょう。



4月24日 早朝レッスンからの流

 月曜のレッスンの内容をお届けいたします。初級者からトーナメントクラスまで波乱万丈の一日です。

今期のメインテーマ それは「ダブルスに強くなる」です。ですから基本のボールだしの時からダブルスコートのどこに立
っているかを意識してもらいます。

早朝クラス

 最初のレッスンは中高年の方の初心者クラスのはずだったのですが、これが達人でした。癖がまったくなくて羨ましい
くらいの華麗なフォームです。でも体調を崩して4年テニスをしていないとかで、汗をかきかき楽しんでくれました。

 一緒に78歳の方がいらしたんですが、その方は凄いですよ。今でもアドバイスをきちんと聞いてくれます。今回もフォ
ロースルーはしっかり上にとアドバイスしました。もちろんトライしてくれます。年齢を通り越して、自分から変わろうとす
る姿勢は感激します。

 中上級者クラスでは、ボレーボレーからポーチの練習に入っていきました。サービスをお客様が打って、僕がセンター
にレシーブ、それを前衛の方がポーチします。こちら側のボレーヤーがそれをブロックして試合形式に入ります。僕が
レシーブするタイミングでスプリットステップしていただければいいのですが、ポーチと分かると先に動いてしまう方が多
いですね。

 しっかり引き付けてからポーチです。動いてくれる方は上達しますね。諦めないことが大事です。ボレーのスライス感
覚が出来てきた方がいらっしゃいました。良かったです。



上級者クラス

 ここではもっと動く練習をしました。サーブアンドボレーで出ていただいて、先ほどのポーチ作戦です。振替に来られた
方が試合に出ている方ですから、メリハリがあって面白いです。他の方もその人の丁寧な打ち方に引っ張られて良くな
りました。こちらが感謝したい気持ちで一杯です。

 次のクラスは試合大好きクラスですから、半分は試合です。いろいろ組み合わせを替えて試合をします。

楽しくも緊張感があるからいいですよね。ハードヒッターが一人いらっしゃるので、その方がゲームを支配します。エー
スかミスか。面白いですね。



4月23日 土曜日のレッスンから

 今日は昨日の土曜日のレッスンから、楽しい内容をお届けしましょう。初級者からトーナメントクラスまでいろいろなク
ラスのレッスンがある一日です。上級者クラス今日のメインテーマ フォアのショートクロスでエースを取ろう、です。

そのために、次のレッスンメニューを組みました。試合形式への展開です。

 1:ミニボレーボレーでボレー練習を先に済ませます。ショートクロス対応です。

 2:ショートクロスのボール出しでフォア、バック交互のボール出しで、トップスピンを出来るだけ、かけてショートクロス
を狙います。思い切り良く振り抜く事です。

 3:ドリルでショートクロスに打たれたボールをボレーでつなげるためのショートクロス対応ボレーの練習をします。スラ
イスをしかりかけてボレーしないとトップスピンがショートクロスにはかかっていますからラケットがはじかれてしまいま
す。ショートクロスで打たれたボールの対応までやっておきます。

 4:ここからが本日のメイン練習です。僕がボレーに入って、お客様がショートクロスを打てる短めのボール、具体的に
はドロップボレーを作り、それを走り込んでショートクロスに打ってもらいます。そこで決まったのでは次の準備をしませ
んから、さらにボレーでつないでもらって並行陣対雁行陣の試合形式の練習になります。ショートクロスを狙う人がフォ
アに走り込んで、チャンスボールの外側をラケットで捕らえて擦り上げる感覚を身に付ける事が狙いです。

 ボール出しの練習では結構ショートクロスに打てますが、試合形式で僕がドロップボレーで軽く落としたボールを打とう
とすると、ボールの回転がありますから、思ったように擦り上がりません。ほとんどがネットミスです。強く押してしまう人
が多いですね。もっと下からラケットを出して擦り上げる事が大切です。4人の試合形式で動くと臨場感が出て面白いで
すね。

 最後のトーナメントクラスも同じ練習をしました。トーナメントクラスでは走り始めが早いので相当に厳しいドロップボレ
ーでも拾いますし、途中のミスが減ります。1ポイントでローテーションしますが、この1ポイントが長いですね。ですから
さらに面白くなります。次の展開が開けてきますから。コーチ冥利につきる練習メニューで、やっている本人も面白いで
す。

 初級者クラスでは、ストロークの振り抜き練習とサービスのリクエストがありましたのでみっちりやりました。ストローク
では薄いグリップ(珍しい、しかも軟式出身)方と、高校の部活でガンガン打つ方とでは、打ち方が違いますよ、とアドバ
イス。

 薄いグリップの方は、体重移動を利用するので、ステップインして面で運ぶように。ガンガンの方はオープンスタンス
で構わないので、状態をしっかり捻り、それを開放するようにアドバイス。膝はしっかり曲げてボールを呼び込んで打つ
ようにしました。いいですね。両方のメリットが生かされていいボールが飛んで来るようになりました。

サービスのトスを上げるときに膝を曲げるのを気にしていたのですが、肝心のインパクトに向けて膝が動けばいいです
よ、とアドバイス。安心したようです。彼女はボールを膝で丁寧に上げますからそれは別に悪い癖ではありません。手だ
けであげるよりもより丁寧にトスが上がります。何のためのアドバイスか理解すれば良いことですから。

 今日の教訓

 1 ダブルスはショートクロスだ

 2 何は無くともサービスの安定性

 3 リターンは返れば由とする





3月31日 (土) ダブルスの意識

今日は曇り。こんな日は、明るく楽しく元気良く盛り上げてれっすんです。

レッスン前にストレッティングをしっかりして、怪我を防ぎます。お客様に自覚を促すのが大変ですが。

レッスンを終了したら、クールダウンをお忘れなく! 疲れが全く違いますよ。



今日は日誌風にどんなことをやったか報告いたしましょう。

レベル 中級ですが、振替の方が、普段違うクラスの方で、強打は出来るのですが、試合形式のポジションの動きが分
からず、余り突っ込んだ内容の濃いレッスンは出来ませんでした。

レッスン内容 フォアハンドストロークのトップスピン。強く打つだけの方がいたので、ラリーを続けるには少しコントロー
ルをと思い、練習しました。

遅刻した方がいたので、その方がミニテニスは多分続かないでしょう。それでボールだしのストローク練習からでしたの
で、これはストレス解消と割り切りました。レッスンで遅刻された方は、自発的にストレッティングをやってもらわないと怪
我の原因になります。

ところが遅刻する方に限って、準備運動が嫌い。多いですね。

ウォームアップ練習 ミニテニスを少し。続かないのですぐに切り替えました。本当はミニテニスで、今日のレッスンの様
相を全て確認したかったのですが。

基本練習 フォアハンドストロークのトップスピン。コースの打ち分け。

ドリル練習 アプローチショットで前に詰めてボレー。

ラリー練習 サービス、レシーブでクロスのラリー。クロスに打つのを意識してもらうためにするのですが、コントロール
が効かずにストレートに打つ方がいます。だからこそ、クロスを意識して欲しいのですが。

試合形式 僕が緩いサービスを打って試合形式です。バックにボールが行くと返りませんね。

どうしてバックの練習をもっとしないのかな?と疑問に思います。気持ち良く打てればいいんでしょうね。

試合 二〇分は僕も入って試合です。まあ楽しんでもらえたかな。

強打の方から、もう少しつなげて打てるには?と質問が来ました。それで、ミニテニスの効用を説明しました。これで次
はきっと大丈夫ですね。その方は僕の目からみたら初級です。サービスとフォアハンドストロークが入ればトーナメント
クラスです。その人のいるクラスはラリーが大変でしょうね。

次のクラスは中級者クラスです。でも実質上級者が二人いて、その方が余裕でつなげてくれるので、全体が盛り上がり
ます。振替で熱心な人がきました。

いろいろアドバイスすると、一生懸命トライしてくれるので教え甲斐があります。

ウォームアップドリルとして、横移動のミニテニスから。コートの横から出発して、お互いにミニラリーしながら、向こうの
サイドに移動します。

3〜4球で着くといいですね。フォアの方はフォアばかり、バックの方はバックばかりになります。バックの苦手な方は最
初フォアでやって慣れてもらいます。本当はフォアもバックもなく、両方出来るといいのでが。

リクエストがありました。デッドソーンでのファーストボレーです。こうやってやりたいことを話してくれると、レッスンを組み
たてやすいですね。

そこでデッドソーンに立ってもらい、僕がボールだしを。ここでしっかりクロスに深く打つ意識を持ってもらいます。次に僕
がストロークに入り、前衛陣対後衛陣で一筆書きのボレー・ストロークです。

僕が左サイドにいて、クロスに沈めるストロークを打ち、それをデッドソーンで下がっていたボレーヤーが前に出ながら
ストレートにボレーします。ストローカーはクロスに返して、ほら一筆書きが完成です。

この次はサーブ&ボレーです。試合形式で生徒さんはサーブ&ボレーで前に詰める練習。僕がレシーブで沈めて繋げ
ます。

さらにそこからポーチボレー。僕がセンターに優しく返したのを、ボレーヤーがポーチに動きます。

ただここで気持ち良く決めたらそれで練習は終わりですよね。そこでレシーブ側のボレーヤーの足元にポーチをするお
約束です。

これがポーチが叩くから僕の方にまた返ってくるんですね。力はいらないからコースで狙ってと話すのですが。

今日はこんな練習で一日が過ぎて行きました。楽しいですね。





3月22日 土曜日 ラリー練習からの練習バリエーション

今日は暖かいですね。風も無く爽快! 最高のテニス日和です。上達津も自然と進みます。

こんな日は、運動量と、汗をどれくらいかいてもらうかを計算しましょう。水分補給を忘れずに。

ストレッティングをしっかりして、怪我を防ぎます。お客様に自覚を促すのが大変ですが。

レッスンが終わったら、クールダウンをお忘れなく! 疲れが全く違いますよ。

 

今日はラリーの練習からのレッスンバリエーションを紹介しましょう。

僕はボール出しよりも、ラリー形式のレッスンを重視します。

活きたボールが行くからです。

初心者、ジュニアでは、時々手出しでボール出しをしますが、その目的は、近くでお話をしながらコミュニケーションを図
る事の方が大きいですね。

レッスンでラリーが続くようになると、試合形式の練習もボールが続く中で出来ますから、より現実味が帯びてきます。

クロスにつないで、チャンスボールはポーチで出て、相手もそれを読んでいて、返す。

こちらもしっかりポジションチェンジしていて、、、こうなったら面白いですよね。ダブルスの醍醐味です。

ところが、お客様の中に、ストレス解消の方が多いと、一発勝負で抜くか抜かれるか、当然ラリーはつながりません。特
にお客様同士では。

打っても次のボールが返って来るからいいのですが、ネット直撃かフェンス直撃のアウトの応酬になってしまう場合が多
いのです。

そうしたらラリーがつながらず、試合形式も途切れてしまいます。ダブルスの醍醐味? ありませんよね。個人のストレ
ス解消だけになります。

大人の方ですと、ミニテニスから少しずつつなげる感覚も分かりますし、お互いのラリーの楽しさも分かります。ジュニア
の小学校低学年では、このへんのサジ加減が難しいですね。

子供には振り抜いて、思い切り打たせたいし、打たせれば相手はつながらないし。

まあ、コーチがしっかりラリーを続けてあげればいいのですが、人数が多いと、子供は安全の概念が乏しいですから、
周りにも注意していないとね。

特に最近の子供は、ストレス解消型が多いですね。よっぽど勉強、塾通いなんてでストレスが溜まっているんでしょう。

バシバシ打って、自分のボールが入るか入らないは、試合にならないと余り分からないようです。

 練習では1球の重さが、試合と全く違いますから。

さて試合形式です。最初は僕がサービスを入れて雁行陣からの試合形式です。

僕はサービスだけ入れたら引っ込んで生徒さん同士の打ち合いになります。

相手はレシーブの方がクロスに。これは基本通りですね。

サービス側の方は僕はサービスを打ったら交替しますので、その方が今度はストレートに打ちます。

するとレシーブ側のボレーヤーはそれをクロスに。サービス側ボレーヤーの足元に長いボレーを打ちます。

なんて言葉にすると簡単ですが、ボレーヤーの方が相手の言われたコースに打つのはかなりの集中力が必要になりま
す。

まあ、これが出来るコントロールがあれば、試合は大体大丈夫ですけれどね。

 つまりレシーブ側はクロスにボールを続け、サービス側は、サービス以外はストレートに打って続けるのです。これで
2,3回り続けば相当なコントロール能力があります。

続けば続くほど、生きたボールですからラリーが難しくなります。

実際の試合ではいつもボールのコントロールをさいている訳ですが、レッスンの中ではこうしてある程度お決まりのコー
スを打ってもらい、より続く状況を作る訳です。

これが続いたら自由に打つ場面を作ります。そうすると分かるのですが、そうあちこちに振るパターンって無い事に気
付きます。気付いてくれればいいのですが。

続く事で試合の流れがつかめ、しかもボレーヤーの動きも理解できてきます。続かないことには動きもへったくれも無
い訳ですが。

こんな事をイメージしながら今日も試合形式を一杯やります。

さあ、今日も盛り沢山ですよ。お楽しみです。





3月13日早朝レッスンの反省 フォアのスライス

 このメールマガジンでは先回の日曜日の早朝レッスン、の事を書きますね。上級者クラスです。

 Kさんへ、連絡ありがとうございます。いつも目的を持ってレッスンに来られているので、こちらもやりがいがあります。
 今日の早朝レッスンなかなか調子が良かったですよ。

 ミニテニスの時から懸案のフォアのスライスを意識されていました。

 フォアのスライスで見習う人は、鈴木貴男選手ですね。低い弾道で、トップスピン全盛の時代にあって、彼らを苦しめ
るショットの持ち主と言えます。

 そのショットを武器に、リターンダッシュが素晴しいですね。

 リターンの時に結構前に構えていたので、「おっポジションを変えているなと思いました」。それを利用してメールマガ
ジンを編集してみたいと思います。今日はリターンダッシュ編です。

 僕はサーブ&ボレー、リターンダッシュの典型的なネットラッシャーです。

ネットダッシュの良いところ、何だと思いますか? 展開が早くて面白いですよ。それもありますが、たとえ抜かれても、
一瞬なので、余り苦にならない点です。ベースラインで粘っていたら、振られてエースなんて悔しいじゃないですか。

 相手がサーブ&ボレーでネットプレーで勝負する場合、一つはしっかり下がって、守りきるのもいいですが、こちらか
ら先に仕掛けるお方が積極的で面白いです。

 Kさんの言葉です。「今日は、ベースラインよりラケット一本分位を目途に前に出てサーブを待ちました。大振りしてし
まう私にとってはいい感じでリターンを返せるようです。」

そんな時は全部リターンダッシュするつもりでリターンしましょう。そうしないと、次のポジションが中途半端になりやすい
ですから。

 「ラケットの性能も生かせそうです。(ボレーにも良い影響が出ています。)」そうですね、あのラケットはなにしろ飛びま
すから。ボールのコントロールのためには回転を多くかけるといいでしょう。

 「サーブは、本当に力を入れずに楽に打とうとしています。足を揃えてジャンプしてみました。」そうですね、サービスは
力が抜けてきたのが最大の効果ですね。コースは甘くフォアに来ていましたけれど、力が抜けた事を考えれば、問題無
いです。次はコントロールですね。「相手のバックに」が基本です。

 「Hさんのサーブはフォアもバックもいい感じで返せましたが・・・」彼女のサービスは女性では速いですが、素直ですか
ら。Yさんのサービスはトップスピンサービスですからはねます。前に踏み込んで返さないと。この時にポジションが問題
になります。余り前に詰め過ぎていると、踏み込む余裕が無いのです。

ではどうするか。一度ベースラインに下がって構え、弾んだと同時に前に踏み込むんです。すると元の前の位置になる
でしょう。リターンのポジションもサービスによって変える事を覚えましょう。

 「Yさんのサーブに対しては課題が残った感じです。」とおっしゃっていましたが、これで課題解決ですね。この内容僕
のメールマガジン本日のレッスンに紹介していいですか?

 ちょうど分かりやすい内容なんで、リターンダッシュしたい人が多いんです。良いアドバイスになりますから。よろしくお
願いします。







3月10日 ☆試合で勝つには☆

 試合で勝ちたい、分かります、その気持ち。試合の難しさは出てみた人にしか分かりません。

 試合の経験、小さな積み重ねが勢いの元ですね。試合は試合でしか強くなれないのです。

 秘密練習では、絶対に強くなれません。

 試合で勝つには勢いに乗る事です。勢いも実力の内です。誰にでも勢いのきざしはあるのですが,それを上手く利用
できるかどうかが差になります。

 ただし,勢いの作り方は人によって異なります。皆さんの場合どんなパターンが多いか自分なりに考えてみましょう。

 何が皆さんの調子を左右しますか? 意外やテニス以前の小さな事から勢いが始まる事が多いものです。

 朝気持ちよく起きれた,ストレッチしながら筋肉がリラックスするのを感じたとか。

 もしもそれがショットだったら,サービスですか,ストロークですか。そうであれば、ショットの練習を試合前にしっかりや
り,自信をつけておいてください。

 ただし乗りすぎて、打ち、試合前に疲れないようにご注意を。

 テニス、ダブルスで勝つには,逆転は大変です。野球の満塁ホームランのように様に大きな逆転を狙えません。1ポ 
 イントの積み重ねですから。先行逃げきりのパターンを身に付けたいものです。

 1セットで全部で5〜60のポイントがあります。たったの50しかありません。

  先に15,30,40,ゲームの4ポイントとればゲームはものに出来ます。

 これを6ゲーム分,先にとればいいのですから,たったの4ポイント×6ゲーム=24ポイントです。

 一三階段よりは長いですが、24階段を昇る計画を立ててください。えっ1歩上がったら2歩下がるじゃ地下にいっちゃ
いますよ。千里の道も一歩からです。ヒンギスだって初心者だったんです。ほんの小さな事から勢いのキッカケを作りま
しょう。

 小さい事と言えば、普段の歩き方にも勢いが見えます。上手な人の歩き方を観察しましょう。元気があります。シュー
ズの底をズルズル引きづったりしません。

 足を引きづっていると背後霊がまとわりついているように見えますよ。

 元気に歩く事で,相手に大きく見せて,プレッシャーをかけるのも立派な作戦です。

 勢いとは相手の勢いを抑える事も相対的に大切な事です。

 サービスを打つ前には2,3球先の展開を考えておきましょう。

 サーブアンドボレーに出るのかどうか。ファーストボレーはどうするのか,もちろんペアーに自分がやりたいことを話し
ておくとフォローが楽です。

 ボールを打つ前には必ず,しっかりスプリットジャンプをします。ジャンプの原田だってV字に開いて(スプリット)から記
 録が伸びました。キミたちもお試しあれ。当然着地は踏み込んでテレマーク姿勢です。これは船木が達人でした。

このメールマガジンでは先回の日曜日の早朝レッスン、の事を書きますね。上級者クラスです。

Kさんへ、連絡ありがとうございます。いつも目的を持ってレッスンに来られているので、こちらもやりがいがあります。
今日の早朝レッスンなかなか調子が良かったですよ。

ミニテニスの時から懸案のフォアのスライスを意識されていました。

フォアのスライスで見習う人は、鈴木貴男選手ですね。低い弾道で、トップスピン全盛の時代にあって、彼らを苦しめる
ショットの持ち主と言えます。

そのショットを武器に、リターンダッシュが素晴しいですね。

リターンの時に結構前に構えていたので、「おっポジションを変えているなと思いました」。それを利用してメールマガジ
ンを編集してみたいと思います。今日はリターンダッシュ編です。

僕はサーブ&ボレー、リターンダッシュの典型的なネットラッシャーです。

ネットダッシュの良いところ、何だと思いますか? 展開が早くて面白いですよ。それもありますが、たとえ抜かれても、
一瞬なので、余り苦にならない点です。ベースラインで粘っていたら、振られてエースなんて悔しいじゃないですか。

相手がサーブ&ボレーでネットプレーで勝負する場合、一つはしっかり下がって、守りきるのもいいですが、こちらから
先に仕掛けるお方が積極的で面白いです。

Kさんの言葉です。「今日は、ベースラインよりラケット一本分位を目途に前に出てサーブを待ちました。大振りしてしま
う私にとってはいい感じでリターンを返せるようです。」

そんな時は全部リターンダッシュするつもりでリターンしましょう。そうしないと、次のポジションが中途半端になりやすい
ですから。

「ラケットの性能も生かせそうです。(ボレーにも良い影響が出ています。)」そうですね、あのラケットはなにしろ飛びま
すから。ボールのコントロールのためには回転を多くかけるといいでしょう。

「サーブは、本当に力を入れずに楽に打とうとしています。足を揃えてジャンプしてみました。」そうですね、サービスは
力が抜けてきたのが最大の効果ですね。コースは甘くフォアに来ていましたけれど、力が抜けた事を考えれば、問題無
いです。次はコントロールですね。「相手のバックに」が基本です。

「Hさんのサーブはフォアもバックもいい感じで返せましたが・・・」彼女のサービスは女性では速いですが、素直ですか
ら。Yさんのサービスはトップスピンサービスですからはねます。前に踏み込んで返さないと。この時にポジションが問題
になります。余り前に詰め過ぎていると、踏み込む余裕が無いのです。

ではどうするか。一度ベースラインに下がって構え、弾んだと同時に前に踏み込むんです。すると元の前の位置になる
でしょう。リターンのポジションもサービスによって変える事を覚えましょう。

「Yさんのサーブに対しては課題が残った感じです。」とおっしゃっていましたが、これで課題解決ですね。この内容僕の
メールマガジン本日のレッスンに紹介していいですか?

ちょうど分かりやすい内容なんで、リターンダッシュしたい人が多いんです。良いアドバイスになりますから。よろしくお願
いします。



3月9日 中上級者のレッスン 初級者の方に見習って欲しい点

 今日は中級以上、上級者用のレッスンについてです。

 テニスの上手な方達は本当に謙虚です。十分上手なのにもかかわらず、謙虚にアドバイスを聴く耳を持ちます。

 人の良いところを少しでも、吸収しようと、その意味では貪欲なんですね。

 上手な人のセオリーがあります。

  1:時間に遅れない。先に来て準備体操をやっています。

  2:ストレッティングを十分に行う。コートランニングを常識的にやってくれる

  3:ミニテニスが上手い。相手に合わせて打てる

  4:ボール出しでは試合を意識して打っている

  5:ラリーでは、相手の実力に合わせる。それが結局自分の練習になると知っている。

  6:試合形式練習では、自分が決めようとせず、展開を作る。

  7:試合では相手の実力プラスα少しで進行する。



 ここからが今日の本論です。 本日のレッスンはサービス対レシーブの徹底練習です。

  僕は1レッスン90分の中でサービス、レシーブ練習に比重を多くします。ただしそれは、サービスが安定してはいる
ことが条件です。

 だって、サービスが入らなかったら、レシーブでき無いですから時間の無駄です。初中級者のクラスではサービス練
習で、オーバーさせる事を念頭に置き、何しろネットミスを減らす用にアドバイスします。

オーバーすれば、リターンもできるじゃないですか。ネットミスは誰も練習できませんから。

サービスさえ入ってくれば、サービス対レシーブを多く取り入れます。逆に言えばストロークのボール出し練習は、中級
までです。

 何故ならダブルスの試合を想定するならば、試合中いろいろなショットがありますが、一番使われて、失敗する確率
が高いのがサービス、レシーブなのです。

 ところが多くの方は、サービスは二本打てる事を幸いに、集中力がでないんですね。

 1stサービスの失敗は2ndサービスがあるからと気に留める人は少ないのですが、1stサービスと2ndサービスでは
レシーバーへのプレッシャーが全く違います。1stサービスの方が、レシーバーにとってははるかにプレッシャーがかか
るのです。

 上手な人と対戦して御覧なさい。セカンドサーブはいとも簡単に打ち込まれて試合の展開の主導権を握れなくなりま
す。

 1stサービスは多少緩くても相手は1stサービスだからと勝手に緊張するものなのです。ですからサービスは1本位の
気持で集中して打たないと攻撃されてしまいます。

 さてサービスとレシーブの練習ですが、初心者にはサービスだけ、レシーブだけの練習も大切ですが、中級者以上で
試合を意識するならば、サービス対レシーブの形で打った方が実践的です。

 しかもダブルスを意識するのであれば、絶対にクロスコートでラリーしてください。

もちろん1stサービス、2ndサービスのこと、ポイントを意識して打ちましょう。

何故クロスコートかって? だって最初のサービスはクロスに入れるし、リターンも基本はクロスでしょう。

 1ゲームの大体の時間分かりますか? そう三分ですね。この時間でラリーをしてみてください。





本日のレッスン 3月7日 ミニテニスでフットワークを

 今日はテニスのフットワークをアップする練習をご紹介しましょう。

 いつもミニテニスから始めます。その目的は。

 身体を少しずつ慣らして故障を防ぎます。

 ボールの速さに身体を慣らします。

 ラリーを続ける意識を育てます。



 ただしミニテニスだからと小さなスウィングにならないようにしましょう。

 ミニテニスでしっかり振り抜く、でもボールは短く相手の打ちやすいところに。これがポイントです

 

 この時に、重要なのが、ミニテニスで短く打つのですが、脚をしっかり動かす事です。

 ミニテニスだからと、適当に手打ちでやっていると、それがそのまま癖になってしまいます。

 ミニテニスだからこそ、時間が無いからこそ、スプリットステップ、上体を捻って、打つ時はステップインなんです。

 ところがミニテニスで、相手のボールが強い(結構この確率が高いです。距離感がない方が多いと)と下がりながら打
つ事になりやすいのです。

 僕がお客様に言うのは、ボクシングの選手のように、いつも脚を動かしてです。

 動かしていると、身体は自動運転で、ボールとのタイミングを調整してくれます。

 身体って能力あるんですよ。



「そうだ、脚を動かさなくては」、と、思っているレベルでは、まだまだ、自然に脚が動くように、2−3ヶ月はかかるかもし
れません。

 ジュニアの子には口を酸っぱくして言い続けないと、脚が動きませんね。スプリットステップが自然になったら、後は上
達ガスイスイです。



3月3日 土曜日 ショートゲームでダブルスに慣れる

 今日は昼間のレッスンでバッチリ汗を流しました。上級者クラスです。

人数が少なかったのでシングルスの特訓を。特にショートゲームをたっぷり。

最初のミニテニスはウオームアップで、次の練習はミニテニスのコートで回転を多めにかけてショートクロスを狙う事を
覚えます。

 ミニテニスは慣れているはずですが、スペイン風にトップスピンを多くかけて打つとどうしても強くなり、深くなってしまい
ます。

これをサービスライン内に収めるように打つのが技術です。押しを弱め、下から上に振り抜いて回転を多くかけましょ
う。

 このミニテニスのコートで試合です。ショートゲームの試合です。この試合はサービスが少し異なります。卓球のサー
ビスの様に手前にワンバウンドさせて打ちます。レシーブは普通で、シングルスコートでそのまま試合に入ります。結構
面白いですよ。

ショートクロスに打てないとまず勝てません。それとオープンコートが良く見えますから打つコースを意識できるようにな
ります。

 ボレー対ストロークをたっぷり。ストロークはショートクロスを意識してボレーは深く、を意識します。

フォアハンドストロークはトップスピンで自由に打てるようにします。

バックハンドストロークはスライスでもトップスピンでもいいですが、スライスオンリーでは通用しなくなる時が来ますの
で、トップスピンを少しずつ練習するようアドバイスしました。

 サービスは何しろ相手のバックに丁寧に入れる事。90%バック狙いでいいです。

リターンのフォアが強い人が多いから、フォアを空けているので、エースが取れそうに見えるのです。だからつい打って
しまうのですが、フォアを空けている人は自由にフォアに回り込む事ができますから、焦らず、ゆっくりバックを狙ってく
いださい。

 最初に相手のバックにキチッとサービスを入れたら、相手はそれほど回り込む事はなくなります。

最初に甘いサービスがいくから簡単にフォアに回り込まれてしまうんですよね。

 試合の流れも大事にしましょう。本当にイージーミスが多いんですよね。チャンスボールと思った時点でミスですね。ボ
ールに集中して相手を見ないようにしましょう。

 



レベル    ジュニア高学年から上級まで

レッスン内容 期の終わりなので、試合を多めに

ウォームアップ練習 試合を意識して

基本練習  ミニテニスから クラスレベルによって

ドリル練習 少し

ラリー   サービス、レシーブを多めに

試合形式  雁行陣、雁行陣から並行陣、並行陣とレベル別

試合    たくさんやりますよ。試合しか試合に強くなれませんから。





試合形式練習で動く、動く 3月1日 木曜日

最近、P・ラフターとP.サンプラスが恋しくなって、画像を取り出しています。

今週のレッスンの内容をお届けいたします。初級者からトーナメントクラスまで波乱万丈の一日です。

今期のメインテーマ 「ダブルスに強くなる」です。

今日のメインテーマ 試合形式で動く

良かった点  すぐに試合形式に入った事ですね。

反省点 

早朝クラス:

 最初のレッスンは中高年の方の初心者クラスのはずだったのですが、これが達人でした。癖がまったくなくて羨ましい
くらいの華麗なフォームです。でも体調を崩して4年テニスをしていないとかで、汗をかきかき楽しんでくれました。

一緒に78歳の方がいらしたんですが、その方は凄いですよ。今でもアドバイスをきちんと聞いてくれます。今回もフォロ
ースルーはしっかり上にとアドバイスしました。もちろんトライしてくれます。40、50だからと言って変わらない訳はない
んですね。こちらが感激です。

 中上級者クラスでは、ボレーボレーからポーチの練習に入っていきました。サービスを生徒が打って、僕がセンターに
レシーブ、それを前衛の方がポーチします。こちら側のボレーヤーがそれをブロックして試合形式に入ります。僕がレシ
ーブするタイミングでスプリットステップしていただければいいのですが、ポーチと分かると先に動いてしまう方が多いで
すね。しっかり引き付けてからポーチです。動いてくれる方は上達しますね。諦めないことが大事です。ボレーのスライ
ス感覚が出来てきた方がいらっしゃいました。良かったです。

 次の上級者クラスではもっと動く練習をしました。サーブアンドボレーで出ていただいて、先ほどのポーチ作戦です。
振替に来られた方が試合に出ている方ですから、メリハリがあって面白いです。他の方もその人の丁寧な打ち方に引
っ張られて良くなりました。こちらが感謝したい気持ちで一杯です。

 次のクラスは試合大好きクラスですから、半分は試合です。いろいろ組み合わせを替えて試合をします。楽しくも緊張
感があるからいいですよね。ハードヒッターが一人いらっしゃるので、その方がゲームを支配します。エースかミスか。
面白いですね。



今日のメインテーマ       「軸の安定を保つ」陣形の意識

良かった点             R・フェデラーのレッスンカードを渡して、参考に

反省点              理解出来ない人(打ちたいだけに見えるが)にどう話すか

 このテーマで品を変えてレッスンです。基本練習はやりたがらない方が多いので、試合形式の中で少しずつ、ショット
の話をします。そこが中級者クラスの難しいところですね。

 僕は、どこのクラスも、ミニテニスから導入しています。するとラリーや試合形式でも展開が出来るので楽ですね。最
初に打たせて入ると、良いボールもありますが、展開が出来なく、ラリーが1,2回状態になってしまいます。 

 特にボレーボレーが入るともう反応できなくなり、思わず叩いたりしてしまいます。試合形式でつなげるには、相手が 
 打つときのスプリットステップが絶対に不可欠になります。

 準備をしていない分、思わず叩きに行ってしまうのですね。つなげ様と思う気持ちがプレッシャーにもなるようです。で
3もつなげようと思わなければ、ただ打つだけになってしまいますね。

 雁行陣対並行陣で一筆書きで続けます。先週よりもかなりつながってきました。ラリーが4人で1周したらそこから自
由に打って良い事にします。でも大体自由に打ち始めたところで力んで失敗してしまいます。結果的にはつなげるラリ
ーの気持ちで十分なのですが、打たないと失敗しても何も気に入らないようです。

 その点は試合に出られている方は、ミスの大きさをしっていますから。それに試合の中では思うように打てない事をし
っているから、アドバイスも楽です。

 初級者と中級者の違いは何でしょうか。陣形を意識して打てるかどうかですね。雁行陣のストロークであれば、ペアの
ボレーヤーが準備できていなければストレートアタックは逆襲されるからしない。でも初級者では自分が打ちたいからス
トレートアタックをしかけます。ペアが困るのを打ってからでないと分かりません。

 中級者と上級者の違いは何でしょうか。今攻めているのか、守っているのかの意識の違いでしょう。中級者ですと、サ
ービス側ですから攻撃してる、全て攻撃と錯覚しやすいものです。サービスが甘かったら、これはレシーブ側が攻撃で、
一度レシーブをしのいでからもう一度攻撃に行く。そうです、しのぎが入る。これが上級者です。

 逆にレシーブが沈んだら、守りから一気にボレーヤーが攻撃に参加。これが上級者ですね。

今日の専門学校の授業は、初対面の学生達でしたが、30人全部覚えました。集中しましたよ。皆特徴があるので、覚
える事ができました。

 今年の専門学校の学生は素直な学生が多いですね。

ミニテニスからのレッスンの入りに違和感がありません。普通ですと、思いきり打てないからイライラするのですが、つ
なげる事を楽しめます。これはこれからのレッスンが楽ですね。つなげることが自由に出来ますから、試合形式も生き
たボールでラリーの中で展開できます。これはいいですね。上手くなりますよ。つなげて、そこから決めるパターンが出
来てきます。凄い楽しみですね。

 ただ今期自分の授業内容は送球法ですから、ボール出しをしっかりやってから試合形式は最後の15分位になりそう
です。もっとやらしてあげたいけれど、それも僕の勉強ですね。人生思うようにはならないものです。



サーブ&ボレーヤーを活用

レベル         ジュニアから上級者まで

レッスン内容     軸を意識 ダブルスに強くなる

ウォームアップ練習 ミニテニスの色々なバリエーション

基本練習       ストロークは振り抜く ボレーはコンパクト サービスは∞スウィング

ドリル練習      気の最後なので少なめに、前進ドリルですね。サーブ&ボレーを多めに

ラリー         クロスコートラリー ダブルスを意識して、しっかりアレーを狙えるように

試合形式       沢山やりますよ

試合          出来るだけ、僕も入って。



☆2月10日 土曜日のレッスン 

 サービスで悩む方が多いですね。

 結局、試合を意識して、サービスの練習をしているかどうかが重要だと思うのですが。

 レッスン時間90分の中で、どれくらいサービスの時間が取れるかですね。

 僕は、少しずつサービスの練習を増やしていって、2ndサービスの安定性を増すようにしてもらいます。

 特にネットミスを防ぐと、リターンに立ってもらった人が、ボールを触れるじゃないですか。

 これがネットミスでは、本当にサービスの打ち放し練習だけに終わってしまいます。



 そして理想はクロスコートで、サービス、リターンからラリーをして、どちらかがネットに詰めて、ロブがきて、と展開が
広がる事です。



 いずれにしても、少なくともサービスだけの練習ではなく、サービス、レシーブからラリー

サービスダッシュからボレー・ストローク、そのようなコンビネーション練習に広がればと良し、明日実践です。



本日のレッスン 2月 10日 土 曜日

レベル          ジュニアから、初級者、初中級者、上級者まで幅広く

レッスン内容      サービス、レシーブからクロスコートラリー

ウォームアップ練習  当然ミニテニス、レベルによってバリエーション

基本練習        ストローク、ボレー・ストローク

ドリル練習        試合形式練習の一筆書き

ラリー           サービスからのクロスコートラリー

試合形式         僕が入って、全体をまわす



☆荷川取校長の代理レッスン 1月19日火曜日

 今日のレッスンは、久しぶりに代理で人のクラスのレッスンにでましたので、その時の印象などを。

 まず代理ではいる場合、早めにスクールに行って、人数、レベルの確認です。それから、早めにおいでになる方たち
から、いつもはどんなレッスンをしているかを伺って、クラスの雰囲気を把握します。

 基本的には、お客様のご希望優先ですが、自分のアドリブを入れます。

 上級者クラスと、トーナメントクラスでした。

 女性ばかりですが、目的意識が強く、レッスン内容も、多くのメニューを順調にこなしてくれます。

 まずお互いにラリーがつながるから試合形式練習の展開が出来ますね。

 凡ミスが凄く少ないので、内容の濃いレッスンになりました。



 1点だけ気になる事がありました。それはサービス、レシーブの練習がほとんどないことです。

 あれだけ打てるのですから、もっとサービス、レシーブをやっても良いと思います。

 女性はストローク戦になるからと、サービスは本当にラリーの1本目くらいにしか考えていない方が多いですね。

でも試合の時のミスの大半はサービス、レシーブ、そして次の3本目までで70%です。



上級レベルのレッスン 1月 29日 (火曜) オープンコートはここだ!

レベル 上級者 トーナメントクラス

レッスン内容  ミニテニスから少しずつ下がってクロスコートラリー

ウォームアップ練習 ミニテニス、ボレーボレー

基本練習  前進ドリル少しだけ

ドリル練習 ボレーボレー、雁行陣の一筆書き 1週したら攻撃自由

 自由になった攻撃の時にミスをする人が多い不思議

ラリー クロスコートラリー サービス、レシーブから

試合形式 一筆書きから自由攻撃

試合 コーチが入って試合  オープンコートに軽くボールを打ち、オープンコートができる様子を知ってもらう。

テニス肘から体を守ろう 新しい振動止め VIBECUT



戻る
戻る