テニス肘から体を守ろう 新しい振動止め VIBECUT

学研 TT テニスの科学
 学研TTの連載は「せこテニス」から始まりました。
 付け焼刃でもよいから相手に強そうに見せて、せこく勝つをテーマに3年ほど。
 イラストの曽根茂子さんには本当に感謝しています。僕のイメージト、ドンピシャでした。

 その次が、「テニスアット乱打む」でそれこそアトランダムに、
 雑学しながら、薀蓄を学ぼうというものでした。これが2年ほどです。

 そして,「テニス徒然草」では吉田兼好に習って、
 テニスに関する日々のよしなし事について、教訓を書いていました。
 本物の徒然草からもずいぶん学んだものです。これも2年です。

 そして現在は、テニスの科学です。
 分かり難いテニスの科学の部分を、少しでも分かりやすく、物語風に連載しています。
 これがもう90回続いていますから、8年ですか。学研さまさまです。

 テニスに関する、ありとあらゆるねたを書き尽くそうと思っています。
 それこそ、真面目な部分から、冗談まで。でもどれも役に立つものばかりですよ。

 テニスの科学の最近の連載を、紹介しています。新しいものを上に紹介しています。
 多少読みにくいかもしれませんが、ホームページを継続して読んで頂いている方のために、
 ご了承ください。

このページでは技術編を 次のリンクページで用具の科学を特集しています。


★R.ナダルとR.フェデラー テニス力の比較 

☆攻守をはっきり変える ボレーのPlan Do See  

☆ストロークのPlan Do See  

☆ダブルス用レシーブ特訓

☆M.シャラポワ 御乱調 ここに原因が

☆サービスの重要性

☆サービスのコース

★R.ナダルとR.フェデラー テニス力の比較
 今年も、ロランギャロはR.フェデラーR.ナダルの2強対決となった。
 そして結果を見れば、R.ナダルの圧勝。
 マッケンロー対B.ボルグ、A.アガシ対P.サンプラス、
 ライバルがお互いにレベルアップを図るような構図と言える。
 オールラウンダーで41連勝、クレーコートで81連勝と、記録を伸ばしてきた二人だが、
 この二人のテニス力を、分析してみたい。この二人から何を皆さんは学ぶのだろうか



第1章 テニス力とは

 テニス力、聞きなれない言葉だが、テニスの総合力を表すもので筆者が
 今までの経験から強さを比べるのに便利な指標。
 その内訳を解説しよう。
 テニス力はその選手の戦闘能力を総合的に現す指標だ。
 サービス力、リターン力、テクニック力、コートサーフェイス順応力、戦略力、テニス体力、
 メンタル力、プラスα力 に分かれる。この8つで構成される。

 テニスの技術というと、ストロークと思う方が多いかもしれない。
 しかし筆者の長年の研究で、テニスはサービス、レシーブがポイントの6割を占める事から、
 各ショットの中での、敢えて、サービス、レシーブに重点を置いた。

 サービス力は、スピード、エースこの二人は決して良くはないが、
 結果的に、サービスゲームはキープしている。その点、かなりの上位といえる。
 ダブルフォールトも二人は極端に少ない。
 サービス力上位の選手と言えば、I.カルロビッチ、I.ルビチッチ、そしてフランスの新鋭G.モンフィルズ。
 しかし彼らがロランギャロでは上位に進出できないのが、テニスの面白さだ。
 サービス力よりもレシーブ力それがロランギャロ。クレーコートの特徴だ。
 しかし、2008ウィンブルドンでついにR.ナダルがR.フェデラーを破った。
 歴史的な出来事の日とも言える。これからR.ナダルの天下が続くのではないだろうか

 ファーストサーブからのポイント獲得率はR.フェデラー75% R.ナダルも74%上位。
 上にはソダリングの84%

 セカンドサーブのポイント獲得率はR.フェデラー53%、R.ナダルは上に来ていない。

 リターン力に関しては、異変とも言える事が、今回のロランギャロでは起こっている。
 普通ならR.ナダル、R.フェデラーと必ず上位に来るのだが、今回に関しては、
 二入ともそれほど上位に来ていない。
 対ファーストサーブのリターンポイント獲得率など、10位以下で、まったく普通の選手並み。
 その点で、今回のリターン力の査定は二人とも下げた。
 リターン優位のクレーコートと思われるが、
 男子シングルスではパワーでサービス力重視の結果が見えてきた。

 二人の勝ち上がりセットのスコアから見ると、楽勝に見えるが、
 データから見ると、リターンに関しては二人とも、苦労をしていたことが分かる。

 テクニック力は、サービス、レシーブ以外のショット、ストローク、ボレー、
 スマッシュなどのネットプレーを含むもの。

 ロランギャロでは、他のコートサーフェイスと比べると、ネットプレーが減ると思われがちだが、
 確実にポイントを取るときは、深いストロークを打ち、アプローチショットまでの仕上げをしている。
 この点は一般プレーヤーも参考にして欲しい。

 コートサーフェイス順応力とは、ロランギャロのクレーコート、ウィンブルドンの芝のように、
 コートサーフェイスが変わった時に、即順応できる、強さを言う。
 日本のこれからのテニスを強化するためには、クレーコート、芝のコートの整備は絶対に必要となる。
 クレーコートではナダルに2日の長、芝生では、フェデラーに1日の長がある。

 戦略力。相手に合わせての作戦を持ち、実行できるかどうかの力を言う。

 テニス体力とは、一般的な持久力、瞬発力との分類と違い、テニスでは、
 ラリー中の持久力の中に、サービス、スマッシュ、ハードヒットの瞬発力も要求される総合体力だ。
 当然、早い展開のときの、器用性、怪我をしないための柔軟性も要求される。

 メンタル力、精神面の乱れから、苦杯を経験した読者は多いはず。
 そう、テニスほどメンタル.タフネスが試合に影響するスポーツは少ないのだ。
 今回R.ナダルは、決勝でサービスダウンの危機から、何度も脱出した。
 8回のサービスダウンの危機を乗り越えたのだ。あのR.フェデラーから。
 そして数少ないブレークポイントチャンスを、ものにした。
 これこそメンタル.タフネスのなせる業といえる。

 二人とも、集中力はあるので、ブレークポイントをしっかりものにする力はある。
 ロランギャロまでのデータでも二人とも40%以上に数字を出しているので、
 半分近くはブレークする力がある。 しかし、それが決勝戦では、信じられない数字が出た。

 なんとあのR.フェデラーは17回チャンスがありながら1回しかものにしていない。
 R.ナダルはいつものように40%を確保していた。R.フェデラーがデュースで弱かった事が敗因と。
 言える。これは重大なことだ。

 プラスα力とは、その人個人の持つ、潜在能力、特殊能力を言う。
 例えばA.ロディックのサービスはサービス力以上のものがあるし、100点満点
 以上の力がある。I.カルロビッチのサービスにも同じ事が言える。
 A.アガシはカリスマ力とも言っても良いだろう。観客を味方につける能力だ。
 この力が科学的かどうかは、評価が分かれるだろうが、僕は敢えて、テニス力に加えたい。
 今回のロランギャロでは観客はR.フェデラーの支持に回った。
 その事を予測したR.ナダルは、敢えて、その事実を自分を発奮させるエネルギーに変えて静かに戦った。
 この力は大きい、若いナダルを大きく成長させたと言える。


第2章 二人のテニス力を比較する

 R.ナダルはベースラインから
3−6メートル下がっている。
たぐいまれなるフットワークで
相手を釘付けにして、
パッシングショットを狙うタイプ。
サースポーに加えて、
強烈なヘビートップスピンは
回転とスピードを合わせ持つ。

 お互いに後ろに下がっての
ストローク戦ではR.ナダルがやや有利。
プレッシャーをどれくらいかけられるかだろう。

R.ナダルが比較的に苦手とする、
ネットプレーの処理、R.フェデラーが
R.ナダルを前に引き出す事も考えられる。




第3章 ロランギャロで見えたもの R.ナダルの強さ
 R.ナダルの強さ、観客から強すぎてブーイングが起きたとか。
 モンターニャ、C.モヤ、とスペイン勢の対決で、セットごとに、自分のパワーをレベルアップさせる実力。
 R.ナダルの弱点を敢えて、見つけるとすると、短いボールの処理とボレー、
 あれだけグリグリにトップスピンをかける事ができるのだから、ショートクロス、
 お手の物と思いきや、意外とネットミスをしていた。

 その代わり中途半端な、深さは、左右、深く、ショートクロスと自由自在になる。

 R.フェデラーの得意のフォアハンドは、クレーコートで威力が半減する。
 しかしR.ナダルのストロークは、回転量が異常に多い分、変化するので、
 威力を増す。勝機はバックハンドの七変化のスライスの使い勝手だが、
 R.ナダルは試合開始からすぐに慣れた。これには、R.フェデラーも慌てた。

まずR.ナダルの勝ち上がりのデータを見よう。
1;ゲーム得失差は 勝ちゲーム数から負けゲーム数を引いたもの。
 プラスの数字が大きいほど楽勝、マイナスは負ける可能性が大きい。

2:サービスエースーダブルフォールト 
 文字通りサービスエースからダブルフォールトの数を引いたもの。
 サービス力第1の要素とも言える。

3;凡ミス 
 アンフォーストエラーで、自滅の原因となる、簡単なエラー

4:ウィナー 
 サービスエースを含めたショットのノータッチエース。
 理想はウィナーが多く、凡ミスが少ないのが理想

5:ブレークポイント獲得数。
 実は、この要素が試合で勝つ、一番重要な要素。相手サービスゲームを破る数。





 R.ナダルはスペイン、南米の選手とストローカーとの試合をしながら見事な調整をしている。
特に4,5回戦の同僚のスペインの選手との試合で
は、自分のサービスとストロークを、R.フェデラーを想定して、調整しているようだった。
凡ミスが初戦から多かったが、決勝に向けて抑えていったの
が勝因。



 ブレークポイントに関しては、R.フェデラー戦では数少ないチャンスを確実にゲットした。
これが勝つ要因としては一番大きかった。

 一方R.フェデラーは、ロランギャロの直前にR.ナダルを破り、クレーコートの連勝を81でストップさせた。
本人もナダル対策ができたと公言してい
たが、バックハンドのスライス、ここぞのキックサーブも逆に切り返されてしまった。R.ナダルの進化が早い証拠といえる。
「R.ナダルに勝てるのは
僕だけ」この言葉をウィンブルドンで証明できるのか。期待したい。



ご教訓

1:真のテニス力を磨け

2:R.ナダルマラメンタル.タフネスを学ぼう

3:二人から試合に対する真面目さを学ぼう



トレーニングの原則編N  意識性の原則 PART6

ダブルスボレーのPlan Do See

攻守をはっきり変える

ボレーはシングルスでは余り使われないが、ダブルスではポイントゲットの重要ショットになる。皆さんの練習を見ていると、その割に練習量が少な
い。ボレーには攻撃と守備のはっきりした使い分けが重要だ。ダブルスに勝てるボレーをゲットしよう。





第1章 ボレーの意識 サービス、リターン側で大きく違う

 ダブルスの醍醐味は、良いサービスが入ったときに、豪快に決めるポーチボレーだろう。さらに格好良いのが、決めに来たポーチボレーをさらりと
かわすブロックボレー、この両方のボレーをマスターしたい。

 普段皆さんがボレーの練習をする時に、攻撃か守りか意識をしているだろうか。ほとんどの方が、攻撃の一撃必殺のボレーを習得しようとしてい
るのではないだろうか。しかしダブルスの展開を考えて欲しい。リターンを前衛がポーチか、サーバーが1stボレ−をしなければ、次はレシーブ側が
ボレーで仕掛ける番。いずれにしても、ダブルスでのボレーのターゲットはネットに近くいるボレーヤーなのだ。そこでダブルス勝利に必要なのは、
攻撃のポーチボレーか、守りに徹したブロックボレーなのだ。同じボレーだが、意識も打ち方も全く異なるショットと言える。

 面白いデータがある。筆者は選手の試合のデータを集めている。ダブルスの名手のウッディーズの試合のデータをとっていて気づいたのだが、サ
ービス側のポーチボレーよりも、レシーブ側のブロックボレー、ポーチの方が得点の可能性が高かったのだ。

ダブルスのボレーというと、サービス側の積極的なポーチが目立つが、実はそのポーチをさらりとブロックボレーで返す、逆襲のポイントが多かった
のだ。守りの準備が大切なのだ。

テニススクールのレッスンでは、主に、攻撃のボレー
練習が多い。打っている方は、気持ちがいいからだ。
しかし、現実的に、ダブルスの試合展開を考えると、
必要なのは守りのブロックボレー




 ボレーの基本的な考え方を変えよう。テニススクールで習うボレーは、格好良くチャンスボールを決めるボレー。コーチが、打ちやすいところにボー
ル出しをしてくれるので、それを決めに行けば良い。ポジショニングもネットに詰めているから可能なことだ。

 ところが試合では、そんな甘いボレーはまず来ない。ポジションにしても実際にはサイドライン付近で守るボレーをするケースの方が多いはずだ。

攻撃と、守備のボレーの違いを表にまとめてみた。



攻撃側のボレー守備側のボレー 表





第2章 ダブルスでは3球目までに80%が決まる

 テニスほどサービス側が有利なスポーツはない。サービス型のポイント獲得率は男子シングルスだと70%。女子シングルスでも60%くらいにな
る。これがダブルスになるとさらに10%はポイントする確率が高くなる。それはボレーヤーの存在だ。

 サービス、レシーブが入る確率が重要なことは前に話した。そして重要なのが次の3本目のショットなのだ。

サービス側の3本目はサーブ&ボレーに出ていれば1stボレ−か前衛のボレーになる。1stボレ−はまだポジショニングがサイドライン付近で、ネッ
トまで遠いので攻撃は難しい。ここはもう1本つなげて次のチャンスが必要だ。

 1stボレ−は、攻めるか、まだ守るかの判断が重要。その基準は1stボレ−をするポジションだ。サービスラインよりも中には入れれば、攻めを。
まだ後ろなら守りと決断しよう。

 リターンが浮いた、コースが甘くクロスに来たら、絶好のポーチボレーのチャンス。

レシーブ側の3球目は、レシーバーが下がっていたらストロークだが、

リターンが沈んだら、レシーブ側のボレーヤーのポーチチャンスだ。

リターンが沈むと、ボレーヤーは1stボレ−をローボレーでとることになり、

沈んでくるボールに気をとられて、相手を見ている余裕がない。

だからチャンスなのだ。






第3章 ダブルス用のボレー 上達法

 ダブルスのボレーはシングルスと違って、テンポが速い。ボレー・ストロークで1.5秒。ボレーボレーならば0.5秒の展開になる。まず普段からボレ
ーボレーの練習を多くして欲しい。この0.5,秒のボレーボレーのラリーに反応する目と身体を作っておきたい。面を合わせるだけでよい。

 その次がストローク・ボレーの練習だ。ここではストローカーはベースラインに立つ。ボレーヤーはサービスラインからスタートして、1球返すごとに
前に詰める。そして3球目にはアングルでドロップボレー、ないしは、深いオープンコートでエースを狙おう。ネットまでの距離感と、詰めたら攻撃の
意識を持つことだ。

 アングルボレー同士のドロップボレー対決もタッチを良くする良い練習と言える。ボールが浮かないように注意して、ネットを越えたら落ちるボレー
を打ちたい。ここで重要なのがボールの下をえぐるスライス回転。上級ボレーの必殺感覚だ。



ご教訓

1:ダブルス特権サービスポーチを狙え

2:レシーブ側はブロックボレーで逆襲

3:3球目からは、反応の遅い方が負け





 テニスの科学 連載93

トレーニングの原則編N  意識性の原則 PART6

ダブルスボレーのPlan Do See

攻守をはっきり変える
 ボレーはシングルスでは余り使われないが、ダブルスではポイントゲットの重要ショットになる。
皆さんの練習を見ていると、その割に練習量が少ない。
 ボレーには攻撃と守備のはっきりした使い分けが重要だ。
ダブルスに勝てるボレーをゲットしよう。



第1章 ボレーの意識 サービス、リターン側で大きく違う

 ダブルスの醍醐味は、良いサービスが入ったときに、豪快に決めるポーチボレーだろう。
 さらに格好良いのが、決めに来たポーチボレーをさらりとかわすブロックボレー、
 この両方のボレーをマスターしたい。

 普段皆さんがボレーの練習をする時に、攻撃か守りか意識をしているだろうか。
 ほとんどの方が、攻撃の一撃必殺のボレーを習得しようとしているのではないだろうか。
 しかしダブルスの展開を考えて欲しい。
 リターンを前衛がポーチか、サーバーが1stボレ−をしなければ、
 次はレシーブ側がボレーで仕掛ける番。
 いずれにしても、ダブルスでのボレーのターゲットはネットに近くいるボレーヤーなのだ。
 そこでダブルス勝利に必要なのは、攻撃のポーチボレーか、守りに徹したブロックボレーなのだ。
 同じボレーだが、意識も打ち方も全く異なるショットと言える。

 面白いデータがある。筆者は選手の試合のデータを集めている。
 ダブルスの名手のウッディーズの試合のデータをとっていて気づいたのだが
 サービス側のポーチボレーよりも、レシーブ側のブロックボレー、ポーチの方が
 得点の可能性が高かったのだ。

 教訓:マスターすべし ブロックボレー

 ダブルスのボレーというと、サービス側の積極的なポーチが目立つが、
 実はそのポーチをさらりとブロックボレーで返す、逆襲のポイントが多かったのだ。
 守りの準備が大切なのだ。

ボレーの基本的な考え方を変えよう。テニススクールで習うボレーは、格好良くチャンスボールを決めるボレー。コーチ
が、打ちやすいところにボール出しをしてくれるので、それを決めに行けば良い。ポジショニングもネットに詰めている
から可能なことだ。

ところが試合では、そんな甘いボレーはまず来ない。ポジションにしても実際にはサイドライン付近で守るボレーをする
ケースの方が多いはずだ。

攻撃と、守備のボレーの違いを表にまとめてみた。



第2章 ダブルスでは3球目までに80%が決まる
 テニスほどサービス側が有利なスポーツはない。
 サービス型のポイント獲得率は男子シングルスだと70%。
 女子シングルスでも60%くらいになる。
 これがダブルスになるとさらに10%はポイントする確率が高くなる。
 それはボレーヤーの存在だ。

 サービス、レシーブが入る確率が重要なことは前に話した。
 そして重要なのが次の3本目のショットなのだ。
 サービス側の3本目はサーブ&ボレーに出ていれば1stボレ−か前衛のボレーになる。
 1stボレ−はまだポジショニングがサイドライン付近で、ネットまで遠いので攻撃は難しい。
 ここはもう1本つなげて次のチャンスが必要だ。

 1stボレ−は、攻めるか、まだ守るかの判断が重要。
 その基準は1stボレ−をするポジションだ。サービスラインよりも中には入れれば、攻めを。
 まだ後ろなら守りと決断しよう。

 リターンが浮いた、コースが甘くクロスに来たら、絶好のポーチボレーのチャンスだ。
 レシーブ側の3球目は、レシーバーが下がっていたらストロークだが、リターンが沈んだら、
 レシーブ側のボレーヤーのポーチチャンスだ。
 リターンが沈むと、ボレーヤーは1stボレ−をローボレーでとることになり、
 沈んでくるボールに気をとられて、相手を見ている余裕がない。だからチャンスなのだ。



教訓:ダブルスで必要なのはサービス、レシーブが70%、
3球目までで、ほとんど決まる

第3章 ダブルス用のボレー 上達法
 ダブルスのボレーはシングルスと違って、テンポが速い。ボレー・ストロークで1.5秒。
 ボレーボレーならば0.5秒の展開になる。
 まず普段からボレーボレーの練習を多くして欲しい。
 この0.5,秒のボレーボレーのラリーに反応する目と身体を作っておきたい。
 面を合わせるだけでよい。今のラケットは性能が良い。

 その次がストローク・ボレーの練習だ。ここではストローカーはベースラインに立つ。
 ボレーヤーはサービスラインからスタートして、1球返すごとに前に詰める。
 そして3球目にはアングルでドロップボレー、ないしは、深いオープンコートでエースを狙おう。
 ネットまでの距離感と、詰めたら攻撃の意識を持つことだ。

 アングルボレー同士のドロップボレー対決もタッチを良くする良い練習と言える。
 ボールが浮かないように注意して、ネットを越えたら落ちるボレーを打ちたい。
 ここで重要なのがボールの下をえぐるスライス回転。上級ボレーの必殺感覚だ。

ご教訓

1:ダブルス特権サービスポーチを狙え

2:レシーブ側はブロックボレーで逆襲

3:3球目からは、反応の遅い方が負け


 テニスの科学 連載92トレーニングの原則編M  意識性の原則 PART5

ストロークのPlan Do See  ストロークはテイクバックで調整



運動の要素を整理しておこう
シングルスとダブルスはまった区別のスポーツと言われる位に、
ショットの質が変わる。特にストロークのテイクバックだ。
 同じプレーヤーでもシングルスと比べると、
 ダブルスの時のストロークがコンパクトになっている事に気づかれているだろうか?
 今回はダブルスで勝つための、ストロークを身に付けよう。
 ストロークは、初中級者でも一番練習するショット。ストロークは強力でもあるが、
 不安定にもなりやすい両刃の剣だ。
 その両刃を研ぐ方法を探ろう。
 その点を、念頭に入れダブルス用の必殺ストロークをマスターしよう。



第1章 ストロークのシステム5 テイクバックの大きさで調整

ストロークのメカニズム
 シングルスのストロークのラリー、クロスなら片道、1.5〜2秒。
 しかしダブルスではボレー・ストロークとなるので、その時間は一気に1秒以内と短縮される。

 そう、だからダブルスのストローク練習では、この速いタイミングに慣れないと振り遅れる。
 それを楽しいからとベースラインからのラリーをしているといつまでたっても速いテンポに慣れない。
 だから練習はボレー・ストロークでやることだ。
 ラケットを引く余裕のない事を前提として練習すると、ストローク同士のラリーが楽になる。
 統計のデータでもダブルスでストローク同士のラリーになるケースは、
 女子ダブルスを除いて、それほど多くない。
 ボレー・ストロークの可能性の方が高いのだ。

 皆さんは、システム5の考え方を知っているだろうか。
 A.アガシ、M.シャラポワを育てたニック・ボロテリーノアカデミィが提唱している、
 試合に勝つための基本原則だ。
 ショット、場所、打つ高さなどを分かりやすく5段階に分けている。

 その中に、各ショットのテイクバックとフォロースルーの関係を述べているくだりがある。
 打つ場所、攻めているか守っているかで、テイクバックの大きさを変えよう、
 と言うユニークで現実的な提案だ。

 基本的にフォロースルーはしっかり振り抜く。
 しかし、テイクバックは相手のボールの力関係で調整するのだ。
 自分に余裕があれば一番大きなテイクバックの5。
 しかし、余裕がない場合はテイクバックは1で最小となる。
 例えば、A.ロディックのサービスを返そうと思ったら、テイクバックはせずに、と言う事になる。


第2章 攻撃か守備か、自分のポジショニングを考えよ

 これが噂のシステム5
 システム5のもうひとつの考え方に、ポジショニングがある。
 自分のいる位置で、守りか攻めか判断できるのだ。
 皆さんの実力で多少の範囲はあるが、大きな目安となる。
 この中で、ゾーン5のポジションは、バックコートの狭い日本のコートでは、確保できないので、
 使わないとして、一般プレーヤー用にはゾーン4まで十分だ。

 ゾーン4はベースラインのすぐ後ろの場所。
 トッププレーヤーならラリーでつなぐ場所だが、皆さんなら迷わず、完全に守備のポジション。
 一般プレーヤーならば、ロブで逃げる感じで良いだろう。

ゾーン3の場所はベースライン内側。トッププレーヤーなら攻撃だが、
 一般プレーヤーでは、ラリーを考えよう。

そしてゾーン2のベースライン寄りで攻撃を考えるべきだろう。
 ゾーン2でもネットよりなら、ポイントを狙う。

そしてゾーン1ではボレーヤーでのポイントとなる。

 ゾーン2のポジションでは選択肢がある。
 ベースラインに戻ってストロークで粘るか、前に詰めてボレーを狙うかだ。
 ペアリングとの相性もあるが、ネットプレーも得意であれば、
 アプローチショットで前に詰めることを考えよう。

 ゾーン2,3のラインに来た時に、前に詰める気持があるのであれば、
 オールラウンダー、もう一度後ろに下がるのであれば、完全なストローカーと言える。

システム5のゾーンとレベル別の戦略



第3章 ダブルス用のストローク オープンコートを狙う

 ダブルスのストロークはシングルスと違って、壮絶な打ち合いになるケースは、少ない。
 ボレーヤーがいるからだ。いくら良いショットを打っても、
 ボレーヤーのいる場所では、簡単に逆襲されてしまう。まずボレーヤーを避けること。そして
 相手のストローカーとのオープンコートを常に見つける癖をつけよう。

 オープンコートは必ずできるものだ。自分のショットに集中力する余裕が出来たら、
 少しずつ、相手のオープンコートを常に探すのだ。
 自分たちが、攻撃的な良いボールを打ち相手を動かしたときに、オープンコートが出来る。
 逆に、相手に先に深く振られるか打たれると、こちらにオープンコートが出来る。
 ダブルスとはオープンコート探しともいえる。
 クロスコートラリーになった時に考えるのは、相手のボレーヤーに取られないこと。
 相手のバックを狙うこと。
 相手が並行陣に詰めて来た時の、狙いはセンターセオリー。
 これで決まりだ

ご教訓

1:攻め、つなぎ、守りを覚えよう

2:システム5でテイクバックの調整を

3:オープンコートを常に見つけておけ

☆ダブルス用レシーブ特訓
 読者の皆さんには、サービスの重要性を、口とを酸っぱくして言い続けていた。
 ストローク練習が楽しいのは分かる。
 しかし試合のポイントの半分近くは、サービス、レシーブで終わる。
 さらにダブルスではもっとレシーブの重要性が増す。
 そこで今回は、ダブルスの試合に勝つための、レシーブに焦点を当てた。
 これでサービスブレークができるぞ

第1章 レシーブ上達のコツ スプリットステップと反射
 テニスの数あるショットで一番威力があり、速いのがサービス。
 それを返すリターンは、余裕が無いショットと言える。
 時速200キロを越すトッププレーヤーのサービスでなくても、
 一般プレーヤーレベルでも100キロを越せば、かなりの速さだ。車の運転を考えてみればいい。
 しかも身長+腕の長さ+ラケットの長さ+ジャンプ= 男性なら250センチ以上の高さになる。この高さから打ち込ま
れるのだから、サービスはストローク以上に威力を感じるのだ。

 更に、厄介な事にサービスは、完全にサーバーのペースで打ってくる。ストロークなら、自分で打った後の相手のボー
ル、読みもあるし、時間的余裕もある。しかしサービスはタイミング、球種が非常に読みにくい。だから、リターンは考え
て行動するのでは遅い状況にあるのだ。

 テニスほどサービス優位のスポーツは無い。そこでリターンを返しさえすれば、形勢逆転につなげることができる。そ
う、強力サービスに対して、リターンは反応すると考えた方が無難。相手が打ったら、反応して面を合わせる。それを第
1段階にしよう。第1段階では完全に守備を考え、余裕が出てきたら、攻撃となる。

 もちろんそれは相手のサービス力対、自分のリターン力との力関係となる。力の差を考えてplan do seeなのだ。



 サービス力 対 リターン力 力関係





 シングルスのレシーブは、とりあえず相手のコートに返せばよい。だから気は楽。しかしダブルスではそうはいかな
い。相手にはボレーヤーがポーチで一発で決めてやろうと、虎視眈々と狙っている。このボレーヤーをクリアしなくては
ならないからだ。

 しかも、相手が前衛陣で詰めるのであれば、レシーブを沈める必要がある。ボレーヤーのプレッシャーに加えて、沈
める必要性、この二つを考えるとミスが増える。それがダブルスのレシーブの問題点だ。



第2章 レシーブのパターンを多く持て

 皆さんのリターン練習はどれくらいするだろうか? コース球種を考えて、打っているだろうか。ただ返すだけのレシー
ブをしていないだろうか。

 もちろんネットミスやアウトよりは、返すだけでもかなり良い。ダブルスではサービス、レシーブまでで勝敗が50%以上
決まる。ネットミスが目立つので、最初は高めに返す事でよい。相手がそれを叩いても、何とかなる。

つまり、レシーブを返すだけでも、勝機はかなりやってくる。レシーブがサーバーにしっかり返っていれば、レシーバーが
一気に有利になる。しかし甘く帰ると、サービスが圧倒的に優勢になる。

リターンの段階を順に追ってみよう。相手のファーストには守り、セカンドは責める気持ちを持っていよう。







初級者   ネットを越えれば良い。ロブで十分

初中級者  雁行陣が多いので、クロスに深く。ストレートアタックで抜ける事が多いので使いたくなるが、

        将来を考えると、まずクロスに

中級者    相手の並行陣を考えると、沈める技術も。最初はスライスで、次はトップスピンで

中上級者  ストレートアタックも可能性に入れて

上級者    自由に打ち分けを



サービスのコースとリターンの目標

 サービスのパターンリターンの目標リターンの難易度

 雁行陣からバック狙いクロスに深くか、ストレートロブ 高

 雁行陣からワイド狙いダウンザラインかクロスに深く ロブ中

 雁行陣から甘いサービスリターンダッシュ低

 バック狙いで並行陣ショートクロスに沈めるかストレートアタック超高

 ワイド狙いで並行陣ショートクロスからストレートロブ 高



第3章 レシーブの目標設定

 リターンの練習は難しい。良いサービスを打つ人が必要だからだ。しかも、スピード、球種、コースを、ある程度自由
に打てるプレーヤーがサービスを打つのが望ましい。

 リターンの練習は、ストロークで出来ると錯覚しているプレーヤーが多い。ストローカーに多いのだが、ストロークは一
般プレーヤーでは早くても80キロで、弾んでも胸の高さ。面さえ合わせれば、なんとかなる。

 しかし、サービスは先ほども書いたが、3メートル弱の高さから打ち下ろされてくる。単純に考えても、1.5メートル以上
弾む事も考えられる。しかもスピードは男子なら100キロを越す。

 だから試合では、サービス、レシーブまでのミスが多いのだ。とりあえずリターンが返れば、かなりの確率で、勝負が
転がってくる。

 図は相手が雁行陣のサービス側のオープンコートを示している。基本的にダウンザラインは打たないとして、クロスで
勝負しよう。リターンもフォアなので、相当に切れるワイドに来ない限り、リターン優勢で勝負できるはず。一番楽なお勧
めコースはセンターでサーバーのバックに返す事。この時にポーチに気をつけること。思い切って振り抜くフォアのリタ
ーンなら、そう簡単にはポーチできない。

右サイドでサーバーはフォアに打ってきた。
そこでのリターンのコース
相手は賢く、バックにサービスを入れてきた。
そんな時に、リターンはどうかわすか。


 打点を前にとって、ショートクロスが打てるのであれば、これが最高にお勧めだ。そのままエースになる事が多いし。と
られても、相手のペアにオープンコートが出来る。

 相手がサーブ&ボレーで来る場合は、基本はクロスに沈める事だ。フォアのリターンなら沈めやすいが、バックを正確
に狙われるようだと、相手も上手い。ロブで対抗しよう。サーブ&ボレーではリターンも沈めようとする。それはクロスな
ので、ポーチに出る可能性も高い。相手のファーストサービスがバックに来たら、様子見でストレートロブ も頭に入れて
おきたい。



ご教訓

1:レシーブのplan do see を持て

2:リターンはストロークではない、ボレー感覚で

3:ショートクロスに沈める意識 高いロブも打つ余裕







 テニスの科学 連載90 全豪 特別企画 

☆M.シャラポワ 御乱調 ここに原因が



 ランキングでトップに躍り出たM.シャラポワだが、全豪ファイナルの対S.ウィリアムス戦、東レパンパシフィックと、大き
な問題点が出てきた。さあ、M.シャラポワのコーチになったつもりで、問題解決を図ろう。M.シャラポワの問題、実はそ
れは、皆さん自身の問題でもあるのだ。





第1章 心・技・体のバランスが崩れた 根本は心

 東レパンパシフィックではなんと3試合で37本のダブルフォールトをしてしまった。これは前代未聞。もっとも、2試合
で31本のダブルフォールトをしてもフルセットで勝ち上がっているのだから、類まれなるストローク力とガッツとは言える
が。

 その原因は、オーストラリアンオープンのファイナル、S.ウィリアムス戦にある。S.ウィリアムスに2ndサービスを目一杯
叩かれたのだ。1stサ−ビスでは66%で何とかポイントしているが、これが2ndサービスになると、なんとたったの20%
しかポイントできていない。

 S.ウィリアムスがフォアに回り込んでリターンエースを狙っている。そのプレッシャーが、1stサ−ビスを入れなくては、
と弱気の悪循環になる。これは皆さんにも多いので納得するはず。



 東レパンパシフィックでのダブルフォールトの内容が悪い。ネットのかなり下、1メートル以上もオーバーするなど、プ
ロでは考えにくいミスを連発した。この理由は次の章で述べる。

ゴルフのパットでトッププレーヤーが打てなくなる、イップスと言う症状がある。カップまで近い、だからこそ、入れなくて
は、変に意識して、腕が硬直状態になってしまうのだ。

 こんな時、皆さんだったら、どうしますか? いろいろ考え、意識すると、サービスはますます入らなくなる。自分を信頼
して、思い切り良く振り抜く事だ。



第2章 サービス不調の原因は 高速化にあり

 最近の女子のトッププレーヤーのサービスは、どんどん高速化している。S.ウィリアムスの202キロを筆頭に、大体1
80キロは越している。M.シャラポワの身長が188センチ。ここまで高いと、高い打点で、フラットで叩き込むことができ
る。

 どんどん高速化が進むにつれて、女子のサービスにも男子と同じような、フォロースルーをとる選手が多くなってき
た。野球の投手のように、打ち終わった後、右足を大きく後ろに蹴りだすのだ。このことによって、足の反動で、手とラ
ケットが大きく前に加速されるのだ。

 ただし、この打ち方が出来るのは、身長が185センチ以上ないと、入る確率が低い。いくら速く打たれてもボールは
空気抵抗で必ず減速する。重力で落下します。それを考えて理論上計算すると、フラットで叩いて入るサービスを打つ
には、身長185センチ以上となる。

 M.シャラポワが打っているサービスはまさにこの男性的なサービス。身長的にはぎりぎりだが、体力的には男性という
訳には行かないので、今はリスキーなサービスとなっている。

 イラストからも分かるように、インパクトが少しでもずれると、ネットかアウトしてしまう。右足が後ろに伸びているので
手は前に出るが、上には行きづらいいので、ますますネットする要因となる。



左より身長の高い人のフラットサーブを叩き込むイメージの打点。

中央は理想の打点(身長が低い人は上に振り抜く必要がある)

右が、主婦の方に多いサービスの打点。ボールは上に飛ぶが、強打すればアウトする。



第3章 高度な技には体力のバックアップが必要

 M.シャラポワ選手がA.イワノビッチ戦で棄権したのは左脚のハムストリングの怪我。これはジャンプする時に使う筋
肉。また左脚は、右脚が後ろに伸びている関係で、1本で着地の全体重を支えなくてはならない。つまり、かなりの負担
が来る。怪我をしても仕方がない。

 左脚1本で立つ、バランス感覚に加えて、ハムストリングを中心とした、脚部の筋力アップが必要になるのだ。トレー
ニングとしては、両脚のスクワットに加えて、片脚での曲げ伸ばしをメニューに入れよう。サービスのインパクトをイメー
ジして、右手を伸ばして、左脚での、片脚ジャンプも効果的だ。



ご教訓

1:いつでも平常心に戻す練習を

2:無理なサービスは打たない

3:体力トレーニングを怠るな





 テニスの科学 連載89トレーニングの原則編K  意識性の原則 PART3

サービスのPlan Do See  ダブルス用サービス特訓

リード

 皆さんの練習は、ストロークが中心ではないだろうか? しかし、試合のポイントの半分近くは、サービス、レシーブで
終わる。ストロークラリーの展開よりもまずはサービス、レシーブだ。さらにダブルスではもっとサービスの重要性が増
す。そこで今回は、ダブルスの試合に勝つための、サービス練習にスポットを当てた。



第1章 サービス上達のコツ 円運動、 セカンド 次の準備

 サービスは自分一人で練習できるから、いくらでも上達する。しかし、練習をする人をあまり見ない。さらに、コース
や、ポイントなどの状況を想定して、練習する人は皆無と言って良い。サービスこそPlan →Do →Seeを実行することが
必要なのだ。

 簡単な方法として、まずストロークの練習の最初に軽いサービスから始める事をお勧めする。軽く打っても、サービス
の打点は高い。すると相手もリターンの感覚を練習できる。これだけでただのストローク練習がより試合に近くなる。こ
うすると、フォールとでは相手に悪いから入れるようにする。ここが確率アップのための重要アイデアだ。

サービス上達の3ポイントを紹介しよう。

1番目は∞スウィングで円運動のイメージを持つ。身体前面の円運動から背中を回る後方の円運動に入り、一気にイ
ンパクトに向かう。円運動ができれば、遠心力でサービスが無理な力を必要せず、速くなる。

そして、2番目は1stサ−ビスの練習をやめて、2ndサービスの徹底練習をする。1stサ−ビスの魅力は分かるが、速い
ファストを打って、ミスするとセカンドは、弱気になって、入れてけ、サービスになりやすい。これではリターンで叩かれ易
い。

2ndサービスを確実に打てると、1stを自信を持って、思い切り狙えるようになる。セカンドが安定してきたら、スウィング
スピードを上げれば、1stサ−ビスの完成だ。しかもファーストとセカンドの差がなくなり、練習が楽になる。

第3のポイントは相手のバックを狙う事。皆さんの周りを見渡して欲しい、バックが得意の方いますか? ほとんどの方
バックが苦手、だからサービスはしっかりバックを狙う。これが出来たら、リターンで攻撃される事はまずない。





第2章 今年達成したいサービスは?

 サービスで実は修正することはそれほど、多くは無い。まずグリップだ。俗に言う薄いグリップ、コンチネンタルグリッ
プにすると、∞スウィングは楽になる。

 次はトスのタイミングだ。皆さんはトスに合わせてサービスのスウィングをしようとするだろう。するとスウィングがぎこ
ちなくなる。そこで発想を変えよう。

 サービスの肩を回す∞スウィングをたっぷりイメージしてから、そこにトップスピンを入れてあげるのだ。そうすれば、
スウィングの余裕がある。

 トスの低い方が多いが、これだとトスのボールがすぐに落ちてきてに、ラケットが肩を回る余裕が出来ないのだ。サー
ビスの∞スウィングで肩を回す感覚を覚えよう。

サービスでトッププレーヤーがプロネ−ションを使う(回内、内転と間違って使う人が多いので注意)。その点だけ見て、
ひじから先のひねり練習をする。すると必ず手を痛めてしまうことになる。

プロネ−ションは膝をしっかりと曲げ伸ばして、肩を回すことで、自然とラケットのエッジから振り出される。つまり、運動
連鎖の結果自然とプロネ−ションが出来上がるのだ。







第3章 サービスの目標設定

 例えば皆さんがサービスの練習をする。どうやって計画する? それでなくてもサービス練習は少ないのに。「出来れ
ばコースを狙って。」それだけで試合の時に良いサービスが入るだろうか?

まず、気づいて欲しいのがセカンドサーブの大切さ。皆さんはサービスの威力を増そうとファーストを意識して打ってい
るはず。ではどれ位試合でファーストが入るだろうか? 多分、50−60%という方が多いと思う。少なくとも半分は2nd
サービスの練習をしなくてはいけないのに、1stサ−ビスの練習しかしていない人が多い。

 それならば発想を変えて、速さよりも確実性を求めてセカンドサーブを練習したらどうだろうか。セカンドが安定すれ
ば、ファーストはもっと思い切って打てる。

 サービス練習では、必ず目標物を置いて欲しい。大きめのコーンがいい。小さ過ぎるとなかなか当たらず、テンション
が下がりやすい。10%は当たるくらいの目標がよい。実験のデータでも、なんとなくコートに入れようとした練習よりも、
コーンで目標設定した方が、コントロールが良くなったことが証明されている。

 試合の時に、このコーンをイメージして打てれば最高によい。

 第3ポイントのコース、狙いだ。多分皆さんは右サイドのサービスに困っているはず。相手のバックに入れるのは、結
構難しい。イラストを見れば一目瞭然だが、サイド寄りからサービスを打つと、バックを狙っても、相手に用意に回り込
まれやすいのだ。

 そこで、ダブルスでも少しセンター寄りから打ってみよう。見違えるほどバックを狙いやすくなるはずだ。ただし、右の
ショートクロスがオープンコートになるので、打ったらケアする事を忘れずにして欲しい。

 さあ、この3つのポイントをPlan →Do →Seeで確実な物にしよう。これで試合は楽勝だ。





ご教訓

1:∞スウィングでサービスを打つ

2:2ndサービスの練習を

3:相手のバックを狙え





1:サービスの重要性

 今年のグランドスラム初戦、オーストラリアンオープンはS.ウィリアムスの強烈な復活で、幕を開けた。ちょうど、2年前
にS.ウィリアムスが絶好調の時のテニスの科学の原稿があるので、紹介しよう。

テニスの科学 連載37 勝因と敗因を探る4



試合で勝つには2ndサーブだ

 S.ウィリアムスがRolland Garros、Wimbledonと連勝して、USオープンに望む。一方L.ヒューイットも調子を挙げて年間
1位を不動のものにしようとしている。彼らの凄さは1stサ−ブの安定性にある。そしてセカンドサーブが最後まで安定
して高いポイント獲得率を守っていることだ。逆に負けた選手は2ndサーブが軒並み50%を切っていた。そこで、この
2ndサーブの向上にキミタチの勝因を見つけよう



第1章 1stサービスに勝因が、2ndに敗因があり

 試合に勝つにはサービス力がいる。これは分かるのだが、具体的にはどのようにすれば良いのだろうか。そこで先の
Wimbledonの男女ベスト8までの選手の勝ち上がりごとのサービス力をグラフにまとめみた。するとサービスに関する新
しい発見が。  負けた選手は、全て2ndサーブのポイント獲得率が50%を切っていたのである。サービスとなると、1st
サ−ブを何とかしたい、との意識が働く。解説でもレッスンでも、「1stサーブの確率をあげろ」と言うが、2ndサーブにつ
いては余り触れていなかった。そう試合に勝つには2ndサーブをなんとかしなくてはならないのである。

 プロですらそうならば、1stサーブのままならない一般プレーヤーのヘロヘロ2ndサーブは死活問題になるだろう。ゲー
ム展開も何もない。セカンドサーブを何とかしなくてはならないのだ。

 試合でプレッシャーが一番かかるのは、ゲームポイントを握られている時の2ndサーブだ。例えば15ー40のこれを落
としたらヤバイとか考えるだけで、もうプレッシャーで身体はコチコチ、腕は縮んでしまう。これではサービスキープもへ
ったくれもない。 次の表は優勝者を除くベスト8以上の選手が負けたときの2ndサーブのポイント獲得率をまとめたも
の。





 勝っているときは2ndサーブでも50%以上を楽に確保していたが、負けた時は一目瞭然、50%を切っている。女子
のJ.カプイリアティ、D.ハンチュコワがかろうじて50%をキープしているが、この時二人とも1stサ−ブでポイントを取れ
ていないので負けてしまった。



第2章 抜群の1stサ−ブの安定性L・ヒューイット

 男子ではサービスキープが勝利には欠かせないが、1stと2ndをどのように考えて組み立てるかに個性が出てくる。

1st重視型のL・ヒューイット、帳尻を合わせるX.マリッセと特徴が良く出ている。

 それにしてもL・ヒューイットの1stサ−ブは、大体80%をキープ。セミファイナルでは1stが低くなった分、2ndで65%
で底支えをしている。このサービスの辻褄合わせがウィンブルドン優勝の原動力となっている。サービス自体それほど
速くなくても、切れとコントロールで相手を左右に振り回し、得意のストロークでとどめを刺している。キミタチも参考にし
て欲しい。

その点準優勝のD.ナルバディアンは1stサ−ブも低く、2ndサーブだって決して高くはない。サービス力に頼らない、南
米育ちのストローカーの特徴だが、薄氷の勝ち上がりだったことをデーターは物語っている。彼らがサービスに目覚め
た時はランキングが入れ替わる可能性がある。

 

グラフの線がSFの後、下に下がっている選手は、負けている選手



☆L・ヒューイット 1st重視型

 L・ヒューイットは1stサ−ブのポイント獲得率が異常に高い。男子上位プレーヤーの典型だ。1stのポイント獲得率は
ほとんど80%近く、これでは相手は付け入るスキがない。特に3回戦では1stサ−ブ2ndサーブともに90%の獲得率
だから、相手はなすすべもない。彼はサービス自体はそれほど速くなく、サービスの切れとコースでで勝負するプレーヤ
ー。キミタチにも参考になるはずだ。



☆D.ナルバディアン サービス無視型

 D.ナルバディアンは男子としては1stサ−ブのポイント獲得率が低い。2ndサーブも低く、次のストレート戦に賭けて
いるタイプだ。南米のストローカー特有の、粘ってポイントをとるタイプのプレーヤー、サービス力に頼らないのだ。特に
QFはラペンテッィと対戦し、1stも2ndも50%台の低いポイント獲得率だから薄氷の勝利と言える。

サービスが勝負を分ける男子シングルスの世界では、稀な勝ち上がりのケースだ。彼はまだ若いので、これからサー
ビス力をグングン上げて、威力も安定性も増してくるはずだ。



☆X.マリッセ 帳尻合わせ型

 X.マリッセは1st、2ndで調整をするタイプ。1stが良ければ2ndは控えめ、1stが調子悪いと2ndサーブを集中してコ
ースにコントロールしてくる。崩れないタイプの選手といえる。このところ、調子が良く、上位に進出する機会が多いのも
うなずける。セミファイナルのD.ナルバディアン戦で勝利を逃したのは、このセカンドサーブが不調に終わったからだ。
しかも第5セット途中からの不調が痛かった。



☆T・ヘンマン 後半戦下降型

 面白いのがT・ヘンマンだ。1stサ−ブは結構安定しているのだが、後半戦に向けて2ndサーブのポイント獲得率が
落ちている。長丁場でスタミナ不足になるのではないだろうか。このへんのスタミナ不足を解消したら、ウィンブルドン以
外のグランドスラムでの上位進出も可能だ。※1 サーブ&ボレーヤーの彼は、1stサ−ブに頼るきらいがある。2ndで
はネットに詰めないので結果的にポイント獲得が難しくなる。以前の様に2ndサーブでも前に詰める勇気がサーブ&ボ
レーヤーには必要不可欠だ。M.MirnyがUSオープンで善戦したように。※1 ウィンブルドンで高成績を残す事が多い



第3章女子は個性溢れる S.ウィリアムスは超安定  

 敗者の2ndサーブポイント獲得率が50%以下に落ちているのは女子も同じ。決勝で妹に敗れたV.ウィリアムス、準決
勝でウィリアムス姉妹に敗れた、J.エナン、A.モーレスモ二人もポイント獲得率が落ちている。女子の場合、基本的に
男子と比べると1stサ−ブ、2ndサーブともポイント獲得率は下がる。身長、スピードの違い、いろいろな要素がある
が、男子以上にサービスの工夫が必要だ。

女子の中では現在ウィリアムス姉妹は頭一つ抜けている。特にサービス力は抜群で男子上位選手並みのポイント獲得
率を示す。彼女達を上回るのには男子同様の体力が必要だ。難しいが、それでもテニスはサービス優位のスポーツ。
2ndサーブでもなんとか50%以上を確保しないと、勝てないのは事実だ。さて彼女達のサービスの個性を観察しよう。



☆S.ウィリアムス 抜群の1stサ−ブ安定型

 S.ウィリアムスは1stサ−ブのポイント獲得率が異常に高い。Wimbledon全戦で70%を超えている。これは男子並み
のサービス力を示している。さらに彼女が凄いのがダブルフォールトの少なさだ。エースが多く、ダブルフォールトが少
ないのだから、当然サービスゲームの試合運びは楽勝だ。2ndサーブのポイント獲得率が2度50%を割っているが、1
stサ−ブが超安定しているので、サービスキープが出来る訳だ。



☆V.ウィリアムス 破壊力で帳尻を合わせる

 V.ウィリアムスは1st、2ndで帳尻を合わせるタイプ。しかも持ち前のパワーサーブで相手をねじ伏せるのだからたま
らない。クオーターファイナルでは信じられないことに2ndサーブのポイント獲得率が1stサ−ブを上回った。これは驚
異的なことだ。手をつけられないサービスゲームを展開したことだろう。妹との決勝では、得意のサービスを封じられて
しまった。



☆J.エナン 気分で同調タイプ

 J.エナンは1stサ−ブと2ndサーブのポイント獲得率が同調するタイプ。つまり1stサ−ブが良いときは2ndサーブも
良いので手がつけられないが、1stが悪いと、そのまま2ndにも影響して、簡単にゲームを落としてしまうことを示してい
る。人間全てに集中する訳にはいかないが、2ndサーブで立ち直る技術を持つ事。このへんの集中力を克服したらウィ
リアムス姉妹と戦えるのではないだろうか。



☆A.モーレスモ 2nd奮起型

 A.モーレスモは全く逆のタイプ。X.マリッセに似ている。1stサ−ブが悪いと奮起して2ndサーブで盛り上げる。だから
安定してサービスをキープできる。ただ1stサ−ブが良いと、その分安心してか2ndサーブを叩かれポイント獲得率を
悪くしているのが二人のグラフから読み取れる。彼女の4ラウンドでは1stサ−ブが入ると100%のポイント獲得率。こ
れは1stサ−ブが入ったら手をつけられない状態の事を示している。いずれにしても敗れる時の2ndサーブは50%を
切ってしまう。このへんを考えてサービスゲームを組み立てる必要があるのだろう。

今回のUSオープンでもJ.カプリアティを破り上位に進出、サービスゲームの安定性が増してきたからこそなせる業だ。





第4章 さて皆さんはどうすればよいか

 プロの1stサーブの入る確率は女子70、男子60%前後、彼等は2ndサーブの絶対の自信があるからこれでいいが、
アマチュアのプレーヤーであれば1stサーブは70%以上に上げたい。そして90%以上は入る2ndサーブを身に付けよ
う。そのためには、2ndサーブを安定させる方法を考えなければならない。そこで次のスペシャルアドバイスを伝授した
い。



2ndサーブ上達のためのご教訓

1:多少緩くても入る確率の高い、回転系のサービスを覚える  フラット願望は捨てる

2:この時に膝の曲げ伸ばしを使う                  打ち上げ感覚を覚える

3:2ndサーブだけで試合をする練習を                2ndサーブのプレッシャーに耐える 

4:タイブレィクを2ndサーブだけで                   さらにプレッシャーに慣れる



2:サービスのコースはこう狙え
テニスの科学 勝因を探る、敗因を探る6  サービスのコースはこう狙え

 USオープンでトッププロのサービスのコース分析を行った。すると、選手の個性が数値となって浮かび上がった。

 これほどはっきりと相手によってコースを変えているとは思わなかった。対戦相手によってはっきりと変わるし、1stサ
−ブと2ndサーブでは全くコースが違うのだ。又、右サイド、左サイドでもサービスゲームの組み立てを変えているの
だ。これは驚きの事実。このコース狙いをマスターすれば、P・サンプラスのサービスゲームが出来るかも?! 本邦初
公開、キミタチにも大参考のサービスのコース辞典だ。



コラム インターネットでここまで調べられる
 今年からインターネットでテニス情報が増えた。
 特にグランドスラムの試合、ATPの情報など、試合展開の内容が良く分かるものが増えている。
 テレビの観戦で一緒に見るとものすごく楽しくなる。
 試合中のテレビのテロップに両選手のサービスエースやダブルフォールトの数や
 1stサ−ブの%が出ますね。あれのもっともっと情報を深くしたものだ。

 その一つがサービスのコースとスピードを紹介したもの。シングルスだけなのが残念。
 欲を言えばダブルスもやってくれたら助かるのだが。
 二人の1stサ−ブ、2ndサーブごとのスピード、コースが克明に紹介される。
 この画面の紹介は他のページで。


第1章 個性溢れるサービスのコース
 選手独自の定番サービスのコースはあると思っていた。
 しかし分析して分かったのだが、自分の得意なサービスを打てる場合と、
 相手によって替える場合が多いのである。
 さすがに自分で自由に打てるのは1stサ−ブで、
 2ndサーブは相手によって見事にコースを変えている。
 特に選手の特徴が出るのが2ndサーブだ。
 力で押せる1stサ−ブと違い、2ndサーブではレシーバーも攻めるのでコース選びが慎重なる。
 だから選手の個性が出る。
 サンプラスが今年のUSオープンで見事に復活したのはこのサービスのコースを
 相手によって変えているからだと言える。
 この人の特徴だというサービスのコース、定番コースはあるが、
 レシーバーもそうは簡単にサーバーの意思通りにはさせてくれない。

 コースにも主義主張が出る。速さを生かすエース狙い、弱点を突いてミスを誘う、
 サーブ&ボレーの詰めを考えたもの、読みを外すために分散させるコースといろいろ選手の個性が出る

 いずれにしても速さ、回転、コントロールの3つのサービス力があり、
 レシーバーの自由には打たせないこと、ワイド、ボディ、センター3ヶ所の打ち分けは
 いつでもしっかり出来ることが原則となる。

1stサ−ブはサーバーの攻撃力で考える 力が均衡していると思えば次を考えたコースを。

2ndサーブは相手の力関係で打つ 明らかに次のコースを考えて打つこと。

 プロの選手でもサービスでごり押しをしている選手は少ない。
 特に男子は100位でもサービス力レシーブ力はあるの
で、2ndサーブは誰もが慎重になっている。
 ましてや2ndサーブでプレッシャーのかかるキミタチは、
 謙虚に2ndサーブはレシーバーの嫌な都合を考えて打つことだ。

次の表はサンプラスのUSオープン'02 対戦相手毎のサービスゲームの特徴だ


 表から分かる通り、全く同じ攻めは誰にもしていない。
 あれだけ強力サービスのP・サンプラスをしてもだ。
 サーブ&ボレーヤーのルゼドスキー、カウンターパンチャーのアガシ、
 粘りストローカーのシャルケンと個性溢れるプレーヤーに対して、
 個性を封じ込めるサービスを配給している。1stサ−ブと2ndサーブの配球の妙も楽しみだ。



基本的なコースは3つ



 このコースを1stサ−ブ、2ndサーブで組み合わせるのだ。
 サービス力のある選手は1stサ−ブは明らかにサービスエースを狙いに来る。
 そして2ndサーブで2,3のコースに変更する。
 2ndサーブでは40−15ではダブルフォールトを恐れずに、露骨にエース狙いで打つことも多い。

 右サイドと左サイドで攻め方が異なるケースも多い。
 例えば右サイドはセンター狙いで、左サイドは分散型。

 プロの1stサ−ブと2ndサーブの狙いの変化も面白い。
 特に1stサ−ブdせエース狙いの選手の場合、多少リスクを犯しても狙ってくるが、
 2ndサーブは一変して超安定するコースを狙ってくる。
 明らかに自分のサービスの都合ではなく、相手レシーバーの弱点を、逆を突こうとしている。

 ここで面白いデーターを発見。
 ウィリアムス姉妹対決のUSオープンでのセレナのサービスゲーム。
 1stサ−ブはヴィーナスのフォアを狙い、2ndサーブはバック狙いに切り替えている。
 USオープンのハードコートとローランギャロスのクレーコートで作戦を変えているかチェックしてみたい。

 また右サイドと左サイドでコースのパターンを変えている選手も多い。
 プロの選手ともなればフォアバックでそうは差はないはずなのだが、
 少しの弱点でもつけ込もうとする姿勢が見える。

テニス肘から体を守ろう 新しい振動止め VIBECUT


戻る
戻る