テニス肘から体を守ろう 新しい振動止め VIBECUT

テニスの心・技・

 このページの目次

☆良い日常習慣でテニス力アップ

☆テニスの上達法

1:フットワークを上手くする

2:フォアハンドストロークは攻める


☆良い日常習慣でテニス力アップ

 1:規則正しい生活

 2:毎朝定期的にウォームアップ、準備運動

 3:動く前に水分補給

 4:直射日光に注意

 5:運動したらcool-down



日常生活のちょっとした習慣の改善で、基礎代謝をあげることができます!


☆テニスの上達法 次の6つの要素があります。この6つを極めれば

 スポーツの6要素です。 
これらを少しずつレベルアップさせて、
上達しましょう。
テニスの大kな要素として、最初にあげた、
オープンスキルがあります。
これは天候、コートサーフェイス、対戦相手
など状況によって対応しなくてはならない、
その分難しいんですね
 このラインは、ダブルスをプレーする時に、
それぞれがどのプレーヤーを見ているかです。
 どこに視線を送るかで、
対応の速さが違ってきます。
相手を見ていれば、打たれた、
ボールへの対応も速く、なります。
 ダブルスをプレーする方、
ぜひ、この視線のライン、覚えてください。

 いろいろあらーな。これこそ究極の上達方法です。10人10色と言います。
 それこそ,似ているようで100人いれば100色なのが人間です。

 では100人が100通りの方法でなければ上達しないのかと言うと,そうではありません。
 上達方法は基本的には3通り,しかし出発点が異なり,少しずつ進み方が変わっていくのです。
 正統派の進み方はきっちり決まっていますが,
 それに本人を気づかせるための時間が必要なのです。
 そんな中で,どうやったら本当に上達するかを考えてみました。

 考えなくてはいけないのは心・技・体のバランスと,本人の今までの人生観です。
 さらにスポーツですから練習時間が1週にどの位あるかは大きな問題です。
 はっきり言えば週1の人は上達するには時間が非常にかかるでしょうし,
 1週5日,1日3時間以上練習できる人はどんな方法でも,またどんな人にもなれるでしょう。

 他人の言葉を素直に受け入れ,しかも取捨選択できる人。これはベストです。

 体力、気力、心技体に合わせて練習法を考えよう

 自分の目標の選手を決めて練習しよう。体格、グリップ、プレースタイルを考えること

 理論武装をしよう。本に書いてあることは出来ないことも多い。選手の考え方。

 結局は自分で考えること。自分で悩んだ分大きくなる



これは、アメリカの身体能力の
高い選手、J.ブレイク。
今年、かなりブレークしそうな
予感がします。
バランス感覚のよさが身上
ですね。頭も良く、
ボールを打つ哲学者
とも言われています。
ご存知R.フェデラー。
彼が強くなった、
原因の一つが、
このバックハンド
トップスピンが
打てるように
なった事ですね
残念ながら引退の
J.エナン。どうですか?
R.フェデラーと酷似では
ありませんか?
片手打ちでトップスピンの
ハードヒットをすれば


 心・技・体ですから、この字を使っていますが、僕は身体のほうが好きです。
 テニスは足ニスと言われるくらいに、フットワークのスポーツです。
 おばさんは全く動かず軽くボールを捌きますから、それはそれで凄い技術ですが??

なずけて「キミたちR.ナダルに改造計画」
 1:フットワークを上手くする
 選手ってなんであんなに簡単に動いているのでしょうか。
 多分キミたちは打つフォームの方が気になって仕方ないと思うのですが,
 その前に,いくら正しい格好の良いフォームで打てても,
 正しい打点に正しいタイミングで来ていないことにはボールを
 スウィートスポットでとらえて打つことはできません。

 フットワークではどんな点に注意すれば良いのでしょうか。
 テニスだからといって、特別なフットワークがあるわけではありません。
 いたって合理的なものです。
 前後左右に自由自在に動く。これが難しいのですが、
 相手に逆を打たれた時に戻るフットワークまで意識すれば十分です。

 テニス以前のフットワークについて知識をもち,
 それを活用して,センスの良いテニスをマスターしましょう。

 今まで何年も歩き,走っていますので自分では出来ていると思う,錯覚している人がいのです。
 しかし正しいフットワークで動ける人は意外と少ないものです。習っていないから,
 また意識して練習していないからです。
 今アメリカではいろいろなスポーツのフットワーク練習が盛んです。
 しかもかなりその体系が確立されています。
 ラダー,チューブ,コーン,ステップなどを活用して能力アップを目指しています。
 フットワーク練習に関しては意識性が大切です。
 なぜ、辛いフットワークの練習をするのか、目的意識がないと、続きません。









 立ち姿勢が良いと走りも良い。簡単なジョギング姿勢の重要さ。軸が安定していることです。
 上体を揺らさない事。

 写真は、昨年のオーストラリアンオープンでの鈴木岩淵ペアです。
 並行陣のボレーの動きで相手をかく乱します。
 こうしてダブルスの時に前で動いてボールを取ろうとすると、自然とフットワークができてきます。
 一つ忘れない欲しい事があります。
 それはスプリットステップです。レディポジションで、相手が打ったら、スプリットステップで
 軽くジャンプしましょう。スプリットスの意味はご存知ですか?
 ボー^リングのスプリット、そう離れること、足を開くことです。

 なぜジャンプするかですって?
 次のボールの反射を良くする為です。
 最初は慣れないと、ジャンプしよう、ジャンプしようと、そればかり考えてしまいます。
 すると、肝心のタイミングが遅れてしまいますから。
 スプリットステップは自然にできるように心がけましょう。
 これができたら、コーチは、毎回ボールを打つたびに、このアドバイスをしないで済みます。
 他のアドバイスをする事ができます。めでたし、めでたし

2:フォアハンドストロークは攻める
  皆さんはどんなショットが得意ですか? まずフォアハンドストロークですよね。
 バックハンドは苦手で練習中という方が多いでしょう。
 トッププレーヤーでは、良くバックハンドが得意だから、と言われます。
 そこで僕はデーターを取ってみました。
 バックハンドストロークとフォアハンドストロークとどちらがエースが多いかですね。
 すると、明らかに、フォアハンドストロークのエースが多いんです。
 トッププレーヤーでそうなんですから、一般プレーヤーの皆さんは、
 苦手なバックハンドストロークは練習対象として、
 上達の楽しみとして取っておいて、フォアハンドストロークをまずは鍛えましょう。

 女子プレーヤーのフォアハンドストロークのインパクトを紹介しますね。
 どんなグリップでも、スウィングでも、
 インパクトではラケット面はほぼ垂直、この事実を覚えてください。
 テニススクールでも一般プレーヤーがワイパースウィングを手をこねると錯覚して、
 手をコネコネにしている方が多いものです。

 いいですか、インパクトの時の面は垂直、それを意識して打ちましょう




テニス肘から体を守ろう 新しい振動止め VIBECUT



戻る
戻る