テニス楽しいですよね。時間を忘れます。サラリーマンの方は、次の土日が楽しみになります。
 病みつきになるのがテニス。
 でもどうせプレースのであれば、効率よく練習して、格好良く、上手くなりましょう。
 上手になる基本は
 1:自分の真似したい人を早く決めて(体型、グリップ、プレースタイルが同じ人)
 2:よく見て真似をする  フォームよりも、動き、リズムを真似てください
 3:そして自分のプレーをビデオで繰り返し見て、自分で気づく事

テニスは展開のスポーツだ 動画
☆ クルム伊達の速攻に学べ 
☆ 試合前の練習 new
☆ 基本はレディポジションにあり 
★ 後衛陣のスペシャリスト ソアレス.パスカル組のうまさ
☆ フォアハンドストロークの雰囲気を 
☆ ラケッティングとテニスのレベル
☆ ラケッティングの勧め ☆
☆ ラケッティング1:ボール突き
☆ ラケッティング ボレー上達必殺技 ワンマンボレー
☆ サービスの∞スウィング 
☆ サービスの基本フォーム モデルT・ヘンマン 
☆ リターンに使えるバックハンド スライス 
☆ フォアハンドストローク トップスピン 
☆ バックハンド トップスピン 

☆ クルム伊達の速攻に学べ 全日本選手権から 38歳でなぜ優勝できたのか
瀬間友里加のサービスを叩いて前に チャンスボールは積極的に前に

☆ 試合前の練習 new  ブログでどうぞ
  テレビで中継を見るときに、どんな点に注意しますか? 
もちろんトッププレーヤーの最高プレーを見て、すごさを実感もよいのですが、
ぜひ、試合前の練習を、じっくり見てください。
 ラリーをお互いに続けながら、リズムをつかんでいくイメージがよく伝わってきます。
 とは言え、草テニス大会では、試合前の練習時間は、サービス2本だけとかが多いですが
 試合前の練習が、市民大会になると、3分あります。
 この時間の有効利用が大切です。
ゆっくりと
相手に
打ち易い
ボールを
返しましょう。

トッププレーヤーは
1秒のラリー。
皆さんは1−2秒で
いいですから
正確に。

自分の練習も
ありますが、相手の
観察を
特にバックハンド
に注目です

安定性、強さ、
回転、コース
スライスか
トップスピンか
相手のボールを
利用して
前に詰めましょう
タイミング
よく前に、
ラリーしながら
続けるのが
格好良いコツ

ストロークは
少し沈めて
ボレーヤーは
適度に深く

いずれにしても
ラリーが続くように
一般プレーヤーに
難しいのがこの練習
ロブを打ち易く、
これにはテクニック
が必要

ロブをさらりと
これもテクニックが
これは
トッププレーヤー
のサービス練習

一般プレーヤーは
サービス、レシーブ
で相手とラリーを
してください

@ トスをしてエンド、サービスを選びます。
 第3の選択として、相手に選ばせる、これもあります。

A エンドに分かれて、ストロークのラリー練習。ネットミスをしているとボールを拾う時間で
 練習時間がなくなってしまいます。
 お互いに打ちやすいボールを、

B 1−2分したら、相手のボールをカットして前に、「ボレーお願いします!」
 ここでボレー.ストロークのラリー。

C 5−6回続いたら、指を上に上げて、「ロブお願いします」
 ここからロブとスマッシュです。得意になって叩いて決めないでくださいよ。
 ラリーをしながらの練習を忘れないように

D サービス練習です。
 草テニス大会では、サービス、レシーブで相手にボールを返してあげてください。
 ネットミスすると,そこで練習時間がなくなります。


☆ 基本はレディポジションにあり ブログでどうぞ
 テニスの上手な人って構えている時に違うでしょう。

 @ラケットを握る手に力が入っていません。リラックスしています。

 A膝が少し曲がって、スプリットステップの準備いつでも完了。すぐに動けます。

@よく教則本、雑誌などに書いてあるレディポジション。正しいでしょうかねえ
A月さん、お勧めのレディポジション。右肘を中心に構えます。これなら正面のボールバックで
B明らかにバックハンドの得意な人。トップスピンで打ってきますよ
C超厚いグリップ、グリグリのトップスピンを打ってきます。前衛アタック要注意

左 怪しいレディポジション
左のレディポジション。教則本などに載っているもの
これって、左右のバランスが良いようですが、
正面のボールをフォアに回らないと打てません

右 正しいレディポジション
ですから正しいレディポジションは右のように
右肘、利き腕の肘を中心にラケットを斜めに
構えましょう
こうすれば、正面に来たボール楽にバックで
さばけ、カバーレンジも広がります

ちょうど、レッスンでレディポジションの話を。「目からウロコ」言われた。
 @の神主さんのレディポジションを勧めている人がいらしたので、Aが正しいですよと。納得してくれた

左は、神主さんスタイル。教則本などに紹介されている、
レディポジション。
 一見正しいようですが。どこが悪いでしょうか?
 右利きの人は右肩、右肘が中心です。ですから
ここから斜めに構えましょう。
 すると、正面に来たボールを、
見事にバックボレーでさばく事ができます。

格好良くなりますよ

少し前傾気味に立ちます。
そして相手をしっかり観察
こちらのフォアに来るか、
バックに来るのか楽しみに
待ってください
 いつもスプリットステップはします。
相手が打ったらスプリット
ステップは当然ですが、
自分が打ち終わったときも、
スプリット
ステップすれば結局、
早いタイミングになって、いいですよ。
M.シャラポワの有明でのレディポジション
リラックスしていますよね。
脚を小刻みに動かしてから、スプリットステップ
一見高い姿勢ですが、スプリットステップして
低く入ります


陣形特集 ダブルスの醍醐味、それは陣形をペアで
使いこなすことにあります  
★ 後衛陣のスペシャリスト ソアレス.パスカル組のうまさ

 陣形にはいろいろあります。大きく分けると、雁行陣と並行陣。
 さらに並行陣には、前衛陣、中衛陣、後衛陣とあります。
 前に詰める、前衛陣だかけが脚光を浴びますが、後衛陣の使い勝手で、ダブルスは上手くなれますよ


 テニスの基本はラケットでボールと遊ぶこと。テニスって手先、腕先が器用だと楽に出来ますよ
サッカーのリフティングのようにラケットとボールで遊ぶのです。1種目せいぜい3分で十分です。
 毎日続ける事で、画期的にテニスが上達します。雨の降った時の練習メニューに必要です。
詳しいやり方は、DVDを作成中ですが、アドバイスしますよ。部活の学生さん、相談に乗りますよ。
☆ フォアハンドストロークの雰囲気を NEW
 皆さん最初にストロークを練習しますよね。
 その時に、フォアとバックではグリップチェンジをする事を、覚えて置いてください。
 これが出来るか出来ないかで、皆さんのテニスの将来が大きく変わります。
 フォアとバックでは必ずグリップを持ち替えますよ。

 参考までにR.フェデラーのグリップを  紹介しましょう


☆ラケッティングとテニスのレベル
 ラケッティングをすると、それだけでテニスのレベルが分かります。サッカーだって、リフティングで実力が分かるでしょ
う。特にボレー、ドロップショットなどのソフトタッチのセンスの良さが一目瞭然です。

下の表は、今までの指導経験から、ラケッティングとテニスの腕前の相関関係についてグラフ化したものです。



 ラケッティング1:ボール突き
 ラケットの持ち方は、普通に、自然に持って、ラケットでボールを下に突いてみましょう。
 最初はなかなかタイミングが取れないかもしれません。できる方は、
 何だこんな簡単な事と思うでしょう。
 でもジュニアの子供たちで、余りボール遊びをしていなかった子は、なかなかできないものです。
 焦る事はありません。ゆっくり何度でもチャレンジしてください。

 ここで、手首が痛くなる方は、ラケットが重いか、手首が弱い方です。
 無理をせず、少しずつ慣れましょう。



 これができたら、次は、ボールを弾ませながら、歩いてみてください。ラケットのドリブルですね。
 これって、結構テニスの実力が分かるんですよ。
 弾むボールに合わせて、タイミング良くラケットが出て、しかも歩きながら調整します。

 僕のジュニアのレッスンでは、最初にウォームアップを兼ねて、
 このラケットドリブルをコート2週やります。これだけでもテニスのセンスがかなり良くなります

☆ラケッティング フォアの面で上に突き上げる
 下に突いて、ドリブルまでできたら、次は軽く上に打ってください。ラケット面は水平。
 ボールは垂直に上がるようにします。
 これって、ボールを打つときのラケットとボールの関係そのままです。
 最初は、まっすぐに上に上がらないかもしれません。ボールが左右に飛び散る方も。
 でもご安心ください。すぐに慣れて安定してきますから。




 フォアの面ができたら、次はバックの面に進んでください。
 バックの方がフォアの4倍くらい難しいです。簡単なようですが、
 実はこのラケッティングテニスの筋力と全く同じです。
 しかも短時間に何回も打ちますから、筋肉の疲労は大きいです。
 1種目せいぜい3分でOkです。それ以上やっても、疲れるだけです。

 ☆ラケッティング ボレー上達必殺技 ワンマンボレー
 ボレーに上達したい方の必殺技、それがこのワンマンボレーです。
 基本的にはラケット面を裏表にする、基本ラケッティングから、ボレールを山なりに左右に振ります。
 放物線を描くように。
 このときのグリップは、もちろん薄いコンチネンタルグリップです。
 ですから、フォアバックともグリップを替えずに、裏表の面でボールをさばきます。
 イラストをご覧ください。




☆サービスの∞スウィング
 サービスのイメージってなかなかつかみにくいですよね。
 それは、サービスの動きが少し複雑だからです。
 一番簡単な例では、野球の外野手の遠投がイメージとしては近いですね。
 良く投手のピッチングに例えられますが、これは正しくありません。
 なぜなら、投手は高いマウンドの上から、打者めがけて投げ下ろすでしょう。
 でもサービスは違いますよね。
 ネットを越えるためには、我々の身長では、上に振り抜く必要があるんです。
 こんな感じ

サービスの基本動作は、
投げること。
ピッチャーの感じ。
正確には外野手が
バックホームする感じが
一番近いかな?
M.ヒンギス選手のサービスの
イメージスウィング
背中で、ラケットが
大きく回っているのが
分かりますか?
R.フェデラーのサービスを後ろから
ラケットの体の後ろ、
背中を回っているのが良く分かる

これがサービスの時のラケットを持つと、
M.ヒンギス選手のイメージですね。

☆サービスの基本フォーム モデルT・ヘンマン NEW
 上手なプレーヤーになればなるほど、同じような動きになるのがサービスです。なぜでしょうか。
 それは、同じグリップで、肩を回す全身運動で打つからです。
 テニスを始めたばかりの方は、この薄いグリップ、コンチネンタルグリップになかなか慣れません。
 手のひらでおいで、おいでをするように打つイメージがああると、サービスは難しいですね。

 身体の横向きから、ラケットが一度ダウンして、
 急激に肩を回って持ち上がってくる感じでインパクトに向かいます。

 僕の大好きだった、 T・ヘンマン選手のサービスの見本です。
 サービス力アップの レッスンカード ポケットレッスン





☆リターンに使えるバックハンド スライス

 僕のプレースタイルはサーブ&ボレーです。
 ですから、基本的に薄いグリップで、ボレーが得意です。
 ストロークの時、トップスピンを打つ時はグリップを持ち替えて厚くします。
 でもまあ、いまどきの若者に比べたら、ペランペランの薄さですね。

 リターンも、相手の1stサ−ビスに対しては大体、スライスで待っていますね。
 泡良くばリターンダッシュしてやろうと、思っていますから。

 スライスですと、フォアもバックも同じグリップですから、気持ちの上でも安心です。
 相手がボールを打った時に、スプリットステップ、そして、上体を捻って、テイクバック。
 基本はコンパクトです。
 そして、ラケットを左手でセットして、逆の虹型に振り抜いて、スライスをかけます。



☆ フォアハンドストローク トップスピン
 トップスピンマスターレッスンカード
 フォアハンドストロークで攻撃できるとテニスに幅が出る。
 バックはスライスでつないでも、全く構わないが、フォアは思い切り良く振り抜くトップスピンが欲しい。

 そのコツはラケットのスウィングを下から上に。
 そしてサーキュラースウィングで円を描くように振り抜く事。

P.サンプラスは
サーブ&ボレーの選手だが、
切り替え市からのフ
ォアハンドストロークは、
誰もが恐れていたショットだった。


☆バックハンド トップスピン

 はっきり言って、バックハンドのトップスピンは、かなりの練習量が必要。
 最初はミニテニスでゆっくり、そして少しずつ下がって、自身を持って打ち抜くこと。
 ミニテニスでグリップチェンジ、そしてバックハンドが上手くなる バックハンド動画レッスン
 ボールが落ちて来るのに合わせて、同じ曲線を戻るようにラケットをスウィングさせよう。
 グリップチェンジを正確にすることが重要だ。



テニス肘から体を守ろう 新しい振動止め VIBECUT

戻る
戻る