このページの目次
☆:即効の心理学豆知識  new
1:あがりにバイバイ
2:テニスのメンタル・タフネス
3:平常心を身に付ける 
4:ガッツポーズの大事さ

ダブルスのメンタルタフネスと戦略
 ダブルスはシングルスと違う点は、二人でペアを組むこと。したそこに戦略が生まれます
心.技.体と戦略の組み合わせ、さらにテニスの目標を成功させるためのplan do seeを常に意識しましょう。
ダブルスに勝ちたいペアのためのテニスノート
心.技.体のバランス ダブルスでは戦略もplan←→ do←→ see

"人間は本来素晴らしい能力を持っている"
 これは誰もがご承知の事と思います。しかし、いざ 「自分」に置き換えてみると、
「???」が正直な気持ちではないでしょうか。
 スポーツにおいて自分の能力を伸ばす場合、心・技・体が絶対欠かせない要素になってきます。
 人間がスポーツを行うのですから、技術練習や体力トレーニングなどで体を使っている時でも、
当然心も働いています。

 人間は心をベースに行動を起こしているのです。ですから、
 その心がちゃんと正しい方向(ポイント)に向いていればうまくいくし、
 ズレているとうまくいかないという事になります。

 また心のエネルギー(やる気)にも同じ事がいえます。エネルギーが高まればうまくいきだし、
低くなればうまくいかなくなります。 (試合中によくありますね) 
 つまりメンタルトレーニングとは、心のエネルギーを高め、
 そのエネルギーを正しい方向に向けていく事なのです。

メンタルタフネスに役立つ、良い本
インナーゲーム T.ガルウェイの名著  心にある、本来の自分と見栄っ張りの自分の葛藤
インナーテニス T.ガルウェイの2作目 これも名著。
メンタルタフネス J.レア− 心が、技とか、身体と同じようにトレーニングで切る事を証明
Win ugly A.アガシを見事に復活させたブラット.ギルバートのコーチ学 醜く勝て!
 本人も世界ランキングの選手で、試合ぶりは良く知っていたが、戦略家。

ダブルスは二人のシングルスではない 戦略を使い分け

★ メンタルの使い方  心技体 でも心を支配するのは感情
 試合中に自滅する選手の例
  よくありますよね。試合に負ける原因は、自滅がほとんどなんですよね。
 このタイプの選手は、自分の犯したミスに捕らわれ、同じようなミスを繰り返してしまいます。
 俗にいう切り替えのできない状態です。
 失敗は先に持ち越さない事。忘れて、次に集中しよう。
 野球の名監督箕島高校の尾藤監督の言葉 
 ミスした選手に対して「お前のミスは計算済み。気にするな」
 そうなんです。ミスしたこと、過ぎ去った事は、悔やんでも仕方がないんです。
 この時の選手の心の中は独り言(マイナスのセルフトーク)だらけです。
 「なぜ?」「どうしたらいいの」「あんなミスをするなんて・・・」「監督におこられる!」など・・・。
 過去に起こってしまった事にいつまでも捕らわれている状態です。
 心の中はストレスでいっぱい。とてもエネルギーの高い状態ではありません。

 このへんを、インナーゲームのT.ガルウェイが書いているんですね。
 そうしているうちにもずるずると試合が進み、
 結局、自分の能力を出せないまま終わってしまうということになってしまいます。
 ようするに、人間は心をベースに行動を起こしていることの現れです。
 ではどう対処すればよいでしょうか。
 試合は常に進んでいます。ですから、過去に捕らわれるのではなく、
 未来をどう切り開くかを考える事が大切なのです。
 過去のミスは忘れ、未来のために今どうしていけばよいかを考える事が最も重要です。
 これはエネルギーを正しい方向に向けていくという事につながります。
 そして、今集中すべき点は何なのかよく整理し、その事に全力を注げばよいのです。
 その集中すべき点は3つも4つもいりません。ただ1つでよいのです。
 1つの事に全力を注いで下さい。そして、それを成功するまでやり続けて下さい。
 それができた時、選手はまた大きく成長していることは言うまでもありません。 


☆:即効の心理学豆知識
効果を上げる声のかけあい

 筋力,持久力,スピードを競う単純なスポーツでは掛け声は効果的。
 逆に困難,複雑で正確性を求められる
 スポーツではリラックスが必要。

自信をつける暗示療法
 直接暗示/
  催眠中に「おねしょは直った」とか「良くなった」と暗示をかける。
  普段から親は子供に「運動神経がニブイから」「運動音痴だから」と言わない。
  自信をつけさせる事が大事なのに逆をやってはいけない。

 間接暗示/
  これは良く効く薬だから,
  あのピッチャーはお前とタイミングが合うから大丈夫。
  友達に「あいつ、上手くなったね。特に打つタイミングが良くなった」など第三者を介して
  内容を具体的に話すと効果的。

リラクゼーションの大切さ
 試合前の緊張感は準備体操をしながらほぐす。体とともに心もほぐす。
 達成可能なレベルの目標に合わせて練習する。
 一人一人リラックスする方法は異なる。
 深呼吸や暗示。握手弛緩法の大切さ。
 自信を与える。

プレッシャーに強くなる
  あがりやすいタイプの人がいる事は事実。
 しかしあがりを克服している人も沢山入ることが重要なヒント
  a;神経質
  b;不安傾向
  c;内向的
  d;主観的
  e;几帳面,生真面目。

 まず試合も練習の一環ということをしっかり自覚させる。
 次にあがって当たり前。落ち着かせる。
 自然に任せる,ようにさせる。
 そして誰にでも欠点はある。と気持を落ち打つかせる事が大事
 欠点よりほめることを そこを攻めれば勝てると精神的なより所を持たせること。
 はっきりと指示すること。 ロールプレイイングの大切さ 相手の立場になって考えてみる。

試合をイメージした練習を。

 相手投手の投球パターンを見越したバントの練習 けん制球,
 キャッチャーからのけん制球, ダブルプレーの連携を練習 緊張する本番ではサインを見逃しやすい。
 テニスで言えば。「ダブルフォールトの後は確実に入れてくるから,
 叩こう」前にこちらが詰めれば難しければロブを上げようともにする」。

 相手のフォアにそう難しくないボールが行き,しかもこちらがフォア側を空けておけばそこに打ってくる,
 それをボレーで仕留めよう。これが駆け引きになる。

☆成功したスポーツマンの性格。byアルダーマン
 社会性=社交に自信があり,協調的。思いやりがあり,暖かく好人物。
 支配性=攻撃的で自己主張と男性的傾向が強い,自信家。  
 外向性=外向的,衝動的,非抑制的,よく笑い,よく目立つ。  
 自己概念=自尊,自愛,自負,自信,自己主張が強い。  
 慣習尊重=保守,体制的,良心的で責任感が強い。  
 精神力=身体的に強く,精神的にもタフ。強情,時に非情,冷酷,失敗にくじけず,叱責に強い。

 挨拶の大切さ 習い性。お辞儀をして入るうちに中身が整ってくる。
 それが自然に先に声がでてくればグッド。
 例え相手でもファインプレーが出たら拍手。

  これには僕も同感。しかしテニスなど勝ちたい,勝ちたい人がいかに多いことか。
 相手が良いプレーをしても自分たちがそれを読み切り,次に勝てばいいのだから。
 物を大切にする 努力と継続  今は下手でも努力をすれば必ず上手くなれる。
 コツコツと練習を続けること。
 結実の瞬間まで努力を惜しまなかったものだけが,飛躍の喜びを味わうことができる。
 そこに努力の難しさと素晴らしさがある。
 知育,体育,徳育 互いに刺激し合う結果生まれるもの、それが知育,体育,徳育。  
 良く考えてスポーツの練習を積み重ねることにより,人のことも思いやり,勉強もできる子を育てよう。
 頭の回転を良くする練習をして,判断力,理解力,記憶力などの能力を伸ばすことができる。
 そして結局大切なのは臨機応変の対応力を身につけること。
 いつもマニュアル通りで紋切り型のステレオタイプでは面白くない。

チームワーク  チームワークを大切にすることは個性を殺すことではない。役割に応じて責任を果たす。
 PL学園の中村監督「挨拶をする」「食べ物の好き嫌いはよくない。人にも好ききらいできる」
 技術的なチームワーク
 精神的なチームワーク

  自分自身にとってテニスのレッスンは現代の教育の隙間を埋めるささやかな試みです。
 子供とコーチと親とのコミュニケーションが大切。
 本人のやる気が決めて  「馬を川のほとりに連れて行くことはできても水を飲ませることはできない」
  子供には無限の可能性がある。でも無理をしないである年齢までは様子をみること。
 遺伝か環境か。  医者の家からは医者,学者の家からは学者は遺伝よりはむしろ家庭環境。
 子供のスポー ツ,勉強に関しては親は裏方で努力せよ。

指導に必要な4ポイント
 なんと言ってもやる気を起こさせること。そのためには。
 目標と練習内容を具体的に。  結果を知らせる
 競争と協同。競争は競争でも他人とではなく自分の過去と
 ほめる。1/5位はしかることがあっても良い。
 しかるときにはコーチと子供の技術的,人間的なな信頼関係,が必要。
 またしかられるほうの共鳴板がいる。 人間をほめるのではなく,その行為をほめること。
 比較しない。たまたまできたことよりも努力してできたことをほめよう。


1:あがりにバイバイ
 これは雑誌T/Tに連載された僕の原稿に新しく書き加えたものです。
 あがらない方法を易しく書いてあります。
 テーマは「心を鍛える・BESTのショットをいつも打てるようになる」 
 雑誌の読者アンケートから。メンタルの悩みをまとめてみました。
 すると、試合にどうしても勝てない方を中心に、、次のような項目が出てきました。
 1:いざ大会になると弱気になってしまう。
 2:練習で,出来た事の半分も出来ない。
 3:力んでしまう

 こんな現実を考えて、具体的にどうしたらよいかを一緒に考えましょう。
 とは言え一般レベルの人が,大会で「弱気にならない!!」と言ってもかなり難しい面があります。
 「言うは易く、行うは難し」の現実が、待っているからです。
 そこで月さんです。月さん流のメンタルタフネス、心の勉強です。次のような項目で心を強くしましょう。

《試合でビビらないように心を強くしておこう》

《状況別/ポジティブ・シンキング。心を強くする考え方》

《メンタル面は強化できる。こんな時はこう考えろ》  具体的に心の持ち方をお伝えします。

 キミたちのほとんどは、体力や、技は練習で鍛える事ができるが、心は無理ではないか? そう思っていませんか?
 

 実は心もテクニックと同じように鍛える事が出来るのに、それをやってない人がほとんどです。心のトレーニングをしま
しょう。今まで正式にやっていない分絶対に心が強くなります。そうすれば、テクニックもより安定してきます。

 心は、心技体が一緒になって始めて総合効果が出るものです。




2:テニスのメンタル・タフネス



 メンタル・タフネスと言えばJ・レア−博士でしょう。それとインナーテニスのT.ガルウェイ

でもご安心ください。この二人が参考にしたのが日本の文化なんです。なぜでしょうか?





 それは禅なんです。禅やヨガから彼らは精神集中力を学んだんですね。そこでここで問題です。

さてこれをなんて読みますか?






心は丸く
己は小さく人を立て
腹を立てずに気を長く
足は動かし続けましょう
月岡麻紀が書きました


3:☆ 平常心を身に付ける ☆
 「試合であがり」の第2回です。始まり始まり。平常心で試合ができたら、どんなに楽だろうと、思いますよね。

実は、R・フェデラーだって最初に試合はビビっていたのです。プレッシャー、緊張感は誰だって少しずつ慣れるものな
のです。

 キミたちは「テクニックの練習さえすれば、試合に強くなると」信じていませんか? 心の練習について、考えたことが

あるでしょうか。アメリカのスポーツ心理学者J・レア−は彼の名著「メンタルタフネス」の中でこう言います。「心もトレ

ーニングできる」。そうなんです。普段の自分のテニスの練習の中で、いえいえ、ほかのどんな生活の部分でも、心は
鍛えることが出来るのです。

 皆さんの中に多いのが、試合のためにと、一生懸命トレーニングをしたり、技を磨く人。練習が多くて、試合が少ない
人です。試合は、伸身経験を積むしか、慣れる方法はないのです。その現実を分かってください。

 試合は全く別のモノと考えた方がいいのです。つまり試合(仲間うちの和気あいあいではないもの)にたくさん出場して

,現実の緊張感を味わうことです。1試合に出ることは,5レッスン分の効果があります。ただし初戦の頭の中が真っ白
状態では,得るものは少ないでしょうが,それでも,それも越えなければならないハードルです。

 試合も,言い替えれば緊張感も,プレッシャー,ストレスも,経験によって慣れるのです。誰もが,最初の試合は、胸
はドキドキ,足はガタガタ、動悸、息切れ、緊張の嵐だったはずです。R・フェデラー、M.シャラポワだって初戦は,緊張
して足がガタガタ震えたハズです。安心してください。

 そうして試合に慣れていくのですが,それぞれ自分にとって大切な試合は,慣れているハズの緊張感が,再び襲って
くるのです。ただここでメンタルタフネスのことを学んだ人は,慣れる時間が短縮されるのです。

 例えば杉山 愛選手だって,何回もオーストラリアンオープンに出ているのに,センターコートでは極度の緊張だそう
す。相手がK.クリステルスではなおさらです。



4:ガッツポーズの大事さ

 テニスほどメンタルタフネスが重要なスポーツは他にありません。ゴルフ、アーチェリーなどが、同じ状態だと言われて
います。何故でしょうか?

 それは、動いている時間よりも実は次の準備をしている時間の方が長いのです。準備している時間が、大きな影響を
与える理由は、自分でいろいろ余計な事を意識してしまう事です。

 あれや、これや自分で勝手に考え込んで、その結果、体の動きを硬くしてしまうのです。そうなんです。身体は自然に
任せると結構自由にいろいろな事をやってくれるんです。

 テニスの試合を観察していると、自分の経験からも、そうですが、相手が落ち着いていると、こちらが焦ってくるんで
す。勝手に焦るんですね。

 と言う事は、こちらが落ち着いていれば、本当は焦らされているにもかかわらず、そう振舞えは。相手がこちらが落ち
着いていると思って、焦るんです。

 ダブルスの試合を思い出してください。相手にポイントを取られてガッツポーズを決められると嫌でしょう。

 ダブルスで、相手にハイタッチでもされると、焦る気持ちが湧いてきてしまいます。

  と言う事は、ガッツポーズをしっかり、派手にやってっましょう。

 よい例がL・ヒューイットですね。ガッツポーズ男です。日本人は、ガッツポーズなど取ると相手に悪い、なんて考えてし
まう、謙虚な民族ですが、ここは相撲協会ではありませんから、大いにガッツポーズを決めてください。




 一方サービスのジャイアンツ、W.アーサーズと言う選手がいます。多分サービスエースの確率からいったら、現在最
高でしょう。その選手が怪我でリタイアせざるを得なかったんですが、がっくりした様子が出ています。皆さんもミスをす
るとこんな姿勢になっていませんか?