スキーと障害

☆ スキーに多い怪我 NEW

☆ スキー、スノーボードのためのストレッティング NEW

☆ 月さん今年の大転倒 NEW

☆ 月さんの怪我の体験談


☆ スキーに多い怪我

 スキー、スノーボードで主に使う筋肉。他のスポーツとは違う筋肉を使いますので、その分ストレッティングが重要で
す。腰背部・腹部・大腿部・下退部ウォン重点的に

 スピード、バランスをコントロールするために下肢を多く使用するスポーツです。寒い中のスポーツですので、体を十
分動かし温めて柔軟性を持たせて下さい。とくに膝、股関節(鼠蹊部)の柔軟性は、転倒時のケガの防止になります。

また、下肢ばかりでなく、転倒時、手をつく場合が多くあります。肩や手首もしっかりストレッチしてください。今までのス
キーでの怪我は、脚部に集中していました。足首、膝の捻挫、骨折が大部分です。

 それが近年、上半身の怪我が増えました。特に気がかりなのが、頭部の損傷です。

 何故でしょうか? それはスノーボードです。若者に人気のスノーボード、ジャンプや、エアー、技にどんどんチャレン
ジします。転倒も大きなもものですから、怪我も大きくなりやすいのです。

 またこれはスノーボードがいけないのではなく、ウインタースポーツ全体の課題だと思いますが、同じゲレンデを滑る
他人を思いやる気持ちが必要ですね。

 自分でコントロールできる範囲でのスピードでお互いに滑ること。他人のコースを邪魔しないことが大切になります。



☆ スキー、スノーボードのためのストレッティング

 スキーの怪我を防ぐストレッティングをしっかりやってから滑りましょう。特に頭部、頚椎を入念に。股関節も動かして
おいてください。

 スノーボードに関しては、手を突くことが多いので、手首、手の指、親指、肩など脱臼が多いので、入念に

ボーダーは絶対にれを 肩の側面を これも頚椎を筋力で 肩の側面 肩の前面 肩の側面を
足首 ハムストリング 腰背部 腰背部 大腿四頭筋 ふくらはぎ



☆ 月さん今年の大転倒

 今年久しぶりに大転倒。吉田コーチを後ろから移動撮影していて、大沢のリフトの乗り場で大転倒。その瞬間のビデ
オがあります。天然記念物モノですよ。

 幸い、両スキーとも開放してくれましたが、膝をしたたか打って、2ヶ月たった今でも、痛いです。ただの打撲だと思う
のですが、丈夫な身体をくれた両親に感謝です。

 さて動画がアップされるか心配ですが。




☆ 月さんの怪我の体験談

 僕はスキーで何度も怪我をしました。脚、脛、足首、肩、手首、目(なんと、網膜剥離です)

最初が、苗場でパトロールをしている時に、両足捻挫。これが一番辛かったですね。

大学1年の時に、たまたま、パトロールの試験に受かってしまったんです。100人受けて二人。

慶応ボーイのイケ面君と、技術よりも性格で選ばれた僕。

いやあ、厳しく技術はしごかれましたね。1級を持っていましたが、神奈川県の1級は大した事ありません。

 本人は石打で取ったので鼻高々でしたが、そんな鼻は、すぐに打ち砕かれました。



 地元の無級の若者の滑りの方がはるかに上手いです。強いです。

 急斜面のウエーデルン練習で転倒して、両足ひどい捻挫。

 先生から、休めといわれましたが、両足にシップと包帯(当時はテーピングなんてありませんでしたから)で

 グルグル巻きにして、頑張りましたよ。



 途中で挫折するの嫌でしたから。あそこでしごかれたのでスキー上手くなった気がします。

 特に長い距離を滑る事。急斜面のウエーデルン。

 スラロームフットワークで磨かれましたね。



 怪我しないためには、十二分なストレッティングが必要です。

 ただ、スキーは滑るとリフトに乗って身体が冷えますよね。

 ですから、滑り出す前に、軽くていいですから、毎回ストレッティングを行ってください。

 シュテムターンなんて、動きを軽くするのに最高ですよ。




戻る
戻る