スキーの・体

   このページの目次

 スキーはメンタルスポーツ

 スキーは楽しい

 スキー検定の難しさ

 メンタルタフネスの状態を自分で知る

 スポーツ指導論 講師 朝岡正雄  月さんの指導の原点となっている筑波大先生



 スキーの技

 チップロール

 急斜面小回り

 エアーターン





スキーって楽しいです。易しい、緩斜面、良い条件を滑っている限りは。

                でも自然環境の中ですから、いろいろな条件悪い条件のほうが逆に多くなります。

                 急斜面、コブ斜面、悪雪、ししてそれらが重なることも多々あります。検定の受検なんてが

                 プレッシャーのかかる場面ですね。

                 これがまたスキーの面白さなんですね。緊張する分、楽しさも,

                 それを克服した時に増します。

                 急斜面、コブ斜面を滑りきれたとき、検定に受かった時の、爽快感を思い浮かべて、

                 +思考で望みましょう。

                 スキーが難しいのは、恐怖心がで始めた時です。恐怖心ばかりは、 本人が対決するしか
                 ありません。

 例えば初心者の方には、5度の、普通のスキーヤーなら止まるような斜面でも、ズリズリコントロールが出来なくて、気
分的には超急斜面なんです。そこでファーレン出足を開いて止まることが出来たら、もう気分的な急斜面ではなくなりま
す。

 そうなんです。気持ちが大切なんです。

 難しい斜面を滑る時には、リラックスが一番大事なんです。そして、少しずつ、その環境に身体を慣らす事です。





スキー検定の難しさ

 僕はラッキーな事に高校生の時に1級をとりました。その年に、2級が無いと、1級を受けれなくなると言われて、石打
で2級をとり、その1週間後に1級をとりました。今考えたら、スキーの腕前を考えても本当にラッキーな事でした。

 怖いもの無しで、チャレンジ精神だけでとったも同然です。自分は、その頃のゲレシュプが大好きで、ジャンプは全く
恐怖感が無かったのを覚えています。

 デモ、SIAの会員の検定の時は結構ビビりました。最初の種目ウエーデルンで、滑り始めてすぐに悪雪にストックをと
られて転倒したのです。でもその瞬間、信じられないくらいの素早さで前転してそのまま立ち上がって,滑り続けたので
す。その転び方の上手かったのなんのって。

 コブ斜面のかなり上部なので、検定員もしっかり見ていなかったようです。

 自分は転んだので、どうせダメと、ウエーデルンも開き直って滑りました。他の種目も、ウエーデルンで転倒したから
どうセダメ。来年頑張ろうと、気楽に滑りました。

 それが幸いして???  結果的に良い滑りで、合格です。

 リラックス,開き直りがぢ時だって事です。



メンタルタフネスの状態を自分で知る

 スキーで恐怖心って、厄介ですよね。怖いものは怖いんです。そこで、いくら頑張れと言われても、頑張れません。

大学のスキー部の時に、スラロームの試合の時に、先輩ガンバ! っと言われて、力が入り過ぎ転倒しそうになった事
があります。オリンピックの選手でもない限り、リラックスが一番ですね。



 さあ、みなさんのメンタルタフネスの状態はどこにありますか。

 一番いけないのが、俺はダメ,そんな,負け犬になる事です。

 逆にビビッっている状態は、最高の一歩手前、ビビル自分を見つめれば良いのですから。





猪苗代スキー場を滑る月さんです。リラックスしています。

見ている皆さんもリラックスでできますか?





スキーの心・技・体

 スキーは楽しいスポーツです。でも最初から簡単に滑れる人と、最初につまずく人といます。何故でしょうか?

 それは恐怖心があるからです。スキーが他のスポーツと違う点は、知らずに、スピードが結構出てしまい、

本人のコントロールが難しい点にあります。ですから、最初に止まれることが分かったら、その先は楽です。



 おっかながり屋の人には最初は難しいんですね。そこで大切なのが、優しいスキーコーチ。その方の怖くない程度の
斜面を選んでくれるコーチです。僕はお客様の怖くない斜面、しかも、少しはチャレンジしようかな、と思える斜面を自分
で感じ取ることが出来ます。



スポーツの基本

 スポーツで大切な事。それは3つあります。

1:心から楽しむ事

2:滑らかな全身運動

3:心・技・体のバランス感覚





 特にスキーは、斜面を滑るので、スピードも出ます。どうしても恐怖心がありますから、心の問題が大きくなります。

恐怖心が有ったら、絶対に上達しません。ですから,初級者の方には、その斜面を選んでくれる人が、名コーチなので
す。この時間帯に、競技の選手は必要ありません。



 上級者には優しい斜面でも、初級者には、超、超、急斜面に思えるものです。ですから、コーチは、お客様のレベル
の他に恐怖心が有るかどうかを、いつもチェックする必要があるのです。




スキーの技
月さんの得意技です。チップロール。停止した時に軽く爽やかにやります。軽くヒョイって感じ。
バックの会津磐梯山が気持ちよさそうでしょう







 これは、猪苗代スキー場の第2の斜面を滑る月さんです。12月の初雪のころです。雪が良くて、12月とは思えない雪
質でした。結構急斜面のなのですが、斜面の左右を大きく使って、少しずつ切り上がりながら滑ると、ターン後半のコン
トロールが利いて、すべりが楽になります。






高速ターンの中での得エアーターンです。結構ジャンプは好きです。空中にいる時の開放感がなんとも言えません。
思い切りの良さが重要です。それと着地のショックは、膝、足首を曲げて柔らかく吸収する事ですね。

スポーツ指導論 講師 朝岡正雄

 僕が、スキーコーチの研修会で、感銘を受けた、朝岡先生の講義です。僕なりに、抜粋して、自分の意見を加えてあ
ります。





課題1;学習目標とする運動がどのようなものであるかを客観的にいくら説明しても「できる」ようにならない生徒には,
その運動を実際にやるときの「感じ」というものを教えてやらなければならない。指導者が実際の運動指導の中で生徒
にこの「感じ」を教えようとする時に用いる方法を,スキー指導の具体例を用いて説明しなさい。



 スキーほど滑り手の「感じ」が大切なスポーツはない。しかしその「感じ」を生徒に教えずらいのもスキー指導の難しさ
の一つと言える。特にスキー用語の知識がない初心者には,言葉での説明はニュアンスを伝えるのに難儀する。コー
チが思っていることと,生徒が考えていることが一致するのは少ないくらいだ。

 スキーを含めてスポーツの指導では,生徒があることが出来かかった時に始めてコーチ言っていることが理解出来る
ようになるのだ。そのできかかった時にジャスピンのアドバイスを送れるのが良いコーチとも言える。

 こんな時は滑る感覚を直接,生徒に分かりやすく伝えられる技術を持っていると,生徒は理解しやすい。例えばプル
ークファーレンで,生徒が恐怖心を感じない程度の緩斜面でコーチは逆向きになり生徒の前を滑りながら生徒のストッ
クを持ってスピード・コントロールしてあげる。こうすると,生徒は自分でスピード・コントロールしなくてもすむので安心し
て足裏感覚を感じ取ることができる。ここでコーチはゆっくり滑りながら,「今はいい感じでボーゲンしているよ」「もう少し
テールを開いてコントロール]「右スキーを開いてご覧」「スキーが左に曲がったの分かった?」などと話ながらレッスン
をすると結構出来てくるものだ。

 またどうしても後傾姿勢になる生徒には,まず平地でテールジャンプをやってもらうといい。そしてやはり気持ちに余
裕のある緩斜面で浅い斜滑降で滑りだし,思い切りよくテールジャンプしてもらいエッジを切り替えてもらう。こうすると,
自然と上体が前にくるし,ジャンプしようと思うことから,次のターンの足場もしっかり作られ,結果的にターンがスムー
ズになることが多い。



課題2;目標とする運動を達成するための「感じ」を教えようとするときに,「たとえ」を使っても生徒にうまく伝わらない場
合があるのは何故か? スキー指導の実際の例を用いて説明しなさい。

 我々のスキー指導では,まさに生徒にコーチの言いたいことが,上手く伝わらないことの連続と言って良い。

 例えば生徒がパラレルターンをマスターしたいとしよう。その時に,コーチが,「フォールラインに体を傾ける様に思い
切りよくエッジを切り替えよう」と良く言う。これは両スキーをなんとなく揃えられてパラレルターンがなんであるかをなん
となく理解していれば感覚として伝わるが,シュテムの癖から抜けれない人に取っては猫に小判の様なものでチンプン
カンプンなハズだ。

 それはその「体の軸を傾ける]出来る人にはなんでもない例えが,出来ない人には自殺行為に思えてしまうからだ。
つまり習う本人にとってはとてつもない難しいことをやらされている感覚になってしまう。

 こんな時にはもう少しやさしい感覚に戻して練習を組み立てることが大切だ。生徒にとってやらなくてはならないのは
パラレルターンのための両スキー同時のエッジのを切り替え動作。だから,この動作をつかめる工夫をしよう。そえれ
にはジグザグターンが一番だ。まず広い緩斜面で浅い直滑降気味に滑りだそう。そして左右にほんの少しずつ連続ジ
ャンプして同時にエッジを切り替えよう。こうすれば,次のターンのための足場の確保も出来るし,結果的にジャンプ抜
重でエッジを切り替えることもできる。これが出来た時に,少しずつ体を内側に傾ける感覚を覚えてもらうのだ。

 スキーを始めスポーツでは初級者が考えながら出来ることは少ない。しかも,斜面への恐怖感があるようだと,全て
上手くいかない。気持ちに余裕のある緩斜面で,じっくり少しずつ指導することが望ましい。







課題3;指導者が「生徒から好かれるタイプ」でなければならない理由を「なぞりによる理解」という観点から説明しなさ
い。

 指導者はただ表面的に説明するのではなく,さまざまなレベルの生徒の「運動の感じ」を,追感を通して「体得」し,そ
れを言葉で表現できるようにする訓練をしなければならない。そのためには指導者は常にリフレッシュすることと,固定
概念にとらわれないこと,新しい情報を仕入れること,生徒の(特に出来ない生徒)の気持ちになって,指導を組み立て
ることが大事である。特にこの,「他者の視点から見る」,「他者になる」,ことだができるのが,人間の素晴らしいところ
である。 

 そして一度生徒が指導者を認めて尊敬してくれたらレッスンは伸び伸びはかどる。なぜなら生徒は指導者そのものを
「なぞろう」としてくれるからだ。指導者の説明,フォームをなんのためらいもなく受け入れようとしてくれる。

 「なぞり」とは身体全体を使って,能動的に遂行される典型事例の反復動作を指す。これによって,「他者の視点」=
指導者の全体像,をとることを学び,その時の「感じや気分」をそれとなく感じ取る事ができる。

「他者の視点」をとることと言うのは,その視点から「見る」ということ。さらに,その他者に「なる」ということを含む。つま
り指導者そっくりになろうと積極的になることである。   

 結局,学習や運動は,上手な人を「まねる」,ことから始まる。しかしただそれをコピーするだけでは本当にうまく慣れ
ない。「なぞり」の段階になることが重要だ。指導者への共感的態度がとても重要になってくる。

指導者に要求される能力には, 豊かな表現力(指導者=「役者」)。

 指導者と学習者の間の「思いやり」の関係があること。生徒に好かれる教師は,相思相愛の関係であり,先生を尊敬
するようになったら最高。

 指導に不可欠な方法として共感的態度がある。これは「同一感」,から発展した「追一感」と呼ばれるもので,全く同感
しつつ,さらに冷静に自分を観察している状態を指す。

指導者にも共感能力が必要





 全く同感   同感しつつ自分を冷静に判断

 ◎「定型的熟達者」と「適応的熟達者」

 「定型的熟達者」 確かに上手いが,常に同じことしかしない。自分を振り返ることがない。つまり自分がどうやってい
るかを考えることがない。こんな方には、新しい事、感覚を教えられない。

 自分の運動の仕方や,それをやっているときの感じを,あるいは,違った仕方との感じ の違いを「追一感」を通して
意識的に「対象としてとらえ」,その感じを「言語化」す ることがないので,新しい課題に対する柔軟性や適応性がなく,
課題に対して「定型化」 にならざるを得ない。

 最初に指導者と生徒が出会うときにまず,「なんとなくやさしそう」とか「きつくない」「失敗しても怒らない」などの先入
観は大事である。特に主婦や,初級者の場合,かなり自分にとって優しいレッスンを求めていることが多いので注意が
必要である。

 「適応的熟達者」

  自分の行っている遂行過程を,あるいはその遂行を支配している原理をさまざまな仕  方の比較を通して説明で
きること。

 いろいろなことをやってつぶれる→中島,ワトソン

  いろいろな生徒を教える経験が必要。

 冷静なんだけれど情熱もある。自分流+トータルな経験。「視野が広い」





 「他人になったような気がする」

 人間他人の血を見て,痛みを感じる。

 自己疎外,私はここにも,そこにもいれる。

 運動経験と体験は同じではない。(ただやったことがあるだけでは意味がない。体験して、自分なりに何かを感じ取る
ことが重要。

 他の運動の種になる

 梅干し→口の中の反応   上手く説明できないが,絶対にわかることがある。

 寝ながらイメージを浮かべられれば上手くなれる。毎日4hやっても無駄な人が多い。



☆「できる知」はどのような方法で教えることが出来るのか

 ◎運動類縁性

  外からみた構造的類縁性

  内から見た構造的類縁性





 ◎運動には,既にできるようになっているもの(体で覚えているもの)を積み重ねるこ  とによって,初めて理解でき
るようになる。

 =この「〜ようなもの」という理解が大切



運動の異なったとらえかた

 ボールを置きに行くスポーツ;ゴルフがそう。テニスもそう。野球のピッチャーでは置 きにいくのはダメ

 悪い意味の置きに行くではなくて,ある場所,立体的な場所に置きに行くことで良い。 落合がそう。



普通の滑りはいいから新雪の滑り方を教えて欲しい。



運動はステップバイステップ,少しずつ,時にはグーンとアップする。



運動の積み上げ

感覚の積み上げ







☆「感じ」を伝える言葉



◎「わざ言語」(=バーノン・ホワードのcraft language)

 自分でやっている感じになる。その人に合った例え話ができること

 教師の身体の中の感覚をありのままに表現することによって,学習者の身体の中にそれ と同じ感覚を生じさせる効
果があり,さらにそのような感覚を学習者がもてたとき,学習者が初めて「〜できる」ようになる



 ◎「感じ」を伝える方法とそれを理解する方法

 先生は  「例え」=説明の方略 隠喩,伝わらなければダメ

 生徒は 「なぞり」=理解の方略 学習者の主体的解釈







講義内容から

C級では見える人には見える,見えない人には全く見えない

B級ではわかる人にはわかる,分からない人には全く分からない。そこで

A級では,何をどうやって教えるかを考えよう

例えばプルークボーゲンの設計図を初級者に渡してもわからない。先生と生徒には愛の交換日記が必要。

「ちょっとこうやったら上手くなった」そんな方法を発見するのがコーチ



知る=説明的知識。身体を通して実現。『知』これは知識とは違う。

   外から見た運動がどうなればよいかに関する知識。

   頭では分かる←→体がわかる







できる=了解的な知識。どうすれば「できる」ようになるのか,に関する知識。

   体で分かる、頭で分かる。これは全く別問題。

   たくさん知っていれば出来るようになるか? 

   中には知っていると邪魔になる知識も多い。

   これを無理やりに教える指導者が多い。

 例えばトランポリンの指導では黙ってやれば良い。

 具体的に「できるという知」はどのように得られるか=感覚運動知能





 この感覚運動知能は学ぶ=真似るから

   模倣 copy 客観的対称 習字の練習

   なぞり copyと異なり手本を書いた人の全部をなぞる。筆の運びをなぞる





 動きを教えるには

  複雑な動き

  視覚情報への感覚移入

  「外から見た類似性」よりも「中から見た類似性」 これが重要。

  パラパラ送りの絵 絵をめくるのは自分

  サイバービジョンもメンタル・タフネスも同じ人に効果的だ。

逆に分からない人には全く分からない。意味がない。

 系統的学習 step by stepが必要







☆運動学習の特製 やってみればわかる事が多い。逆にやってみなければ絶対にわからない。

 「知識の獲得」と「技能の獲得」 

 「知識」をたくさん知っている方が,運動は上手くできるのか

 「必要でない知識」「役に立たない知識」「知らない方がよい知識」がある。

 連続写真はきれいで一見分かるような気がする。1/100からもっと詳しく1/10 00にしたら,分かるようで実際に
は,その差はもっと分からなくなる。分かる限度がある。

 実際にやっていることを抽象化してしまう。

 例えば平均台から降りる技の時に,もっと高くしろ,と言ってもそこだけ変えられるも のではない。そのもっと前の段
階から考えなくてはならない。

 「では,どう教えるか」がコーチ。だからだんだんコーチに似て来て当たり前

 昔の車は,故障したら自分で直さなければならない。今ではジャンボでも子供が操縦で きる。自分でなんとこするよ
うに仕向けるのがコーチ。なんでも完でも習おうとするから結局できない。



☆知の両義性

 M・ポランスキーの「暗黙知」言葉で説明できない何かがある。誰もが共有している。 スキーの切り上がり。必要条件
と十分条件。体の使い方を知る。

 土地勘のある人,ない人。全体の風景が展開する人がいい。

 村上陽一郎の「身体知」=科学的知識とは異なる知

 今現在の関心事が大切。できなければできるように考える。

 cfハサミ,使い方は考えず,切られる紙のことを考えている。

 獲得する方法。

  技術=科学的技術は19世紀の概念。思い込みがある,

  技術を生み出す人と使う人は別の人

  習熟や技能のレベルでは無関係







体で分かること

 「できる」という知(cf見て分かる=読めるが,やれない=書けない)

 ワープロで良く分かる

 日本人 手で覚える,体で覚える,ワープロの発達→欧米化

 =継続的運動パターンとして体に記憶されている(体で覚えている)

  ネクタイを結ぶ;メロディや歌の記憶

  途中からやれといわれてもできない。他人のネクタイを結ぶ難しさ。他人の靴紐を結ぶ難しさ

  シーズン初めのスキー;滑っているうちに何となく思い出す。

頭で分かること

 ここでこうして,こうやって,ああやって,こうして,,,

 この種の知とんいうものは運動に関する「視覚的表象」でも客観的・科学的知識でも何 でもない。



=説明しても出来ない人に,指導者が提供しなければいけない知これが「感覚運動知能」

 欧米人 目で覚える 欧米人はI love youと言わないと分からない。

 指導者,便利屋でいいのか? 知ってて損はない。

 従ってレベルが高くなると,かなり基本的な指導になる。





☆「なぞり」;身体全体を使って,能動的に遂行される典型な事例の反復

 これによって,「他者の視点」をとることを学び,その時の「感じや気分」を理解する。 「他者の視点」をとることと言う
のは

 その視点から「見る」ということ

  その他者に「なる」ということを含む   

 結局 学習←まねる  模倣

 なぞり これには共感的態度が必要。

 他者の視点から見る。他者になる。人間のいいところ 

 「他人になったような気がする」

 人間他人の血を見て,痛みを感じる。

 自己疎外,私はここにも,そこにもいれる。

 逆さ文字 トレーニングすると出来る。





 運動経験と体験は同じではない。(ただやったことがあるだけでは意味がない)

 他の運動の種になる

 梅干し→口の中の反応   上手く説明できないが,絶対にわかることがある。

 寝ながらイメージを浮かべられれば上手くなれる。毎日4hやっても無駄な人が多い。





☆「できる知」はどのような方法で教えることが出来るのか

 すでに「出来る」ようになっている運動の適応調節

 客観的情報への「感情潜入」

 運動にも分かる人と分からない人がいる 



 そこで運動の系統的学習が必要

 ◎運動類縁性

  外からみた構造的類縁性

  内から見た構造的類縁性

 ◎運動には,既にできるようになっているもの(体で覚えているもの)を積み重ねるこ  とによって,初めて理解でき
るようになる。

 =この「〜ようなもの」という理解が大切



運動の異なったとらえかた

 ボールを置きに行くスポーツ;ゴルフがそう。テニスもそう。野球のピッチャーでは置 きにいくのはダメ

 悪い意味の置きに行くではなくて,ある場所,立体的な場所に置きに行くことで良い。 落合がそう。



普通の滑りはいいから新雪の滑り方を教えて欲しい。



運動はステップバイステップ,少しずつ,時にはグーンとアップする。



下手くそな人をみたら「俺の商売だ」と思えるようになれ!

運動の積み上げ

感覚の積み上げ









☆「感じ」を伝える言葉



◎「わざ言語」(=バーノン・ホワードのcraft language)

 自分でやっている感じになる。その人に合った例え話ができること

 教師の身体の中の感覚をありのままに表現することによって,学習者の身体の中にそれ と同じ感覚を生じさせる効
果があり,さらにそのような感覚を学習者がもてたとき,学 習者が初めて「〜できる」ようになる



 ◎「感じ」を伝える方法とそれを理解する方法

 先生は  「例え」=説明の方略 隠喩,伝わらなければダメ

 生徒は 「なぞり」=理解の方略 学習者の主体的解釈



 梅干しを食べたことのない人に梅干しの例えをしてもダメ



☆指導者に要求される能力

 ◎豊かな表現力(指導者=「役者」)

 ◎指導者と学習者の間の「思いやり」の関係 生徒に好かれる教師 相思相愛の関係

  先生を尊敬する

 ◎指導に不可欠な方法として共感的態度

  「同一感」 「追一感」 指導者にも共感能力が必要

 全く同感   同感しつつ自分を冷静に判断

 ◎「定型的熟達者」と「適応的熟達者」

 「定型的熟達者」 確かに上手いが,常に同じことしかしない。自分を振り返ることが  ない。つまり自分がどうやって
いるかを考えることがない。→教えられない。

 自分の運動の仕方や,それをやっているときの感じを,あるいは,違った仕方との感じの差「を「追一感」を通して意
識的に「対象としてとらえ」,その感じを「言語化」す ることがないので,新しい課題に対する柔軟性や適応性がなく,課
題に対して「定型化」 にならざるを得ない。



 「適応的熟達者」

  自分の行っている遂行過程を,あるいはその遂行を支配している原理をさまざまな仕  方の比較を通して説明で
きること。

 いろいろなことをやってつぶれる→中島,ワトソン

  いろいろな生徒を教える経験が必要。

 冷静なんだけれど情熱もある。自分流+トータルな経験。「視野が広い」





§まとめ 指導者は,さまざまなレベルの学習者の運動の感じを,追感を通して「体得」し,それを言葉で表現できるよ
うにする訓練をしなければならない。そのためには指導者は常にリフレッシュすることと,固定概念にとらわれないこ
と,新しい情報を仕入れること,生徒の(特に出来ない生徒)の気持ちになって,指導を組み立てることが大事である。


戻る
戻る